《狂気の月の兎 鈴仙・優曇華院・イナバ》

効果モンスター
星4/水属性/獣戦士族/攻 1700/守 1800
水属性・魔法使い族モンスターを生け贄召喚する場合、このモンスター1体で2体分の生け贄とする事ができる。
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合に発動する事ができる。
相手は手札をデッキに加えてシャッフルした後、元の手札の数だけデッキからカードをドローする。

  • 水属性魔法使い族最上級モンスターの生贄補助の効果と、戦闘ダメージを与えた際に《攪乱作戦》の効果を発動する効果を持つモンスター。

しかし一つ目の効果については、水属性魔法使い族最上級はOCGには《アイス・ブリザード・マスター》と《氷の女王》しかおらず、
《ヒゲアンコウ》と同様、特殊召喚の生贄二体分にはできないため、実質的に《月の頭脳 八意永琳》《月の姫 蓬莱山輝夜》の通常召喚のための効果である。

二つ目の効果は《攪乱作戦》内蔵。
とはいえ《攪乱作戦》自体の活躍する状況が限定的。
適当に使っていると相手に逆利用され手札交換を許してしまうこともある。

しかし、デッキ破壊ウイルスの追い討ちや《便乗》によるドローや《グリード》による大ダメージなど型にはまりさえすれば、
何度でも、かつ召喚してすぐ発動できる(かもしれない)という点で《攪乱作戦》以上に有効。

「兎」と名がついているため、《永遠亭のウサギ》からリクルートしてセットする事が可能。
《永遠亭のウサギ》を戦闘破壊させ、返しのターンで《月の頭脳 八意永琳》《月の姫 蓬莱山輝夜》を召喚できれば理想だろう。

効果発動時メッセージは 「波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」 !《相手》の手札とデッキを攪乱した!」
攻撃名は 「懶符「生神停止(アイドリングウェーブ)」!」

  • エラッタによって、2番目の効果が強制発動から任意発動に変わった。相手が明らかに事故を起こしている時などは敢えて効果を発動しないのも戦術の一つであろう。

  • 原作において―~
東方永夜抄で登場した5面ボスで、月から逃げてきた月の兎。
狂気を操る変則的な弾幕でプレイヤーを混乱させた。

東方花映塚では自機になり、東方緋想天にも出演している。

関連カード