※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《神霊の依り憑く月の姫 綿月依姫》

効果モンスター
星9/水属性/戦士族/攻3200 /守3000 
このカードは通常召喚できない。「綿月のスペルカード」の効果によって特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。
1ターンに1度、デッキからレベル10以上のモンスターカード1枚を選択し墓地へ送る事ができる。
エンドフェイズまでこのカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送ったモンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。

《綿月のスペルカード》によって現れるカードの1体。デッキのレベル10以上のモンスターを攻撃力に換える起動効果と戦闘破壊したモンスターを無力化する効果を持つ。

召喚条件はこのカードと同時に実装された《月の兎 レイセン》の存在もあって、生贄確保さえ出来ればそこまで厳しくはない。
そのためいかにアドバンテージのロスを抑えるかが今後の課題である。

効果無効化能力はこのカード自体の戦闘能力の高さも手伝って絶大な制圧力を発揮する。この攻守でリバース効果やリクルートまで封じられては相手の反撃の手段はかなり限られる。
対モンスターでは穴が存在しないため後は伏せにさえ気を付ければ勝つべくして勝てることだろう。

攻撃力上昇効果だがこちらも強力。
レベル10以上のモンスターが必要で多少事故率が上がるが、それを補ってあまりある程の突破力を発揮しほぼ全てのモンスターを倒せる程の攻撃力が手に入る。
対象となるモンスターで最高の攻撃力を持つのは《Sin トゥルース・ドラゴン》の5000(上昇値2500)、併用が可能な相手は《地縛神 Ccapac Apu》《土着神の頂点 洩矢諏訪子》あたりか。
《マシンナーズ・フォース》を使えば攻撃力5000の大台さえも超えるが、実戦でそこまでの値が必要になることは殆どないだろう。このカードで相手の動きを封じていればなおさらである。

全体的に《海と山を繋ぐ月の姫 綿月豊姫》と比べて攻撃的な能力を持つ。ステータスもわずかに攻撃力が高い。
だが無効化能力により先の先を取れるため決して防御が甘いわけではない。総合的には両者とも全ての能力が高くまとまった万能タイプだと言える。
高い制圧力と突破力を両立した攻防共に切り札と呼ぶに相応しいカードである。


  • 原作及び二次創作での扱い-
東方儚月抄の登場人物。神降ろしの力を持つ。
豊姫の妹で永琳とは又甥夫の息子の嫁の関係にあたる。
性格は生真面目で天真爛漫な豊姫には苦労しながらも慕っている。

その後は月に現れた霊夢達を追い返すためスペルカード戦に応じ、圧倒的な強さで半年間に渡って主要キャを悉く打ちのめした。所謂「依姫無双」である。

大体この手の強キャラには固定のファンが付くものなのだが、 人気投票上位5名中4名を蹂躙したというのはさすがにやりすぎだったようで 儚月抄そのもののグダグダ展開も手伝いファン以上に大量のアンチを生み出す結果になった。

後にうどんげっしょーで再登場した際には黒い部分が抜け落ちて普通のツンデレキャラになったり無駄な戦闘を1コマで済ませるなどなんとか悪いイメージを払拭しようとされていたがペットが全て持っていった。

そんな経緯もあってヒール的な扱いを受けることの多い彼女だが、依姫無双時には彼女は負ける事の出来ない立場でありしょうがない部分もあった(それが本編のgdgdさに拍車をかけていた一因なのだが)。
また彼女自身の人柄もヒールとは程遠いものであるから、ネタとして節度を守って使用することが望まれる。


攻撃力上昇効果発動時メッセージ「依姫は《モンスター》をその身に降ろした!」
効果モンスターを破壊したときのメッセージは《モンスター》は依姫に力を封じられた!



関連カード