《サイバー・ドラゴン(A)》

効果モンスター(禁止カード)
星5/光属性/機械族/攻 2100/守 1500
デュエル中に存在するこのカードはカード名を「サイバー・ドラゴン」として扱う。
相手フィールドにモンスターが存在し自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚することができる。 

廃墟になったときに突如現れたカード
基本的には《サイバー・ドラゴン》と全く同じだが守備力がこちらの方が100低いことと特殊召喚効果が通常召喚効果となっている所が異なっている。特に後者は大きいだろう。
しかし、このカードが重要なのはその効果や上級モンスターの戦闘力ではない。
「デュエル中に存在するこのカードはカード名を「サイバー・ドラゴン」として扱う。」
やはりこの効果が最大の魅力だろう、このお陰で、《サイバー・エンド・ドラゴン》が手札融合可能なのだ。
これで準制限指定をされて以降2枚、1枚と減っていったサイバー流という衰退したデッキ自体が最高の力を引き出せるようになる。
このカードを使って是非サイバー流を極めよう!
ただ、あまり超攻撃力の《サイバーエンド・ドラゴン》を出しすぎるワンキルばかりの決闘にならないように注意したい。
が、デュエル開始直後即終了なんてことは起こりにくいので基本的には大丈夫だと思われる。

OCGの制限を遵守しているため、上位互換である《サイバー・ドラゴン》が準制限なのにこのカードが制限になるという稀有な現象が起きている。

2010年9月のOCG制限改訂により本家《サイバー・ドラゴン》が無制限カードへ復帰したため、代用カードとして生み出されたこのカードもその役目を終え禁止カードとなった。