特定キャラ同士での対戦開始時の特別メッセージを表形式でまとめる。

プレイヤー1 プレイヤー2 台詞
アテム 海馬 瀬人 海馬「遊戯……次は俺たちの決着をつける番だ」
遊戯「ああ」
アテム 城之内 克也 城之内「俺達の---」
遊戯  「バトルシティは終わらない!」
アテム インセクター羽蛾 遊戯「俺はスターチップ一つと…… 命を賭けるぜ!!
羽蛾「ヒョヒョ……面白いじゃないか!」
アテム 遊城 十代 遊戯「行くぜ!デュエルだ!」
十代「最高にワクワクするぜ……遊戯さん!」
アテム パラドックス パラドックス「来るがいい。名も無きファラオの魂よ!」
遊戯     「みんなの未来を奪うことは、この俺が許さないぜ!」
遊城 十代 万丈目 準 万丈目「行くぞ十代……デュエルだ!」
十代  「来い!万丈目!」
遊城 十代 天上院 明日香 明日香「行くわよ、十代!」
十代  「来い!明日香!」
遊城 十代 三沢 大地 三沢「行くぞ!一番君」
十代「来い!三沢!」
遊城 十代 エド・フェニックス エド「行くぞ十代……プロのタクティクスを見せてやる!」
十代「最高のデュエルにしようぜ、エド!」
遊城 十代 ヘルカイザー亮 ヘルカイザー「俺とデュエルだ……十代!」
十代        「今、最高にワクワクしてるぜ……カイザー!」
遊城 十代 ヨハン・アンデルセン ヨハン「俺の宝玉獣デッキとお前のHERO、どっちが上かな!?」
十代 「行くぜ、ヨハン!」
遊城 十代 覇王十代 覇王「…………!」
十代「俺は自分の心の闇を乗り越えてみせる!デュエルだ!」
遊城 十代 丸藤 翔 十代「翔、デュエルしようぜ!」
翔  「負けないっスよ、兄貴!」
遊城 十代 前田 隼人 十代「隼人、デュエルしようぜ!」
隼人「負けないんダナ!」
遊城 十代 丸藤 亮 カイザー「見せてみろ、十代……お前のデュエルを!」
十代   「……行くぜ、カイザー!」
遊城 十代 天上院 吹雪 十代「吹雪さん、デュエルしようぜ!」
吹雪「いいとも、デュエル!」
遊城 十代 クロノス・デ・メディチ クロノス「これヨーリ、ドロップアウトボーイへの補習授業を始めるノーネ!」
十代   「勘弁してくれよ、クロノス先生~!」
遊城 十代 ティラノ剣山 十代「剣山、デュエルしようぜ!」
剣山「負けないドン、アニキ!」
遊城 十代 斎王 琢磨(破滅の光の意思) 十代「世界は破滅させない……!俺とデュエルだ!斎王!!」
斎王「宇宙は光によって包まれる!その邪魔はさせんぞ十代ィ!」
遊城 十代 ジム・クロコダイル・クック 十代「ジム、デュエルしようぜ!」
ジム「OK、スピリチュアルフレンド・十代!」
遊城 十代 オースチン・オブライエン 十代      「やろうぜ、オブライエン!」
オブライエン「いいだろう……デュエル!」
遊城 十代 プロフェッサー・コブラ 十代 「コブラ!みんなを元に戻すんだ!」
コブラ「クックック……最後のデュエルエナジーは、私の自らの手で……!」
遊城 十代 万丈目 準(光の結社) 万丈目「俺は光の洗礼を受けた……もうお前には負けん、十代!」
十代  「目を覚ませよ、万丈目!」
遊城 十代 天上院 明日香(光の結社) 明日香「全ては斎王様の意志の元に……あなた達、邪魔よ!」
十代  「どうしちまったんだよ、明日香!?」
遊城 十代 三沢 大地(光の結社) 三沢「俺がより輝くためにこの白の制服が必要なんだ!」
十代「何言ってるんだよ、三沢!?」
遊城 十代 カイバーマン カイバーマン「貴様の全身全霊をこめてかかってこい、遊城十代!」
十代      「くっ……!?」
遊城 十代 ヨハン・アンデルセン(ユベル憑依) ヨハン「さあ、愛を語りあおう、十代!」
十代 「……ユベル!ヨハンの中から出ていけ!」
遊城 十代 ミスターT(トルーマン) ミスターT「私は真実を語るもの、差詰めミスターTとでも呼んでくれたまえ」
十代    「何者なんだ、お前は!?!」
遊城 十代 パラドックス パラドックス「遊城十代…精霊を操る類稀なる決闘者。お前はここで消去させてもらう」
十代     「お前をぶっ倒す事に、最高にワクワクしてきたぜ!」
博麗 霊夢 十六夜 咲夜 咲夜 「あー、お掃除が進まない! お嬢様に叱られるじゃない!」
霊夢「あなたー は、ここのご主人じゃなさそうね」
咲夜「なんなの?お嬢様のお客様?」
霊夢「(倒しに来たっていっても通してくれないよな)」
咲夜「通さないよ お嬢様は滅多に人に会う事はないわ」
博麗 霊夢 レミリア・スカーレット レミリア「こんなに月も紅いから、本気で殺すわよ」
霊夢   「こんなに月も紅いのに」


      レミリア「楽しい夜になりそうね」
      霊夢   「長い夜になりそうね」
博麗 霊夢 霧雨 魔理沙 霊夢  「何?何でこんなところに魔理沙がいるの?」
魔理沙「さぁな。私はいつも通り、迷惑な妖怪を退治しているだけだぜ」
