桜が咲くときプロローグ

編集する。
カウンター -

桜が咲きかけているなか佐藤悠太は本屋に向かって歩いていた。
そのときだった。いきなり少女がぶっかってきた。
「す...すいません。」
といって立ち去っていった。