《妖怪大将 ぬらりひょん》

効果モンスター
星6/水属性/戦士族/攻 2200/守 2000
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する「妖怪」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。
自分フィールドに「妖怪大将 ぬらりひょん」以外のモンスターが存在する場合、このカードは攻撃対象に選択されない。
自分のドローフェイズにドローする代わりに、デッキから「妖怪大将 ぬらりひょん」以外の
「妖怪」と名のついたモンスター1枚を手札に加える事ができる。 

妖怪における司令塔のような役割を持つカード。
攻撃力上昇効果、攻撃対象回避効果、妖怪版《無敗将軍 フリード》といえるサーチ効果を持ち合わせている。

序盤はサーチ効果が有効に機能する。
積極的に手札に加えたいモンスターは、アタッカーの《妖怪 東方護天ノワール》《妖怪 西方護天折女》
墓地肥やしとなる《妖怪 牛頭鬼》、チューナーである《妖怪 ケサランパサラン》《妖怪 影女》などか。
また攻撃力が低いうちは対象回避効果が役に立つ。勘違いしそうだが他のモンスターは妖怪でなくても構わないため、《マシュマロン》等と合わせると毎ターン安定してサーチ効果を使用することができる。
ただし、序盤でもこのカードの攻撃力は妖怪の中では高いほうなので、どちらにしろ先に狙われるのは他のモンスターだろう。

攻撃力上昇は墓地肥やしを戦術に入れられる妖怪と相性が良く、墓地が肥える中盤からはメインアタッカーとして十分に機能する攻撃力を得られる。
上昇値は100と低いものの《カードガンナー》等を併用すれば攻撃力のボーダーライン2400にはすぐに到達し、中盤~終盤にかけては3000を突破することも珍しくないだろう。

《氷精チルノ》《永遠のお姫様 蓬莱山輝夜》、《ガーディアン・ケースト》《コマンドナイト》と一緒に並べることで簡易的なロックを仕掛けることが出来る。
《氷精チルノ》とは特に相性がよく、アイスカウンターを蓄える効果と《妖怪 雪女》《妖怪 雪男》をサーチする効果がしっくりなじむ。
このカードが上級モンスターであるため狙って出せるものではないが、【妖怪アイス】に添える戦術としては採用圏内に入るだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
ぬらりひょんとは日本に伝わる妖怪のことであり、様々な作品で妖怪たちの親玉として描かれることの多い存在だが、
直接のモデルは「週刊少年ジャンプ」内にて連載中の「ぬらりひょんの孫」に登場するぬらりひょんだと思われる。
作品内でも奴良組の頭領を務めており、孫である奴良リクオの成長を厳しくも優しい目で見守っている。
あるいは、同作品に登場する400年前のイケメンぬらりひょんがモデルなのかもしれない。
羽衣狐との400年の因縁にこのカードでついに終止符が打たれるのか?