※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

説明


重量級シンクロモンスター《ディアバウンド》を切り札に置いたビートダウンデッキ。
《ディアバウンド》の攻撃力上昇効果と対象を取るカードの効果を受けつけない強力な効果で相手を圧倒することが目的。

概要



《ディアバウンド》
効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族・シンクロ/攻 3600/守 3000
悪魔族チューナー+「ディアバウンド・カーネル」+チューナー以外のモンスター1体
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った場合、そのモンスターの攻撃力の半分の数値分このカードの攻撃力はアップする。
このカードは魔法・罠・モンスター効果の対象とならない。  

《ディアバウンド・カーネル》
効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻 1800/守 1200
自分のターンのメインフェイズ1に相手フィールドの表側表示モンスター1体を選択し発動する。
このカードをゲームから除外し、選択したモンスターの攻撃力をこのカードの攻撃力分ダウンさせる。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送る度に、このカードの攻撃力は600ポイントアップする。

構築


《ディアバウンド》は上記のとおり《ディアバウンド・カーネル》と悪魔族チューナー、そのほかのモンスター1体でシンクロ召喚しなければならないシンクロモンスターで、
素材のモンスターが計三体と縛られているためトークン等で細かい調整をすることができない。
そのため難易度が高く、少し工夫しなければ出すことはできないだろう。
現在でこそ悪魔族チューナーの選択肢はそれなりに増えているが、
ここではチューナーモンスターにレベル1の《ダーク・スプロケッター》とアンデット族モンスターを使用した構築を紹介する。
まず《ディアバウンド・カーネル》はなるべき手札に来やすいよう3枚導入しておく。
さらに《ディアバウンド・カーネル》は除外したほうがフィールドに出しやすく、自らの効果で除外することもあるので《闇次元の解放》や《D・D・R》を入れておくとよい。
使用するアンデット族の中で確実に採用したいモンスターは《ゾンビ・マスター》、《ゴブリン・ゾンビ》、《馬頭鬼》の三体。
特に《馬頭鬼》は墓地にさえいればレベル4のアンデット族を簡単にフィールドに特殊召喚できるのでできる限りいれておく。
同じ理由で《生者の書―禁断の呪術》をデッキに入れておいてもよい。《ダーク・スプロケッター》もデッキに3枚は必須。
これも墓地に落としたほうが使いやすいため《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》で墓地に落とすか、
《キラー・トマト》で特殊召喚し戦線維持のためのシンクロ素材や《ディアバウンド・カーネル》のリリース要員に使うという手もある。
そのあとは《リミット・リバース》などで蘇生してやればよい。

プレイング


まずは素材を確保しなければならない。《闇の誘惑》で《ディアバウンド・カーネル》をドローコストに変えてしまっても問題はない。
おもに前半は《ゾンビ・マスター》や《ゴブリン・ゾンビ》で戦線を維持する。もちろん高攻撃力モンスターが出てきた場合も想定し
手札の《ディアバウンド・カーネル》のリリース要因にして《ディアバウンド・カーネル》の効果で弱体化させてやってもよい。
《ゴブリン・ゾンビ》でサーチする対象は状況によって使い分けよう。
ものがそろったら《ディアバウンド》をシンクロ召喚してやろう。すでに《ディアバウンド・カーネル》がフィールドに存在する場合は
レベル4のアンデットを特殊召喚し、既に通常召喚権を使っている場合は《リミット・リバース》で《ダーク・スプロケッター》で蘇生してシンクロ召喚を行う。
《ディアバウンド・カーネル》が既に除外されているならば《闇次元の解放》や《D・D・R》で帰還させよう。
そこから先ほどの手順通りシンクロ召喚してやればよい。
シンクロ召喚に成功すれば後は《聖なるバリア―ミラー・フォース》《激流葬》に気をつけ殴っていくだけ。それだけで攻撃力が上昇していき、
壁モンスターが切れた時が相手の年貢の納め時となる。

サポートカード


此処では上記で紹介した以外の相性の良いカードを紹介する。

◦《冥界の魔王・ハ・デス》
攻撃力が上級の基準値を上回っており、なおかつ自らの効果で相手のリクルーターをつぶせる優秀なモンスター。
また、《ディアバウンド》も悪魔族のためその恩恵を受けられる。
上級モンスターだが、リリースも確保しやすいこのデッキなら1~2枚導入してもよい。

◦《デストラクション・ジャマー》
◦《我が身を盾に》
いかに《ディアバウンド》に効果耐性があるとはいえ、対象を取らない効果には無力。
そこで汎用性の高い《聖なるバリア―ミラー・フォース》や《激流葬》、《ライトニング・ボルテックス》等から守ってやるためにこれらのカードを採用してやるのもよい。

このデッキの弱点


《ディアバウンド》やその素材の特殊召喚を防いでしまう《王宮の弾圧》、墓地利用ができなくなる《王家の谷―ネクロ・バレー》、
カードが除外される《マクロコスモス》や《次元の裂け目》など。

派生デッキ


【儀式ディアバウンド】

儀式モンスターを採用し、それで戦線維持しつつ最終的に《ディアバウンド》をだす。
《高等儀式術》により墓地に送られた通常モンスターを《黙する使者》などの通常モンスター召喚サポートで蘇生させシンクロ素材に使うことができる。

【雑貨ディアバウンド】

デッキの大半を闇属性モンスターで埋め、《ダーク・クリエイター》で素材および《ディアバウンド・カーネル》を蘇生させ《ディアバウンド》をシンクロ召喚する。
《魔道雑貨商人》と、墓地のモンスター(おもに《ダーク・クリエイター》)を回収する《死者転生》を三積みし、残りを《ディアバウンド・カーネル》を含む闇属性モンスターで構築する。
このデッキの場合除外されたモンスターを帰還させることはできないので《ディアバウンド・カーネル》の効果はほとんど使わない。
ほかに導入したいのは悪魔族チューナーとそれらを確実に墓地に送る《終末の騎士》《ダーク・グレファー》くらいで、
あとは《ダーク・クリエイター》から蘇生できる好みの戦線維持用のモンスターで残りを埋めるという自由度の高いデッキである。
ちなみにお勧めは墓地がかなり肥えるので《カオス・ネクロマンサー》(場合によってはこっちがフィニッシャーになることがあるが)。

代表的なカード



関連リンク