説明


高攻撃力の《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を召喚し、一気に相手を攻め落とすデッキ。状況によっては1ターンキルも充分に可能な爆発力があるデッキである。尚、【星蓮船】とはまるで違う構築となる為UFO以外の星蓮船カードの投入は控えた方が良い。

概要



《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》
特殊召喚モンスター
星8/闇属性/獣族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに存在するモンスターを4体まで選択しリリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、リリースしたモンスターの属性の種類×1000ポイントとなる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「UFO」と名のついた攻撃力0のモンスター1体をゲームから除外する事ができる。
除外したモンスターの属性によってこのターン、以下の効果を得る。
●炎属性:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ
相手ライフに戦闘ダメージを与える。
●水属性:このカードは戦闘及びカード効果では破壊されない。
●風属性:このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、相手に800ポイントのダメージを与える。
●光属性:以上の3つの属性の効果を全て得る。 

《精霊術師 ドリアード》
儀式・効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1200/守1400
「ドリアードの祈り」により降臨。
このカードの属性は「風」「水」「炎」「地」としても扱う。

構築


《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》はサーチ等のサポートが存在しない為3枚積み必須。また、《精霊術師 ドリアード》と《限定解除》もフルで投入すべきだろう。《精霊術師 ドリアード》をサーチする為に《マンジュ・ゴッド》を入れても良い。また、墓地の《精霊術師 ドリアード》をコピー出来る為《ファントム・オブ・カオス》も投入出来る。UFOは破壊耐性を得られる《哀愁のブルーUFO》と、あとはお好みで貫通効果を付与出来る《忿怒のレッドUFO》を投入すると良い。UFOが多めに入っている場合は、攻防一体に使える《夜空のユーフォーロマンス》が手札事故を招きやすいものの便利である。必須カードはこれくらいである為、他は割と自由に構築出来る。ただ、実質攻撃力を倍加出来る《野性解放》と貫通能力を付与出来る《吠え猛る大地》はかなり相性が良いので投入して置いて損は無い。

プレイング


《精霊術師 ドリアード》を生け贄にして《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を召喚すれば5000という規格外な攻撃力を得られる。基本的に《限界解除》で《精霊術師 ドリアード》を召喚して生け贄にするか、墓地に落ちた《精霊術師 ドリアード》を《ファントム・オブ・カオス》でコピーして生け贄にすれば良い。カード1〜2枚の消費から攻撃力5000の化物が出て来る様は相手からすれば悪夢だろう。それに加え、《哀愁のブルーUFO》を除外した状態で《野性解放》を使用すればノーリスクで攻撃力が倍加する為1キルも可能。割と簡単に狙えるので、試してみると良い。

サポートカード


上記のもの以外で相性の良いカードを幾つか紹介して置く。

《弾幕キメラ》
やむを得ず低攻撃力で場に出してしまった《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》をランダムなモンスター2体に変換できる。一発逆転の爆発力がある代わりに安定性は限りなく0に近い。

◦《おろかな埋葬》
単純にUFOを墓地に落とすのに使うのも良いだろうし、《精霊術師 ドリアード》を墓地に落として《ファントム・オブ・カオス》でコピーするのも良い。このデッキでは無理無く採用出来るカードである。

◦《創世の預言者》
《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》は準備を整えれば簡単に特殊召喚出来る。よってこのカードで墓地の《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を回収しコストとして捨てた《ファントム・オブ・カオス》を蘇生させて墓地の《精霊術師 ドリアード》をコピーさせこの2体を生け贄にすれば攻撃力6000の《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》が出て来る事になる。また、《おろかな埋葬》で《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を墓地に落としこのカードで回収する事で擬似的なサーチも可能となる。

◦《クリッター》
《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》はサーチ出来ないが、《精霊術師 ドリアード》や《ファントム・オブ・カオス》、各種UFOなどをサーチ出来る為重宝する。制限カードであるこのカードの優秀さは今更言うまでも無いだろう。

◦《異次元からの埋葬》
除外した各種UFOや《精霊術師 ドリアード》などを墓地に戻す事が出来る。長期戦になった時の保険として有効。

このデッキの弱点


特殊召喚を封じられては何も出来ないので《王宮の弾圧》は勿論天敵。また、破壊耐性が意味を為さない為《月の書》や《次元幽閉》などの汎用性が高い攻撃妨害カードとも相性が悪い。また、攻撃力5000オーバーのモンスターで攻めて行く為、《魔法の筒》や《ディメンション・ウォール》などを使われると逆にこちらが瀕死状態になってしまう為何が何でもこれらを使わせてはならない。

派生デッキ


【UMA】

《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》は獣族である。それを利用し、【ビースト】と組み合わせたのがこのデッキタイプである。【平安のエイリアン】は《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》以外の戦力に乏しい為、このデッキタイプであれば《怒れる類人猿》や《イグザリオン・ユニバース》などで序盤から攻めて行ける。《激昂のミノタウロス》は《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》に貫通能力を付加出来る為お薦め。また、《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》が破壊された時の保険として《森の番人 グリーン・バブーン》を用意したり、《百獣王ベヒーモス》で墓地の《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を回収したりするのも良いだろう。

《恐怖の虹色UFO》

《恐怖の虹色UFO》を除外して3つの効果で一気にゲームエンドに持っていくデッキタイプ。
《恐怖の虹色UFO》召喚のために通常投入しない《義心のグリーンUFO》も1~2枚投入する。
UFOの場持ちは絶望的に悪いので蘇生カードを使うか、1ターンで場に揃えてしまいたい。
《リミット・リバース》は3色UFOを揃えるにも《恐怖の虹色UFO》を蘇生してリリースするにも使えるため3積み確定、再利用兼補助のための《ハリケーン》もほぼ必須。
《クリッター》等でサーチした3色UFOを《メタモルポット》《手札抹殺》などで捨てる戦術も非常に有効。
《夜空のユーフォーロマンス》は1~2枚の投入がほぼ必須。《恐怖の虹色UFO》の特殊召喚がグンと楽になるのだ。
ただでさえ安定性はガタ落ちするので、《精霊術師 ドリアード》とそのサポートカードは投入しない。
《恐怖の虹色UFO》は一旦召喚してしまえば、墓地から《リミット・リバース》で蘇生できるので墓地にさえあればよい。
うまくいけば相手の場がどんな状況だろうと1ターンで大ダメージを与えることができる。
欠点は、《恐怖の虹色UFO》の召喚自体が難しいためただでさえ高い事故率が格段に上がること。
原作ファンならば愛で使いこなしてみせろ!

代表的なカード


《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》
《精霊術師 ドリアード》

関連リンク