《スライム・ホール》

通常罠
相手が攻撃力1000以上のモンスターを特殊召喚した時、手札の「スライム」と名のついたモンスター1枚を相手に見せる事で発動できる。
そのモンスターの攻撃力分こちらのライフを回復し、そのモンスターを破壊する。   

手札のスライムを見せる事で特殊召喚したモンスターを破壊し、その攻撃力分のライフを回復する。
簡単にいうなら特殊召喚版《落とし穴》おまけつき。
対象が特殊召喚だけなので《落とし穴》よりは発動頻度は少ないが、現在はシンクロ召喚が横行しているため1回のデュエル中は何回でも発動する機会がある。
破壊を無効化する《スターダスト・ドラゴン》には効果がないがこのカードは対象をとらないため、対象をとる効果を無効化することができる《メンタルスフィア・デーモン》には効く。シンクロ以外にもモンスターを特殊召喚するというのは多いため、デッキに1枚入れておいてもほとんど問題がないカードである。

であったが、2010/5のエラッタにおいてコストとして手札のスライムを見せる必要ができた。《サルベージ》《キング・スライム》など手札にスライムを補充する手段は豊富にあるため、コスト自体はさほど重くなくスライムデッキにおいてはこれまでと変わらぬ運用が望めるだろう。
このカードの登場当初はシンクロ召喚の概念が存在せず、強力モンスターを特殊召喚する機会はかなり限られていた。故にこのカードは地雷として働いていたのだが、シンクロの隆盛により特殊召喚の機会は飛躍的に増えた。
この環境の変化に対応し、発動の機会に困らずライフ回復効果も追加される除去カードとして有用であったこのカードはスライムの専用カードとして修正され、どんなデッキにも入れられる除去カードとしての役割を終える事となった。



発動時メッセージ「攻撃力1000以上のモンスターはスライムに襲われ吸収される!」