※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《大魔王ゾーマ》

効果モンスター
星8/水属性/悪魔族/攻3000/守2800
1ターンに1度、フィールドに表側表示で存在するモンスター1体にアイスカウンターを2つ乗せる事ができる。
このカードが光属性モンスターに攻撃される場合、ダメージステップ終了時までこのカードの攻撃力は500ポイントダウンする。 



レベル8の水属性モンスターで1ターンに一度フィールド上のモンスター1体にアイスカウンターを2つ乗せる効果と光属性モンスターに攻撃された時ダメージステップ終了時まで攻撃力が500ポイントダウンするデメリット効果を持つ。
アイスカウンターを乗せる効果としては《氷精チルノ》の強化版。モンスター1体の攻撃力を《絶対氷壁》発動時ならば1400ポイントダウンさせ、《コールドディヴィニティー》発動時ならば600ポイントアップする。
ただしレベル8と重いので使うのであれば何らかの召喚サポートがほしいところ。自分フィールド上の水属性を一掃した後その数まで手札から水属性モンスターを特殊召喚する《大波小波》
守備力も2800とそこそこあるので《迷える仔羊》で裏守備で召喚し次のターンでリバースさせる。
または《ファントム・オブ・カオス》で除外し、《D・D・R》で帰還させるといった方法がある。特にこの方法はコピーした効果でアイスカウンターを置き、帰還したこのカードでアイスカウンターを置くことができるため一度に4つものカウンターを置ける。


攻撃力ダウン時「 ゾーマの闇の衣を取り去った!!
効果発動時「ゾーマはマヒャドを唱えた!」
と、メッセージが出る。

  • 原作において―~
ドラゴンクエストⅢのラスボス。
ドラクエシリーズのラスボス勢の中では人気の高いラスボスである。
このオリカとしての効果はゾーマが吹雪系の特技を多用することが由来となっているのであろう。
また、光属性に攻撃された時のデメリットはゾーマが光の球で闇の衣をはがされ弱体化する(それでもまだ強いが)ことに由来していると思われる。

関連