《パーフェクトスクウェア》

カウンター罠
メインフェイズ1、またはバトルフェイズに魔法カードが発動された時に発動できる。
このターンのバトルフェイズを終了・スキップしメインフェイズ2となる。

魔法が発動されたターン強制的にメインフェイズ2に移行する。
相手が《大嵐》を発動した時にも発動できる。
また、魔法を発動するのは自分でもいいため、メイン1やバトルフェイズに《終焉の焔》の後このカードを使うことでトークンを守ることができる。ただトークンがやられたくないないならばエンドフェイズに使えばよい。だが自分のライフがこれ以上削られたくなく、それでいてトークンをやられたくないというぜいたくな悩みを持っているときはこのカードが役に立つだろう。

  • 原作において―~
東方妖々夢において《紅き月の従者 十六夜咲夜》のスペルカード。