投稿小説-0001-03



上部タグ未削除




選択肢 投票
この作品はネ申 (4)
とてもよい (0)
良い (0)
普通 (0)
あんまり (0)
いまいち (0)

作品名







「実は私は百合なんだ。」
「えっ」
先輩のこの一言に私はとまどった。

先輩は、由美風 美紀といい成績優秀、スポーツ万能振られた男子の数は20人を
こえるという。その先輩の発言がこれだった。

「好きだ・・優子」

わたし上山 優子は




















リンク

内部リンク

[[]]
[[]]

外部リンク



感想

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る






#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。


情報収集

トラックバック一覧
&trackback
テクノラティ検索結果
#technorati
口コミ一覧

関連ブログ一覧
2017年08月21日(月)

リンク元
申し訳ありませんが、ref_list プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。


編集者用



出典、参考