《属性変化-アトリビュート・カメレオン》

永続罠
フィールド上の表側表示モンスター1体を選択して発動する。
そのモンスターの属性を変更する。
その後、このカードは1ターンに1度効果を発動できる。 

フィールド上のモンスターの属性を変更する永続罠。
対象が1体のみで、毎ターン発動できる《DNA移植手術》といったところだろうか。
霊使いのリバース効果をサポートするのはもちろん、《DNA移植手術》にはできなかった《ウォーター・ドラゴン》とのコンボが可能なまさに三沢カード。
永続罠との併用で強力になる《リトマスの死の剣士》と合わせて三沢のファンデッキを作るのもいいだろう。
姿の見えなくなるカメレオンということで、三沢のキャラクターの演出にもなりうる。

《風林火山》や《エレメンタル・バースト》といったカードをサポートできる。
相手のモンスターの属性も変化させることができるのが強みだが、永続罠であるので破壊されやすいことに気をつけよう。

  • 間違えやすいところだが、《DNA移植手術》などと違い、このカードが場を離れても変更した属性は元に戻らない。
テキストから読み取れないので注意されたし。


  • 原作・アニメにおいて―~
「十代VSヨハンVS藤原」にて、藤原優介が使用。
《属性重力-アトリビュート・グラビティ》とのコンボにより、
《E・HERO フレイム・ウィングマン》と《宝玉獣 エメラルド・タートル》に同士討ちを強要させたが、
最後は《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》の起動効果によってデッキに戻った。
原作では効果は相手ターン毎のエンドフェイズまでしか発揮されなかった。