説明


アニメGXで三沢こと空気が使用した《リトマスの死の剣士》を主力としたデッキ。その戦闘耐性と高い攻撃力で場を制圧する。
儀式モンスターである為安定性には不安が残るが、嵌った時の強さは計り知れない。

概要



《リトマスの死儀式》
儀式魔法
「リトマスの死の剣士」の降臨に必要。場か手札から、星の数が合計8個以上になるようカードを生贄に捧げなければならない。 



《リトマスの死の剣士》
効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻 0/守 0
「リトマスの死儀式」により降臨。フィールドか手札から、レベル8以上になるようカードを生け贄に捧げなければならない。
このカードは表側攻撃表示の時戦闘によって破壊されない。このカードは罠カードの効果を受けない。
自分フィールド上に表側表示の永続罠が存在する場合、このカードの攻撃力は3000となる。


構築


まず、《リトマスの死の剣士》を出さなければ話にならない。
その為《マンジュ・ゴッド》などの儀式サポートはフルで投入するべきである。儀式の生け贄には《儀式魔人 プレサイダー》を使用したい。
また、《リトマスの死の剣士》は場に永続罠が無いと殆ど役に立たないモンスターであるため、永続罠を入れる必要が出て来る。
お薦めは戦闘耐性が生きる《スピリットバリア》や、完全蘇生となる《リミット・リバース》。
また、儀式召喚を邪魔されないように《魔宮の賄賂》などのカウンターカードは半ば必須である。


プレイング


永続罠を場に出しつつ、《リトマスの死の剣士》で攻め込むのがこのデッキの理想パターンである。
《リトマスの死の剣士》は場に永続罠が無ければ攻撃力が0になってしまう為、
永続罠を場に出した状態で《リトマスの死の剣士》を召喚するようにしたい。
また、同様の理由で場の永続罠が破壊される事は避けたい為永続罠を守らなければならない。

サポートカード


此処では上記で紹介した以外で相性の良いカードを紹介する。

◦《終末の騎士》
《儀式魔人プレサイダー》を墓地に落とす際重宝する。このカードの効果で《儀式魔人 プレサイダー》を墓地に落とせば、
このカードと併せて合計レベルは8となる為即座に儀式の生け贄を賄う事が出来る。

◦《儀式の供物》
《リトマスの死の剣士》と《リミット・リバース》を共有出来る上このカード1枚で生け贄を賄える為選択肢の一つとして考えて置きたい。
上記の《終末の騎士》に対応しているのもポイント。

◦《激流葬》&《つり天井》
《リトマスの死の剣士》は罠の効果を受けない為、これらの全体除去罠カードは相手モンスターだけを一掃出来る。
このカードを使う上で基本となる戦術である。

◦《魔のデッキ破壊ウイルス》&《闇のデッキ破壊ウイルス》
《リトマスの死の剣士》は闇属性で攻撃力0の儀式モンスターである為蘇生が容易である。それを利用して、ウイルスの生け贄として使用する事が出来るのである。
これらで弱点となる効果モンスターや魔法カードを殲滅すればかなり優位に決闘を進める事が出来る。
また、制限改訂前は場に永続罠が無い状態であれば《死のデッキ破壊ウイルス》の生け贄としても使用出来た。

◦《メタル・リフレクト・スライム》
永続罠であり、レベル10の守備力3000の罠モンスターでもあるカード。
儀式の生け贄をこれ1枚で賄えたり、《リトマスの死の剣士》の攻撃力上昇に役立つ上壁としても重宝する。
だが、罠モンスターという性質上場持ちは良いとは言えない。

◦《マジック・プランター》
不要となった永続罠をコストにカードをドローする事が出来る。これを入れて置けば、多少多めに永続罠を入れていても腐る事が少なくなる。

このデッキの弱点


まず、儀式召喚を封じられると痛い。《リトマスの死の剣士》を召喚出来なければ、このデッキの機能は麻痺したも同然となるからである。
また、永続罠を簡単に除去してしまう【ハーピィ】とはすこぶる相性が悪い。
加えて、罠カードをあまり使用せずモンスター効果でこちらのカードを簡単に除去してしまう【帝コントロール】相手には苦戦を強いられるだろう。

派生デッキ


【死の闘技場】

同じく《スピリットバリア》と相性が良い《デーモンズ・マタドール》を投入したデッキタイプ。
《デーモンズ・マタドール》は闇属性である為、《奈落との契約》を共有出来る。
《デーモンズ・マタドール》召喚の際の生け贄は《儀式の供物》で賄うといいだろう。
安定性は下がるが、2体の儀式モンスターが暴れ回ればかなりの制圧力を発揮出来る。


代表的なカード




関連リンク