※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《シューティング・スター》

通常罠
自分フィールドに「スターダスト・ドラゴン」が表側表示で存在する場合のみ発動できる。
フィールド上に存在するカード1枚を選択し破壊する。 


オリジナルカード第六期で登場した通常罠。
自分フィールド上に《スターダスト・ドラゴン》が存在する場合、フィールド上のカードを1枚破壊できる効果を持つ。

《スターダスト・ドラゴン》が存在する時に、ノーコストでカードを1枚破壊できる点は優秀。
しかし、《スターダスト・ドラゴン》がいないといけない為、《スターダスト・ドラゴン》の召喚に特化したデッキでなければ手札で腐りやすい。
また進化先の《シューティング・スター・ドラゴン》では発動条件が満たせないため、アクセルシンクロ前に使わざるを得ない状況になりがちなのも欠点。

状況によってはこのカードの発動を《スターダスト・ドラゴン》でチェーンすることによるサクリファイス・エスケープも行える。
たとえば除外の対象となった場合などに有効。環境的には《ミスト・ウォーム》によるバウンスからの回避に役立つ機会も多いだろう。

このカードの実装と同時に、似たような名前の、《シューティング・サン》が実装された。

  • 原作・アニメにおいて
遊星VSルドガー(2戦目)にて遊星が使用。
フィールド魔法を破壊することで、《地縛神 Uru》を破壊しようとした。
アニメの地縛神はフィールド魔法を破壊しても効果を無効化されるだけでエンドフェイズまで自壊しないはずなのだが、
対戦相手のルドガーもノリでヤバいと思ったのかUruの攻撃を放棄してまでこのカードの発動を無効にした。

関連カード