《ディアバウンド》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 3600/守 3000
【悪魔族・シンクロ】
悪魔族チューナー+「ディアバウンド・カーネル」+チューナー以外のモンスター1体
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った場合、そのモンスターの攻撃力の半分の数値分このカードの攻撃力はアップする。
このカードは魔法・罠・モンスター効果の対象とならない。  


闇属性・悪魔族のシンクロモンスター。レベルが10であり素材も合計3体と限定されている。
戦闘で破壊し墓地へ送ったモンスターの攻撃力の半分を加算する効果と対象を指定するカード効果の対象にならない永続効果を持つ。

非常に出しにくいが、出したときの能力は素晴らしく、相手が守備モンスターを出してもそれを破壊するだけで次々と攻撃力が上がり、カード効果の対象にもならないため非常に対処しづらい。
ただ汎用性の高い《聖なるバリア-ミラー・フォース》や《激流葬》といった全体除去には耐性がないので注意。
素材となる《ディアバウンド・カーネル》が上級にもかかわらず1800しか基本攻撃力を持たないのでいかにしてフィールドに維持するかがポイントとなる。
または自分の効果や《闇の誘惑》で除外した《ディアバウンド・カーネル》を《闇次元の解放》や《D・D・R》で帰還させるのもよい。
チューナーはレベル1の《ダーク・スプロケッター》がお勧め。レベル4には通常モンスターの《デーモン・ソルジャー》や蘇生しやすいアンデット族モンスターといった出しやすいモンスターが多いからである。それらのモンスターの代わりに《死霊ゾーマ》や《アポピスの化身》のような罠モンスターを使うのもいいだろう。



  • 原作アニメにおいて
遊戯王DMの記憶編の盗賊王バクラの精霊獣。
カー(デュエルモンスターズの古代エジプトでの呼び名)を倒すごとにその力を吸収していった。補助もあったが《オシリスの天空竜》を撃ち落とし、その技サンダー・フォースや召雷弾まで使えるようにまでなった。
カードに《ディアバウンド》というモンスターは登場したことがなく(当時はシンクロも存在していない)、このカードは咲夜さんCGIのオリカである。


  • 関連項目