《歴史喰い 上白沢慧音(EX)》

効果モンスター
星6/属性/獣戦士族/攻2400 /守1900 
このカードの攻撃力は、フィールドに表側表示で存在する元々の攻撃力が
1000以下のモンスター1体につき200ポイントアップする。
このカードが戦闘で相手モンスターを破壊して墓地へ送った時、手札を1枚捨てる事で
破壊したモンスターを持ち主のデッキに戻す。
「歴史喰い 上白沢慧音」の効果で特殊召喚されたこのカードが戦闘で破壊された時、
デッキから攻撃力1000以下のモンスター1体を手札に加える。 

《歴史喰い 上白沢慧音》の上位種。攻撃力1000以下のモンスターの補助と墓地肥やしを阻害する能力を持つ。

《歴史喰い 上白沢慧音》の上位種として紹介したが実際の所その性質はかなり異なる。
まず攻撃力1500未満が対象だった《歴史喰い 上白沢慧音》より範囲が狭くなっている。
また、攻撃力1000以下のモンスターとのシナジーこそあるがそれを守る能力は持たず、攻撃的な側面が強くなっている。

攻撃力1000以下のモンスターの数だけ攻撃力を上昇させる効果は《歴史喰い 上白沢慧音》が持っていた防御能力が失われているため工夫が必要。
上げ幅が微弱でわざわざ専用のカードを使ってまで守る価値が無いので、拘らないのであれば《マシュマロン》や《アルカナフォース0-THE FOOL》などの戦闘破壊耐性を持つモンスターを使うのがベストだと言えよう。

戦闘破壊したモンスターをデッキに戻す効果は《妖怪 馬頭鬼》や《ボルト・ヘッジホッグ》など標的になる相手はそれなりに多いものの、破壊して墓地に送られてしまうためリクルーターに対処できないという大きな欠点を抱えている。
手札コストも必要で考え無しには使えないので相手を選んで発動しなくてはならない。前述したようにリクルーター以外にも墓地で力を発揮するカードは多いのでそれらを潰せれば相手の戦術を狂わせられるだろう。
余談だが《三種の神器》による戦闘補助やこのカードど同時採用されやすい《月の書》の存在もあってカウンターの数にもよるが《蓬莱の人の形 藤原妹紅》相手になぜか絶大な効果を発揮する。両者を併用する際にはコントロール奪取に気を付けよう。

破壊された際のサーチ効果はクリッターより範囲が狭いもののそれでも属性・種族を問わないサーチは優秀。
コンボパーツを除外した場合は、切り替えしを狙えるチューナーか戦線維持のための破壊耐性を持つモンスターが狙い目か。特に《氷弾使いレイス》はこれらの特性を併せ持つため是非採用しておきたい一枚である。

多数の効果を持つが、総じて器用貧乏な感が否めないため優秀な補助カードである《三種の神器》を軸に立ち回るのが基本となる。このカードは《歴史喰い 上白沢慧音》よりも戦闘向きのステータスを持つため《三種の神器》の効果をより活かしやすく相性は良い。
状況に応じて2900の攻撃力と対象魔法への耐性を入れ替えて付加できるため非常に柔軟な戦術を執ることができる。
ただの上級モンスターながら相手にかける威圧感は並ではない。更に《歴史喰い 上白沢慧音》からの特殊召喚ならその後のサーチまで加わるのだから厄介極まりない。高いステータスと独特の戦術で相手を翻弄する玄人好みのカードである。

  • 《歴史喰い 上白沢慧音》の効果から勘違いされがちだが、このカードはただの上級モンスターであり召喚条件も蘇生制限も存在しない

攻撃名は 「転世「一条戻り橋」!」
デッキに戻す効果名は  新史「新幻想史-ネクストヒストリー-」!

  • 原作及び二次創作での扱い―
東方永夜抄EX中ボス。歴史を創る程度の能力を持つ。
ワーハクタクである慧音が満月の夜に現すもう一つの姿。作中では妹紅の護衛のためにプレイヤーの前に立ち塞がる。
歴史を創る程度の能力とは既に起こった出来事を一つの視点から見たものとしてまとめ、そうしてまとめたものを共通認識として人々に登録する力。要するに都合の悪い側面を覆い隠して自分の望む出来事だけを歴史として後の世に遺すことが出来る能力である。

元々青系のデザインなのに緑に変色したことで微妙な違和感のある服や、長さ不釣合いの2本の雄々しい角、そしてそこに付いたさながら戦場に咲いた一輪の花のようなプリティーさを演出するリボン等あまりに前衛的すぎる立ち絵に悩殺される男女多数で付いたあだ名がきもけーね。
要するにネタキャラ扱いなのだが 真面目で堅物な慧音と活発で積極的なきもけーねのように対比させることで有効活用されている。大体この形態だと精神的に攻めに回ることが多い。あと実際キモいわけではない。


関連カード