説明


《機皇帝ワイゼル∞》を召喚しビートダウンするデッキ。メタデッキの一種とも取れるが、メタの対象となるデッキ以外を相手にしてもそれなりに戦える。


概要



《ワイズ・コア》
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻0/守0 
このカードがカード効果によって破壊され墓地へ送られた時、自分フィールドに存在するモンスターを全て破壊し、
自分の手札・デッキから「機皇帝ワイゼル∞」1体を特殊召喚する。


《機皇帝ワイゼル∞》
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻2500/守2000 
このカードは通常召喚できない。「ワイズ・コア」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
相手フィールドに表側表示で存在するシンクロモンスター1体を指定してこのカードに装備する事ができる
(この効果は1ターンに1度しか使用できず、同時に装備できるモンスターは1体のみ)。
このカードの攻撃力は、装備したモンスターの攻撃力の数値分アップする。

構築

 まず《機皇帝ワイゼル∞》を召喚する為に《ワイズ・コア》をサーチするカードとそれを破壊するカードが必要となる。
 《ワイズ・コア》はレベル1で尚且つ闇属性の攻守0のモンスターである為、サーチは《ワン・フォー・ワン》や《キラー・トマト》などで行える上、
《おろかな埋葬》や《終末の騎士》で墓地に落として《ダーク・バースト》や《悪夢再び》でサルベージしたり《リミット・リバース》や《エンジェル・リフト》で蘇生する事も出来る。
 次に《ワイズ・コア》を破壊する手段であるが、《激流葬》や《つり天井》が中々汎用性が高く便利。
《ジャンク・シンクロン》採用などの工夫を行えば《つり天井》の発動条件も若干緩和できる。
 最も手っ取り早いのは《リミット・リバース》で蘇生して自壊させる事である。
これならば他のカードの力を借りる事なく、《ユベル》のように手軽に効果を発動させる事が出来る。
 また、必須カードはそれ程多くは無い為幅広いデッキ構築が可能となる。

プレイング


 まず、《機皇帝ワイゼル∞》を主力としてどんどん攻めて行くか相手がシンクロモンスターを召喚した時の切り札として扱うかで立ち回りは変わって来る。

 前者であれば《リミット・リバース》などで《機皇帝ワイゼル∞》を速攻で召喚しその攻撃力で力押ししたり、
《レベル制限B地区》などで攻撃を封じつつ《光学迷彩アーマー》で直接攻撃したりする戦術が考えられる。
このタイプの場合は《機皇帝ワイゼル∞》を特殊召喚する事に全力を注ぎ、積極的に展開して行くべきである。

 後者であれば相手にこちらが《機皇帝ワイゼル∞》を有している事を気付かせないよう、他のカードで立ち回る必要がある。
その場合、《機皇帝ワイゼル∞》と同じ闇属性や機械族のモンスターで固めたり、
《ライオウ》や《死霊騎士デスカリバー・ナイト》などの汎用性が高くデッキが割れにくいカードを用いるのもいいかもしれない。
 尚、《ワイズ・コア》《機皇帝ワイゼル∞》を特殊召喚する際自分フィールド上のモンスターを全て破壊してしまう為、
あまり考え無しにモンスターを展開するのは避けたい。
 また、シンクロモンスターを吸収していない《機皇帝ワイゼル∞》の攻撃力は2500と平均の上級モンスターとそう変わらない。
現環境ではそれ以上の攻撃力を持つモンスターがあっさり出て来る事も珍しく無い為注意が必要である。

その他のサポートカード


 上記で紹介したカード以外で相性が良いと思われるカードを紹介して置く。

 《亜空間物質転送装置》
 ◦《機皇帝ワイゼル∞》は何の耐性も持っていない為、敵の除去カードから護る必要がある。
このカードであれば相手が新たなシンクロモンスターを召喚して来た時装備カードを外しつつ《機皇帝ワイゼル∞》を護る事も出来る。
また、自身が発動した《ワイズ・コア》の破壊効果から自身のモンスターを守る際にも役に立つ。

 《ゴブリンのやりくり上手》&《非常食》
 ◦《機皇帝ワイゼル∞》はデッキから特殊召喚出来る為、手札にいても邪魔なだけである。
そこでこの《やりくりターボ》のギミックを加える事で手札に来てしまった《機皇帝ワイゼル∞》をデッキに戻しつつデッキを回転させる事が出来る。
また、《非常食》で《ワイズ・コア》に装備した《エンジェル・リフト》や《リミット・リバース》を墓地に送る事でライフを回復しつつ《機皇帝ワイゼル∞》を召喚する事が出来る為フルで投入しても問題無い。

 《転生の預言》
 ◦《機皇帝ワイゼル∞》は《リミット・リバース》などを使えば簡単に特殊召喚出来るが、墓地からの特殊召喚は出来ない為、
全ての《機皇帝ワイゼル∞》が墓地に落ちてしまうとデッキのギミックが無駄になってしまう。
その保険として《転生の預言》で墓地に落ちた《機皇帝ワイゼル∞》を回収すれば再びデッキのギミックが復活するのである。
《転生の預言》は汎用性が高いカードなので腐る事が少ないのもポイント。

 《貪欲な壷》
 ◦基本的に上記の《転生の預言》と同じ理由であるが、こちらは必ず5体のモンスターをデッキに戻さなければならない為何らかの墓地肥やしのギミックが必要となって来る。
デッキを選ぶものの、発動出来れば強い事に変わりは無い。


このデッキの弱点


 まず、相手がシンクロモンスターを使わなければ《機皇帝ワイゼル∞》は単なる攻撃力の高いだけのバニラモンスター同然だという事を忘れてはならない。
攻撃力2500の耐性無しのモンスターは、現環境では簡単に除去されてしまう危険があるのである。
 また、《王宮の弾圧》などで特殊召喚を封じられるとどうしようも無くなる。
また、《ワイズ・コア》は墓地で効果を発動する為《マクロコスモス》や《次元の裂け目》も天敵である。

派生デッキ


【スキドレ機皇帝】

 上記の通り、《機皇帝ワイゼル∞》は相手がシンクロモンスターを使用しなければ単なる攻撃力2500のモンスターに過ぎない。
そこでシンクロモンスター吸収を捨て、その召喚の容易さと高攻撃力に任せて力押しを求めたのがこのタイプ。
《スキルドレイン》によって効果モンスターを封殺し、こちらは《機皇帝ワイゼル∞》を速攻召喚しビートダウンするのである。
 ただし、このシンクロモンスター吸収の効果を捨てる事になる為より攻撃力の高いシンクロモンスターが出て来た時の対処が難しくなる事を覚えておきたい。

【機皇帝スキエル∞】

デッキページ名がこんなんなのでここに。
基本的に《機皇帝ワイゼル∞》と効果は変わらず属性が風になり、攻撃力が300ダウンした《機皇帝スキエル∞》を主力に据えたデッキ。
闇属性サポートが使えなくなる代わりに風属性サポートが使用できる。
詳しくは《機皇帝スキエル∞》のページでも見ればいいと思う。

【機皇帝グランエル∞】

デッキページ名が(ry
ほかの2体と違い攻撃力が安定していないがより高い攻撃力を出せる可能性がある。
《ドレインシールド》などのライフ回復ギミックを用いて闘っていこう。

代表的なカード






関連リンク