《破壊神 ジェネシックガオガイガー》

効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻 4000/守 4000
このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に存在する、「ガイガー」の効果によって特殊召喚された
「勇者王ガオガイガー」が戦闘によって破壊された場合のみ、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードは「勇者」と名のついたモンスターとしても扱う。このカードは1ターンに1度、カード効果によっては破壊されない。
メインフェイズにライフを1500払う事でこのカードの攻撃力はエンドフェイズまで1000ポイントアップし、
このターンこのカードが戦闘で破壊したモンスターの効果は無効化される。
このカードが「勇気ある戦い」の効果によってフィールド上からデッキに戻った場合、相手にこのカードの元々の守備力分のダメージを与える。 

勇者デッキの切り札となるモンスター。
厳しい召喚条件、限定的破壊耐性、ライフコストによる攻撃力上昇とモンスター効果無効化、さらに限定的バーンダメージと様々な効果を持つ。

ライフを支払い攻撃力をアップさせた時の効果が戦闘で破壊したモンスターの効果を無効化と、《勇者王ガオガイガー》のものではなく《勇者 キングジェイダー》から他のモンスターへの攻撃制限を差し引いたものとなっている。
これは《勇者王ガオガイガー》の古代の機械効果が、自身の破壊耐性により不要と判断されたのであろうか。

その強大な攻撃力と破壊耐性により、容易に突破することは難しい。
1ターンに二度破壊効果を使うか破壊しない除去、もしくは4000を超える攻撃力のモンスターを出さなければならない。
さらに攻撃増強効果により4000を超えたとしても5000未満なら、そのターンの攻撃を和睦などで凌がれれば攻撃力5000で殴りかかってくるのである。
そんな強力カードにはだいたいキツい召喚条件があり、このカードも例外ではない。
《ガイガー》の効果で召喚した《勇者王ガオガイガー》が戦闘で破壊された時、このカードが手札になければならないのである。
サポートカードである《ガジェットツール》により、条件が整っている時に手札に加えるのは比較的容易なものの、条件が整っている時に戦闘破壊してくるのは効果を知らないか《破壊神 ジェネシックガオガイガー》を倒す自信がある、くらいのものでやはり自分から攻撃力を下げて特攻などを行い召喚したい。
なお《ゴルディマーグ》との相性は言うまでもなく悪い。

《勇気ある戦い》でデッキに戻した時の効果であるが、召喚を行っていなければ4000+αとかなりのダメージを期待できる。
召喚までにある程度相手のライフを削っていれば召喚した直後にそのまま《勇気ある戦い》で勝利、などということも十分可能である。
そして自身ではなく他の勇者を犠牲にすることで、破壊耐性により4000のダイレクトアタックを行うことが可能なのも考慮に入れておこう。その際カードをセットなどして二枚目の《勇気ある戦い》を発動できればそれだけで8000ダメージ、ライフが初期値でも勝利に持ち込むことができる。

このカードを特殊召喚するとき 
「見せてやる……!本当の勇気の力を!!」
「ジェネシック・ドライブ!破壊神 ジェネシックガオガイガーを特殊召喚!」
というメッセージと共に召喚される。

また勇気ある戦いをこのカードを対象に発動した場合以下の演出が出現する。
大河長官「これが勝利の鍵だぁぁぁぁぁ!!」
凱「ゴルディオン!!クラッシャァァァァァ---!!!」
凱「俺は一人じゃない!俺たちは……一つだぁぁぁぁぁ!!」
破壊神 ジェネシックガオガイガーが自らの命をかけ攻撃を行った!
そして、4000のダメージ効果発動時にも
凱「光にぃぃぃぃぃぃぃ!!なああああれえええええええ!!!」
と、演出メッセージが出る。

攻撃時のメッセージは 「ジェネシックボルト!」

破壊されない時のメッセージは
(ジェネシック・オーラ!ジェネシックガオガイガーは1ターンに1度効果で破壊されない)

起動効果発動時メッセージは
凱「ゲム!ギル!ガン!ゴー!グフォ!」
破壊神 ジェネシックガオガイガーの両腕に生命のパワーが集中する!攻撃力1000ポイントアップ!

そして、攻撃名が 「ヘル・アンド・ヘブン・ウィータ!!」 となる

関連カード