フィルムの種類


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィルムの種類
カラーフィルムはネガフィルムとリバーサルフィルムに分類される。  
 ネガフィルム(ネガ)は一般の方が使うフィルムで、被写体の色や明暗が反転して表現され、 *5ラチチュード は広いので一般の方でもよっぽどの事がない限り失敗はしない。プリント時に色の補正がしやすいが、逆に自分の意向が反映されにくいという側面がある。一般の写真店でスピーディーにフィルムの現像とプリントができる。高画質。  
 リバーサルフィルム(ポジフィルム)は被写体の色がそのまま再現される(フィルムの見た目がカラーということ)。プロやハイアマチュアが使用することが多い。写真にプリントするだけでなくスライドとしても利用される。ラチチュードが狭いため正確な露出が要求され、適正露出が得られなかった場合、プリント段階での補正は難しい。適正露出が得られれば、非常に鮮やかで超高画質で美しいプリントができる。フィルム現像はフィルムメーカーの現像所か現像可能な写真店で行う。前者が一般的だが、急ぎの場合は後者で行う。ネガフィルムより時間と手間がかかる。また、フィルムの値段は高く36枚撮り1本を単品で買うと800~1000yenする。まとめ買いしないとやってられない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|