木村和昭


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

木村和昭(きむらかずあき)
丸っこい画風と、生活に密着した緩やかなネタが特徴である。
まんがタイムWEBにて作者インタビューが読める。

経歴

1979年、『べにまろ』で「週刊少年チャンピオン」第13回新人漫画賞佳作を受賞し、デビュー。
『べにまろ』は週刊少年チャンピオンで連載となり、単行本は9刊まで出ている(ただし絶版)。その後も『アンラッキー・幸子』(秋田書店、全1巻)『とらぶるマスク』(秋田書店、全1巻)などを描く。

4コマ漫画家としての活動を始めたのは、1995年のまんがタイムファミリー新人まんが展からだとされる。
まんがホーム2005年9月号から『おかあさんがいっしょ』の連載を開始。この作品はまんがタイムファミリーでも連載されている。
まんがタイム2006年8月号から、『ニホンのワカ奥様』の連載を開始。
この作品は2007年12月に著者初の4コマ単行本となっている。


作品リスト

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。