博麗 霊夢 蓬莱山 輝夜 霊夢「なにせ私達は、弾のお客様だものねぇ」
輝夜「全くもう、せっかちねぇ。焦らなくても見せてあげるわよ。
    本当の月が持つ毒気を!それと、私からの美しき難題を!」
博麗 霊夢 西行寺 幽々子 霊夢  「花の下に還るがいいわ、春の亡霊!」
幽々子「花の下で眠るがいいわ、紅白の蝶!」
博麗 霊夢 射命丸 文 霊夢「妖怪退治を仕事としている私の前に、のこのこ現れる方が悪い」
文  「うーん。隠し撮りしてれば良かったです……」
博麗 霊夢 伊吹 萃香 萃香「私は、あんた達の事をよく判ってるわ。ずっと見てたもの。
    あんたは宴会でもそれ以外でも空気のように正直で掴み所が無かった。本当は何を考えていたのかしら?」
霊夢「何も考えてないわよ。嘘に何か嫌な思い出でもあるのかしら……
    それはともかく、あんたはちょっと懲らしめないといけないわね」
博麗 霊夢 チルノ チルノ「あんた、ちったぁ驚きなさいよ 目の前に強敵がいるのよ?」
霊夢 「標的?こいつはびっくりだぁね」
チルノ「ふざけやがって~ あんたなんて、英吉利牛と一緒に冷凍保存してやるわ!」
博麗 霊夢 ミスティア・ローレライ 霊夢     「ああもう、私は前から言ってるでしょ!」
ミスティア「?」
霊夢     「私は鳥目じゃないって」
ミスティア「あ、人間発見。私が鳥目にしてあげる!」
博麗 霊夢 リグル・ナイトバグ 霊夢 「そういえば、夜に出歩くのに大事な物置いてきちゃった。神社に」
リグル「?」
博麗 霊夢 橙  「ここに迷いこんだら最後!」
霊夢「最後?」
橙  「それはさておき、迷い家にようこそ」
霊夢「で、何が最後?」
橙  「迷いこんだら最後、二度と戻れないわ」
霊夢「そうですか」
博麗 霊夢 小野塚 小町 霊夢「ちゃんと仕事をしなさいよ!サボってばかりいないで!」
小町「判った。仕事の邪魔をすると言うのなら。私のタイタニックでお前さんを運んでやる。半額サービスだ」
博麗 霊夢 鍵山 雛 霊夢「妖怪は私の敵、あんたは妖怪」
雛  「あっ、そう!」
博麗 霊夢 紅 美鈴 霊夢「私は巫女をしている普通の人よ」
美鈴「それは良かった、たしか……
    巫女は食べてもいい人類だって言い伝えが……」
霊夢「言い伝えるな!」
博麗 霊夢 パチュリー・ノーレッジ パチュリー「そこの紅白!私の書斎で暴れない」
霊夢     「書斎?(紅白?)」
博麗 霊夢 東風谷 早苗 早苗「神を祀る人間が祀られる事もある、巫女が神になる事もある
    貴方にはそのぐらいの覚悟が出来て巫女をしているの?」
霊夢「別に神になってもならなくても関係ないわ
    やるって言ったら、やるときもまぁまぁあるの!」
博麗 霊夢 藤原 妹紅 霊夢「よく分からないけど。死なないって事は、思いっきりやってもいいって事?」
妹紅「思いっきりやらなきゃ、貴方の人生ゲームオーバー。
    もう戻り橋にも戻れない、一方通行の丑三つ時。
    お望みどおり。貴方達の肝、試させて貰うわよ」
博麗 霊夢 メディスン・メランコリー 霊夢     「何よこの辺?ここは匂いがきつすぎるわよ!」
メディスン「あ、人間よ?人間。 スーさん、やっちまいな!」
博麗 霊夢 魂魄 妖夢 妖夢「入ってくるな、の意思表示に結界が張ってあったわけでしょ
    「のぼるな危険」の鉄塔にのぼる子供じゃないんだから
    勝手に結界を破って、勝手に危険とか言ってるんじゃないよ」
霊夢「良く喋る幽霊だ」
妖夢「私は半分は幽霊ではない!」
不動 遊星 ジャック・アトラス ジャック「遊星!全てを捨ててきた俺の前に、何も捨てずにここまで来たお前が立つというのか!」
遊星  「……ジャック!」
不動 遊星 鬼柳 京介 鬼柳「遊星!死ぬほどの苦しみを味わわせてやるぜぇ!ヒャーッハッハッハッハ!」
遊星「鬼柳……!?」
不動 遊星 レクス・ゴドウィン ゴドウィン「不動遊星!貴様にも味わわせてやる、死を目前にした絶望と孤独を!!」
遊星   「俺は屈しない!希望があるから決して絶望はしない!
        そしてその希望を支えるのは、仲間達の絆だ!!」
不動 遊星 鬼柳 京介(死神) 鬼柳「遊星……やはりお前が相手か……」
遊星「おまえを連れ戻しに来た……! 一緒に帰ろう!」
不動 遊星 パラドックス 遊星     「パラドックス!デュエルだ! 決着をつけよう!!」
パラドックス「良かろう。君たちが信じるデュエルモンスターズを叩き潰してやろう」
不動 遊星 ブルーノ ブルーノ「不動遊星!今の君では機皇帝を倒す事は出来ない。教えてやろう、シンクロの新たなる可能性を!」
遊星   「お前は一体…!?」
不動 遊星 ホセ ホセ「愚かな……お前達がどれだけ足掻こうと無駄な事だ。象という歴史の足に踏み潰されるのだ!」
遊星「俺は諦めない! どこまでも足掻き、そしてまやかしの未来を必ず打ち破る!」