〈涼宮ハルヒの憂鬱〉-投稿SS-001-01



上部タグ未削除




選択肢 投票
良かった (0)
いまいち (0)
つまらない (0)


感想用

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


題名

ペンネーム






普通の朝のはずだった。
しかしここは自分の家ではなかった。
殺風景な客室と思われたその部屋はなぜか見覚えがあった。
どこだ?
/
/
/
あっ長門の家だ
朝比奈さんとタイムスリップしたときに利用したあの部屋だ...
なぜおれがここにいる?
その結果思いついたようにリビングに行ってみる。
そこにいたのは長門だった。
「おい長門、変なことを言ってるかも知んないが何でおれがここにいる?」
...沈黙ののち長門は小さくこう告げた。
「情報統合思念体が情報を改ざんして環境情報を変更した。」
「涼宮ハルヒの存在をなかった物として歴史は進んでいる。」
「この時代には」
「なぜ情報統合思念体がこんなことをしたんだ?」
「それは禁則事項...」
「またそのことによって」
























#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。


情報収集

トラックバック一覧
&trackback
テクノラティ検索結果
#technorati
口コミ一覧

関連ブログ一覧
2017年08月19日(土) 2017年08月18日(金) 2017年08月17日(木) 2017年08月16日(水) 2017年08月15日(火) 2017年08月14日(月) 2017年08月13日(日) 2017年08月12日(土) 2017年08月11日(金) 2017年08月09日(水) 2017年08月07日(月) 2017年08月06日(日) 2017年08月05日(土) 2017年08月04日(金) 2017年07月31日(月) 2017年07月29日(土) 2017年07月26日(水)

リンク元
申し訳ありませんが、ref_list プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。


編集者用



ミニ編集参加(文の提供・嘘・誤字等)



出典、参考