絞り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絞り

絞り
レンズ内にある光量をコントロールする穴のこと。撮影では絞りを変えることによってレンズを通る光の量を変えることができる。絞りには他に 被写界深度 を変える役割がある(重要P)。絞り目盛り(F)の最大と最小はレンズ(の性能)によって違う。
最小:F1.? F2 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22 F32:最大。
数字が小さい絞りほど穴が大きくなり、光を多く通す。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|