新世紀ヱヴァンゲリヲンの登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





主人公、主要パイロット

碇シンジ

本作の主人公
初号機の専属パイロット。

惣流・アスカ・ラングレー

弐号機専属パイロット。

綾波レイ

零号機専属パイロット。

NERV関係者

葛城ミサト

NERV戦術作戦部作戦局第一課所属。
コンフォート17でシンジたちと同居している。
TV・マンガ版では序盤が一尉で後半が三佐になっている。新劇場版では最初から二佐。

赤木リツコ

NERV技術開発部所属でE計画責任者。エヴァンゲリオンの開発者で猫が好き。

碇ゲンドウ

碇シンジの父親、NERV総司令。

冬月コウゾウ

NERV副司令

伊吹マヤ

NERVオペレーター。参号機殲滅やゼルエル捕食などでは露骨に嫌がっていた。

日向マコト

NERVオペレーター。

青葉シゲル

NERVオペレーター。

加持リョウジ

NERV特殊監査部所属のスパイ。だが実際はゼーレや日本政府内務省にもつながる三重スパイ。

ゼーレ関係者

キール・ローレンツ

ゼーレの中心人物。旧劇場版・「まごころを、君に」では体を機械化していたような描写がある。

渚カヲル

正体は第十八使徒タブリス。強力なA.T.フィールドを持ち、リリスの前にまで到達した。
が、結局サードインパクトは起こさず、シンジに殺してほしいと願い、シンジに殺された。

クラスメイト

鈴原トウジ

碇たちのクラスメート。

中盤でエヴァ参号機の専属パイロットになるが、参号機が使徒に汚染された際に、

エヴァ初号機のダミーシステムによって参号機もろとも殲滅、死亡する。

ちなみにアニメ版では死亡せず、重傷ということになっている。

相田ケンスケ

碇たちのクラスメート。

洞木ヒカリ

碇たちのクラスメート。

パイロット母親、その他

赤木ナオコ

赤木リツコの母で、MAGIシステムの開発者。

碇ユイ

シンジの母で、エヴァ初号機のコアになっている。実験時に初号機に取り込まれた。

惣流・キョウコ・ツェッペリン

アスカの母で、エヴァ弐号機のコアとなっている。実験時に植物状態になった。

ペンペン

葛城家で飼われているペンギン。

背中のの部品はエヴァを開発する際の実験に使われた時のもの。
エントリープラグ挿入位置にあることから、神経系の実験に使われたと思われる。

時田シロウ

日本重化学工業でジェット・アローンの開発にあたっていた。

老教師

シンジたちの担任教師。

アスカの父

本編では登場していない。父といっても精子バンクに登録していたある天才科学者である。

アスカの義母

新劇場版登場

マリ

本名、真希波・マリ・イラストリアス。伍号機パイロットで、後に弐号機を無断で起動させ、
ゼルエルと戦闘する。が、弐号機に搭載されていたシステム、ザ・ビーストを起動させたにもかかわらず
ゼルエルに敗北した。眼鏡をかけている。

リンク

内部リンク

[[]]
[[]]

外部リンク

>
>


出典、参考