説明


占い魔女《開運ミラクルストーン》を使用した大量展開型のビートダウンデッキ。
バニラ蘇生型、凡骨代償型とか何種類か組めそうだけどここでは相性の良さそうなカードを片っ端から紹介してみるんだからー!

概要



《開運ミラクルストーン》
永続魔法
フィールドに表側表示で存在する「占い魔女」と名のついたモンスターの攻撃力は、
フィールド上に表側表示で存在する「占い魔女」と名のついたモンスター1体につき1000ポイントアップする。
「占い魔女」と名のついたモンスターは、召喚・反転召喚・特殊召喚されたターンに攻撃できない。
「開運ミラクルストーン」はフィールドに1枚しか表側表示で存在できない。



まず各種占い魔女が 《開運ミラクルストーン》無しでは壁にもならない程度の能力値であることに注意したい。
まずは《開運ミラクルストーン》を手札に加えなければならないこととそれを発動した後もそのカードを守らなければならない。
特に《大嵐》や《最古式念動》からの連続攻撃ではダイレクトアタックに等しいダメージを受けつつ占い魔女を失うことになる。

サポートカード~


 ◦《封印の黄金棺》
 キーカードである《開運ミラクルストーン》をサーチ出来る数少ないカード。好みで《タイムカプセル》も。

 ◦《リミット・リバース》《正統なる血統》《蘇りし魂》
 墓地の各種占い魔女を蘇生することができるカード。罠カードであるため相手エンドフェイズに発動すれば攻撃できないデメリットを回避できる。

 ◦《マジック・ガードナー》
 《開運ミラクルストーン》を守るためのカード。《ハリケーン》や《ポルターガイスト》に対応していないことと手札事故には注意。

 ◦《魔導雑貨商人》
 モンスターを墓地に送ることをメインに扱われやすいカード。《開運ミラクルストーン》を手札に加えるための圧縮と同時に《リミット・リバース》等を採用する場合その対象を墓地に送れるかも。

 ◦《魔の試着部屋》
 上記の《魔導雑貨商人》とは相性が悪いが、運次第で0~4の占い魔女を特殊召喚できる。対象は《占い魔女 フウちゃん》までの三種で最高⑨枚。

 ◦《幸運の前借り》
 占い魔女専用サポートカード。条件次第でデッキの占い魔女一体を特殊召喚できる。ただし《占い魔女 チーちゃん》は《シンクロ・ヒーロー》や《レベル・アワード》を使わないと無理。

 ◦《ディメンション・マジック》
 占い魔女たちはすべて魔女の名の通り魔法使い族なので上級占い魔女を展開するために採用してみる価値もある・・・かも。

 ◦《同姓同名同盟》
 《占い魔女 エンちゃん》及び《占い魔女 ヒカリちゃん》に対応。フィールドのレベル2以下通常モンスターの同名カードを2体デッキから特殊召喚する。

 ◦《団結の力》
 大量に並べる性質から相性はいい。ただ占い魔女は元々の攻守が低い(というか0)ため横の占い魔女から先に狩られてしまえばあまり意味はない。《開運ミラクルストーン》下なら9000まで上がる。

 ◦《凡骨の意地》
 手札に占い魔女を貯めつつ《開運ミラクルストーン》を手札に加える確率を上げることができる。ただし占い魔女を全て3枚でも計18枚にしかならないため好みでバニラモンスターを入れてみてもいいだろう。

 ◦《血の代償》
 上記の《凡骨の意地》で手札に貯めた占い魔女をまとめて召喚できる。相手バトルフェイズ終了時に召喚するのが効果的だろう。ライフコストには注意。

 ◦《ジャスティブレイク》
 バニラ用ミラーフォース。守備表示もバニラであろうと巻き込むことには注意したい。

このデッキの弱点


何度か触れてあるが、永続カードの宿命か魔法罠除去カードに凄く弱い。
その上大量展開するデッキのため《聖なるバリア-ミラーフォース-》や 《ライトニング・ボルテックス》 にも弱い。
そして守備力も強化されないため表示形式変更に弱く、《紅魔館門番 紅美鈴》《崩山彩極砲》で全滅してしまう。


代表的なカード




関連リンク