説明


《亡霊の姫 西行寺幽々子》を主力としたビートダウン。デッキ構築のパターンは多岐に渡る為、此処では基本的なギミックを紹介して置く。

概要



《亡霊の姫 西行寺幽々子》
効果モンスター
星8/地属性/アンデット族/攻 2150/守 2600
このカードは特殊召喚できない。
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在するモンスターの数×100ポイントアップする。
このカードがフィールドから墓地に送られた時、フィールド上モンスター1体を選択し破壊する

《紫の彼岸は遅れて輝く》
永続罠
自分フィールド上の、闇属性以外のモンスター2体を生贄に捧げて発動する。
自分の墓地に存在する「幽々子」と名の付いたモンスター1体を、召喚条件を無視して特殊召喚する。


構築


《亡霊の姫 西行寺幽々子》の枚数は基本的に好みで決めて良い。2枚でもいいが、手札に腐らせない自信があるなら3枚でもいいだろう。また、《亡霊の姫 西行寺幽々子》は特殊召喚が出来ない最上級モンスターである為専用サポートカードである《紫の彼岸は遅れて輝く》は半ば必須。他にもこのカードのサポートをイメージして作られたカードはあるがイマイチ使い辛いものが多い為、《鳳蝶紋の死槍》《反魂蝶》が辛うじて入る程度だろう。
あとは《紫の彼岸は遅れて輝く》の生け贄を揃えるカードを投入すれば良い。何を使うかは、各人の好み次第である。

プレイング


とにかく、《亡霊の姫 西行寺幽々子》を場に出す事を最優先に行動する事。墓地が肥える終盤になる程《亡霊の姫 西行寺幽々子》の攻撃力が上がる為、何度もしつこく場に出す工夫が必要である。余裕があれば《亡霊の姫 西行寺幽々子》を生け贄召喚しても良いが、なるべく《紫の彼岸は遅れて輝く》の効果での特殊召喚を狙いたい。

サポートカード


デッキタイプによって様々なサポートカードが存在するが、此処ではその中でも特に汎用性が高いものを紹介する。

◦《闇の仮面》
《紫の彼岸は遅れて輝く》を再利用出来る為重宝する。ただし、このカード自身は闇属性である為《紫の彼岸は遅れて輝く》のコストとならない為注意が必要。

◦《スケープ・ゴート》
1枚で《紫の彼岸は遅れて輝く》のコストを用意出来る上に壁にもなる為優秀。流石制限カードなだけはある。

◦《迷える子羊》
《亡霊の姫 西行寺幽々子》は守備力が2600ポイントと高い為、裏守備表示でアドバンスセットしても生き残る確率は高い為相性が良い。万一破壊されても敵モンスターを道連れにする為、相手に取っては厄介だろう。

◦《デーモンとの駆け引き》
《亡霊の姫 西行寺幽々子》は破壊された時にモンスター1体を道連れにする為、敵モンスターを除去しつつこのカードで《バーサーク・デッド・ドラゴン》を呼び出せば相手にとっては溜まったものでは無い筈である。自分のターンで《亡霊の姫 西行寺幽々子》を能動的に破壊して特殊召喚した場合、上手く行けば攻撃力3500の直接攻撃を叩き込む事が出来る。

このデッキの弱点


とにかく《紫の彼岸は遅れて輝く》を発動する事が肝要なので、特殊召喚を封じられると弱い。また、《亡霊の姫 西行寺幽々子》は墓地のモンスターの数によって攻撃力を上げ破壊された時の道連れ効果は墓地で発動する為、《マクロコスモス》などの全体除外カードも天敵である。

派生デッキ

【白玉楼の主】

《白玉楼の亡霊》《冥界の庭師 魂魄妖夢》などを投入しアンデット族寄りにした【西行寺 幽々子】。アンデット族は大量展開を得意とするが主力となる《ゾンビ・マスター》や《ゴブリンゾンビ》は闇属性である為相性が悪い。故に《ピラミッド・タートル》から《怨念の魂 業火》を特殊召喚し、その効果で特殊召喚されるトークンを生け贄に利用すべきである。必ずしも《冥界の庭師 魂魄妖夢》を投入する必要は無いのだが、原作再現にこだわるのであれば入れるべきだろう。投入カードの関係上、このタイプが最も原作再現に近いと言える。

【冥界の管理者】

【冥界の宝札】のギミックを流用し、《亡霊の姫 西行寺幽々子》の生け贄召喚を積極的に狙ったデッキ。生け贄確保は《迷える子羊》を使ったり、トークン精製能力を持つ《怨念の魂 業火》を利用しても良い。生け贄確保の関係上、アンデット族寄りにした方が使い易い。また、《冥界の宝札》を有効活用する為《赤鬼》や《闇より出でし絶望》などの最上級アンデット族や、《亡霊の姫 西行寺幽々子》と同じく守備力が高い為《迷える子羊》と相性が良い《古代の機械巨人》などを入れても良いだろう。

【幽霊楼閣の亡霊少女】

【カオス・ネクロマンサー】のギミックを取り入れた【西行寺 幽々子】。《カードガンナー》や【ライトロード】、《メタモルポッド》などで積極的にモンスターを墓地に送り込み、高攻撃力の《亡霊の姫 西行寺幽々子》を召喚するデッキ。《紫の彼岸は遅れて輝く》の生け贄は《ライトロード・サモナー ルミナス》や《黄泉ガエル》、《ダンディライオン》の効果で特殊召喚される綿毛トークンなどが利用出来る。墓地に落ちた《紫の彼岸は遅れて輝く》を回収する為、《闇の仮面》は半ば必須。派生元の主力である《カオス・ネクロマンサー》も、このタイプならば無理無く投入出来る。派生デッキの中でも、このタイプが最も簡単に《亡霊の姫 西行寺幽々子》の攻撃力を高める事が出来る。

【ボーダーオブジャスティス】

より多くの【ライトロード】のサポートカードを投入し、上記の【幽霊楼閣の亡霊少女】を更に【ライトロード】寄りにしたデッキ。【ライトロード】により近い構成とする事でデッキ全般の戦力が底上げされ、展開力も大幅に上昇する。問題はただ一つ、《亡霊の姫 西行寺幽々子》がいなくても充分に勝ててしまう事だ。

代表的なカード



関連リンク




x