《王家の大神殿》

永続魔法
フィールド上に存在するこのカードのカード名を「王家の神殿」として扱う。
また、自分のフィールド上のこのカードと「聖獣セルケト」を墓地に送る事で、
手札・デッキからモンスターカードを1枚選択し、特殊召喚できる。 

オリジナルカード第1期で登場した《王家の神殿》の代用カード。

6月1日のエラッタによりEXデッキからの特殊召喚が不可能になった。
チームカードや素材に制限のあるシンクロモンスターなどを本来の手順より簡単に出せてしまうことが問題となったようだ。

このカードのおかげで本家《王家の神殿》が禁止カード化したためにとばっちりで使うことができなくなっていた《聖獣セルケト》にも明るい未来が訪れた。
罠カードを手札から発動できなくなっていること以外は《王家の神殿》と同じ。
リシドのように神殿と《聖獣セルケト》を墓地におくって《ラーの翼神竜》を特殊召喚してやることができる。もちろん神の裁きを食らうことはない。どちらにも書かれていないがこの効果で《ラーの翼神竜》を特殊召喚した場合、その攻撃力と守備力は墓地に送る前の《聖獣セルケト》のものを受け継ぐ。つまり《聖獣セルケト》がパワーアップすればするほど《ラーの翼神竜》の攻撃力がアップするのだ。(ただし特殊召喚の例にはもれず《ラーの翼神竜》はエンドフェイズに破壊されるが……)特殊召喚なのでそこからライフを捧げて《ラーの翼神竜》の攻撃力をさらに上げるのもよし。破壊効果を使ってフィールドを開けてから殴りこむのもいいだろう。
またこのカードでEXデッキのモンスターを特殊召喚できるのでシンクロ召喚しづらい《セイヴァー・デモン・ドラゴン》、《セイヴァー・スター・ドラゴン》、片方の融合素材が禁止カードとなっている《熱かい悩む神の火 霊烏路空》といったモンスターをフィールドに出すこともできる。
ただし、効果を使うと融合召喚やシンクロ召喚でしか出せないモンスターや特有の方法以外では特殊召喚できないダークシンクロモンスターまで選択肢に選ぶことができるが本来はできないことなのでやってはいけない。
「やめろ!そんなことしちゃいけない!」

ただ、これらは《聖獣セルケト》と出すことで可能なコンボであり、《聖獣セルケト》を出した瞬間に《サイクロン》でこのカードをやられたりすると大きなディスアドバンテージを追うので注意。
さらに《マクロコスモス》のような除外カードが存在するときは墓地に送ることができないので特殊召喚する効果は全く使うことができなくなる。

関連カード

  • 《聖獣セルケト》
  • 《王家の神殿》