説明


《魔空要塞 ジグラート》を特殊召喚し、その強力な耐性と高い攻撃力で場を制圧するデッキ。《魔空要塞 ジグラート》の召喚方法やトイロボットトークンの扱い方によって、様々なデッキの構築方法が存在する。



概要



《魔空合身》
通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスターを3体リリースして発動する。
自分の手札・デッキから、「魔空要塞 ジグラート」1体を特殊召喚する。


《魔空要塞 ジグラート》
効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 2500/守 2000
このカードは通常召喚できない。「魔空合身」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードは魔法・罠の効果を受けない。
自分のエンドフェイズ毎に、自分フィールド上に「トイロボットトークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)1体を攻撃表示で
特殊召喚する。
「トイロボットトークン」が自分フィールドに存在する限り、相手は「魔空要塞 ジグラート」を攻撃対象に選択できない。 



構築


《魔空合身》発動の為の生け贄はトークンでも構わないので《スケープ・ゴート》や《終焉の焔》などを利用すれば割と簡単に揃えられる。《魔空要塞 ジグラート》は場に出しさえすればその強力な耐性でかなりの場持ちが期待出来る為《魔空合身》の発動の妨害に気を付けた方が良いだろう。
《魔空要塞 ジグラート》はその耐性により一切の魔法・罠カードが通用しないが、モンスター効果は受けてしまう。そこをカバーする為に《天罰》や《禁じられた聖杯》などを投入するべきだろう。
また、《魔空要塞 ジグラート》を運用する上で忘れてはいけないのはトイロボットトークンの扱い方である。トイロボットトークンは攻守共に0の上に攻撃表示で強制的に場に出てしまう為、狙われれば直接攻撃同然のダメージを受けてしまう。《スピリットバリア》や《悪夢の迷宮》などでの補助は必須である。上手く使えば、相手の《N・グラン・モール》や《ボマー・ドラゴン》などから《魔空要塞 ジグラート》を守る役に立つ筈である。



プレイング


いち早く《魔空要塞 ジグラート》を召喚し、その強力な耐性で暴れ回ろう。勿論、トイロボットトークンのフォローを忘れてはならない。トイロボットトークンをどう扱うかによってプレイングもまた変わって来るだろう。
また、相手がモンスター効果で除去を狙って来た場合何が何でもそれを阻止しなければならない。全力を以て敵のモンスターによる除去を阻止するのだ。

サポートカード


此処では上記で挙げたもの以外で相性の良いカードを紹介して置く。

◦《昇天の角笛》or《カオス・バースト》
毎ターン《魔空要塞 ジグラート》の効果でトイロボットトークンが出現する為、ほぼノーコストでこれらのカードを使用出来る。特に《昇天の角笛》は唯一の弱点であるモンスター効果対策となる為、かなり重宝する。

◦《レベル制限B地区》or《グラビティ・バインドー超重力の網ー》or《平和の使者》
《魔空要塞 ジグラート》は一切の魔法・罠の効果を受け付けない為、これらで相手の攻撃を防ぎつつ一方的に攻撃出来る。トイロボットトークンを守る事も出来る為重宝するが、そうなると今度はフィールドをトイロボットトークンが圧迫してしまう為トイロボットトークンを処理する手段を考えて置かなければならない。

◦《底なし流砂》
自分の手札が4枚以上でなければ自壊してしまうものの、《魔空要塞 ジグラート》よりも攻撃力が高いモンスターが出現した場合トイロボットトークンで攻撃を防ぎつつエンドフェイズに自動的にそのモンスターを除去する事が出来る。《魔空要塞 ジグラート》は一切の魔法・罠カードを受け付けない為、《底なし流砂》の効果で除去されてしまう心配は無いのだ。

◦《D-HERO Bloo-D》
《魔空合身》発動の為に大量の生け贄を用意するギミックが組み込まれている為、共存が可能。《魔空要塞 ジグラート》の弱点である相手のモンスター効果を封殺出来る為相性は良いが、このカード自体には何の耐性も無い事を忘れてはならない。

このデッキの弱点


《魔空合身》が発動出来なければお話にならない為、《ホルスの黒炎竜LV8》や魔法カードの発動を無効にする各種カウンター罠が天敵と言える。また、《D-HERO Bloo-D》を出されると耐性が無くなる上にあっさりと吸収されてしまう為何が何でも召喚を阻止しなくてはならない。また、高攻撃力モンスターをどんどん展開して来るドラゴン族とも相性が悪い。

派生デッキ


【つまずきジグラート】

トイロボットトークンのサポートとして《つまずき》を採用したタイプ。相手の攻撃を封殺し《ドリーム・ピエロ》による除去を行う事が出来る為、ギミックが完成すればかなりの制圧力を発揮する。相手の攻撃の手を遅らせる事が出来る為、《スカラベの大群》や《イナゴの軍勢》などのサイクルリバースモンスターとの相性も良い。


【スキドレジグラート】

《魔空要塞 ジグラート》の唯一の弱点であるモンスター効果を《スキルドレイン》で封殺し、ゴリ押しするデッキタイプ。一度この2枚が場に揃えば、相手が対抗出来る手段は殆ど無くなる筈である。
ただし、《スキルドレイン》は必ず《魔空要塞 ジグラート》召喚後に発動しなければならない。そうしないと、《魔空要塞 ジグラート》の効果まで無効化されてしまうからだ。また、《魔空要塞 ジグラート》はその耐性故除去され難いが、《スキルドレイン》は狙われ易い永続罠の為、これを守る手段を考える必要がある。
安定性が悪く構築難易度は高いが、ギミックが完成した時の制圧力は圧倒的である為腕に自信がある人は挑戦してみてもいいだろう。

【シンクロジグラート】

【シンクロ召喚】のギミックを取り入れたタイプの【ジグラート】。《魔空合身》の生け贄確保に重宝する為ほぼ投入必須である《幻銃士》の効果で召喚される《銃士トークン》を《ナチュラル・チューン》でチューナーにしてしまえば即座にレベル8のシンクロモンスターを召喚出来る。《ナチュラル・チューン》は《スケープ・ゴート》の羊トークンなどにも利用出来る為、このデッキでは比較的使い易い。《スターダスト・ドラゴン》を召喚出来れば殆どの除去を無効に出来る為、非常に心強い。また、状況に応じたシンクロモンスターを召喚する事で様々な状況に対応出来る為戦術の幅を広げる事が出来る。このタイプのデッキはチューナーを入れるだけでいい為、他のギミックと簡単に併用出来る。

【ゴーレムジグラート】

【ゴーレム】のギミックを取り入れたタイプの【ジグラート】。《おジャマトリオ》や《トーチ・ゴーレム》は《洗脳解除》と組み合わせれば簡単に《魔空合身》を発動する為の生け贄を揃える事が出来る為、相性が良い。特に相性が良いのは《ヴォルカニック・クイーン》で、《魔空要塞 ジグラート》の効果で特殊召喚されるトイロボットトークンを維持コストに使用する事でダメージを受ける事無く暴れる事が出来る。相手モンスター1体をノーコストで除去した上で攻撃力2500のモンスター2体が襲い掛かって来るのは、相手にとっては悪夢そのものだろう。

代表的なカード




関連リンク