《黒の妖精 リリーブラック》

効果モンスター
星2/闇属性/天使族/攻1000 /守700 
このカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールドに表側表示で存在するモンスター1体に厄カウンターを2つ乗せる事ができる。

召喚時に厄カウンター2つを乗せるモンスター。属性以外のステータスは《春の妖精 リリーホワイト》と同一である。

あらゆる召喚に対応しているので発動の機会は多い。大量のカウンターを狙いたい場合は《妖怪 貧乏神》を即効性が求められる場合はこちらを、といった具合に使い分けよう。
またこの手のモンスターにしては珍しく反転召喚にも対応しているため、モンスターをセット状態にするカードで使い回すのも有効。特に《マシカルシルクハット》とのコンボは強力で
1)《マジカルシルクハット》発動
2)二枚の《ブロークンアミュレット》をセット
3)二枚の《ブロークンアミュレット》が戦闘か制約によって破壊される
4)このカードが狙われていなければ効果再発動
といった具合にカード2枚で8個(コンボ前の通常召喚分も含めれば10個)もの厄カウンターを溜め込むことが出来る。
乗せる対象の確保など多少の下準備が必要だが、爆発力は申し分ないので、このカードを活躍させたいなら狙っていきたい戦術である。

そのほかレベルの低さを活かして《エンジェル・リフト》や《リミット・リバース》で使い回すのも有効である。
性能は低めに設定されているが、個性を伸ばしていけば十分使用に耐えうるだけの能力に成長するファンカードの鏡である。

発動時メッセージ「黒の妖精 リリーブラックが厄を運ぶ!」

  • 原作及び二次創作での扱い―
リリーホワイトの二次改変キャラ。
元々は東方花映塚の四季映姫ステージにのみ登場する色違いのリリーホワイトだったが、これを一つのキャラとして見る風潮が生まれその服の色からリリーブラックと呼ばれるようになった。
元々リリー自体燃料が不足していたためこの派生キャラ設定は概ね好意的に受け入れられその後も独自のキャラクター像が創られていった。
リリーホワイトが持っていた活発系キャラというイメージとの対比でこちらはクール系になることが多い。



関連カード