被写界深度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

被写界深度
ピントの合う範囲のこと。ある距離にピントを合わせたとき、その距離にある被写体が鮮明に写るだけでなく被写体の前後もある範囲は鮮明に写る。被写界深度の性質として、 (1)レンズの数字の大きい絞りを使用するほど被写界深度(ピントの合う範囲)は深く(広く)なり、小さい絞りを使うと被写界深度(ピントの合う範囲)は浅く(狭く)(ボケが強くなるということ)なる。
(2)被写体との距離が遠いほど被写界深度は深くなり、近いほど浅くなる。 (3)被写界深度はピントを合わせた位置の前方は浅く、後方は深い。
(4)レンズの焦点距離(24mmだの100mmだの、??mmのこと)が短いと深く、長いと浅い。
例)ポートレート(人物を撮る)の場合、小さい絞りを使用し背景の余計なものをぼかして処理することにより人物のみにピントが合うことになり人物(撮りたいもの)を強調することができる。 逆に風景など画面全体にピントを合わせたい場合は大きい数字の絞りを使用する。
被写界深度は写真においてとても重要。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|