重野なおき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重野なおき(しげのなおき)
12月28日生まれ、千葉県出身。社会科教員の免許を持っている。
丸みを帯びた絵と、どこまでも活発的な作風が特徴。
2009年現在、数いる4コマ作家の中でも作品を発表している雑誌が2番目に多い
(1位は胡桃野ちの)ことでも知られる。

2006年に漫画家の藤島じゅんと結婚していたことをすくすくパラダイスで発表。
さらには一児の父であることも明かした。
またフジシマさんというアシスタントがいる(『4こまのこ』などに登場)。

みずしな孝之小坂俊史神奈川のりこあっきうら漫画家と親交がある。
特に小坂俊史とは共同で同人誌サークル「ジャポニカ自由帳」を結成、共著でふたりごと自由帳を発表しており、セットで語られることも多い。
あだ名は「アフロ」。由来は天然パーマで、数ヶ月散髪をしないと髪がもさもさになる事から。
なお妻・藤島じゅんのblogでは「マリモ」と呼ばれている。


経歴

1999年、大学卒業後に竹書房の雑誌まんがライフにて「さかさま大学ノート」を発表しデビュー。
同年のまんがライフ10月号からは『Goodmorningティーチャー』の連載をスタートさせた。

2000年からは芳文社のまんがホームで『ぼくの彼女はウエートレス』の連載を開始。
2002年からは双葉社のまんがタウンオリジナルでも『うちの大家族』の連載を始めた。
非4コマ誌では2008年現在、白泉社のヤングアニマルで『信長の忍び』を連載中。

2004年10月29日には「重野なおきスリーランフェア」と銘打って、竹書房・双葉社・白泉社の3社から同時に単行本が発売され、3冊同時にサイン会が行われた。
2007年にはふたりごと自由帳の発売に伴い、小坂俊史との合同サイン会を開いている。


作品リスト



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。