メニュー
Wiki内のメニュー

共同企画

ファントム無頼サイト(一部女性向)


   …ジャンル替:Idd.(三国志大戦)

公式



上に行く程最近追加したリンク先様になります(現在増やし中)。
「様」を勝手に追加。不備があれば「編集」タブから入って作業をしていただけると助かります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Secret Base


 「今日は風がきついな。」
 それは二人して基地の外周をジョギングしていた時の事だった。
 丁度ランウェイのエンド付近を通り過ぎる場所で、周囲はだだっぴろく開けていて、その強い風を遮るものは何もなかった。
 その先には大きな窪地があって、それを避けるように外周道は大きく基地の外柵の方向へ曲がっていく。
 「うわっ…と、やべ。」
 それまで栗原の体一つ分くらい前を走っていた神田が、そう言って大きく外周道を反れて窪地の方向へと下っていった。
 見ればその先に白い細長いものが風に煽られて、地面から浮いたり転がったりしながら神田の2~3メートル先を舞っていた。
 どうやら神田が首から掛けていたタオルが風に煽られて、吹き飛ばされたらしい。
 仕方がないので、栗原も足を止めて神田がそれを無事に捕獲して戻ってくるのを待つ事にした。
 神田はなかなか戻って来なかったが、随分と向こう側まで飛ばされたタオルはようやく小さな木の枝に引っ掛かってそこで止まっていた。
 それならば、もうすぐ戻って来るだろうと、栗原は神田のいる窪地の方向から目を反らして、反対側の外柵沿いに目をやる。春一番の風はなかなかに冷たいが、空気はもう随分と穏やかに暖かくなってきていて、外柵沿いの緑も空の色ももう冬の色をしていない。基地の桜ももうほどなく蕾をつけ始めるだろう。冬の駆け足は辛いが、これから走りやすい季節になる、なまっていた体力を取り戻すにはいいかもしれない、とそんな事を考えていた時。
 「おーい、栗ー、来てみろよ。おもしれーぜ。」
 と、遠くから神田の叫ぶ声がして、栗原はその方向を見た。
 見れば神田はまだその窪地の、しかし今度は中央ではなく斜面よりのすこし見えにくい位置にいて、そこで手にしたタオルを大きく振って栗原を呼んでいるのだ。
 はやく戻って来いと言い掛けたが、あまり熱心に神田が手招きするので、仕方なく栗原も道を反れてそこに降りていった。
 「何してんだよ、神さん、日が暮れちまうよ。」
 言いながら栗原は一番早くそこにたどり着けるようにと急な斜面をすべり降りる。そこから神田の居る場所まではさらに1メートル程の段差があったが、そこを栗原は難なく飛び降りた。
 神田はここに辿りつくのに反対側の広くなだらかな斜面側を随分と走ってきたのだが、そうやって近道してみると随分底が深くなってはいるが外周道からはそう離れた場所でもなかった。
 「いいから、見ろよ。すげぇぜここ。」
 神田が指差した場所を見ると、そこには大きな空洞があった。
 と言っても天然の空洞ではなくて、誰かが窪地の側面沿いに人が入れる横穴を掘り、そして崩れないようにと壁面にご丁寧に土嚢まで積み上げられた立派なものだ。
 よくよく見ると、それは随分昔に作られたものらしく、土嚢の上には吹き込んできた泥や砂が随分と堆積していたし、そして所々袋の網目をぬって雑草が顔を出していた。
昔 の隊員が演習用に作った掩体なのだろう。もう何年も使われた形跡はなくて、神田も始めて見るのだから、基地の隊員のほとんどはここの存在を知らないか、知っていても大半は忘れているのに違いない。
 「あ、おい。」
 栗原が止めるのもきかず神田はてくてくとその中に入って行こうとしていた。
 横穴、とは言っても人が2、3人が小銃を抱えてうずくまるようにして隠れる事ができるくらいの場所なのでそう広いわけでもない。入ろうとするにはかなり身を屈める必要があって、神田は入り口で足をとめる。
 「なー、栗ぃ。」
 神田は振り返って栗原を呼んだ。また手招きをしているので栗原も仕方なくその隣に足を進める。
 「なー、いいよな、ここ。ここに秘密基地作ろうぜ。」
 童心に返ったのか、神田はひどく嬉しそうで、そして興奮していた。
 「ばか。そもそも基地の中だぜ?その中にさらに基地作ってどうすんだよ。」
 「じゃあ、隠れ家でもいいや。」
 「どっちでもいいけど、神さん何に使うのさ、こんな所。」
 その栗原の言葉に、それまで嬉々としていた神田が一瞬だけ真顔になった。
 「いや、独りになりてぇ時ってあるだろ?たまにさ。」
 そう言って、神田は彼にしてはめずらしいくらいに言葉を濁す。
 「独りに、ねぇ。」
 始終一緒の自分を前に酷い事を言うものだ、と栗原はため息まじりにそう相槌を打つ。
 「別に栗と居るのが嫌ってわけじゃねぇぜ?ほら、戦競でミスった時とかさ、ターゲット一つ見逃した時とかさ、訓練中に無茶やって司令に怒鳴られた時とかさ。」
 「そんなもんかねぇ。」
 「誰が悪いわけでのねぇし、俺だけ悪いってわけでもねぇし。でも誰にも当たるわけいかねぇし、俺だけ沈みまくって誰とも話したくなくて、んでそんな俺を誰にも見られたくなくて、独りになりてぇのさ。」
 そんな事を言いながら、神田はその横穴に顔を突っ込んで中を検分している。
 神田はたまに栗原から見れば突拍子もない言動をする事があるが、どうやら今回も本気らしい。
 「で、神さん。そこに俺の入る余地はありそうかい?」
あまりにも神田がそれに夢中なのと、さっきの神田の発言へのやっかみもあって、栗原は神田の背中に向けてそう声を掛けた。何となくそこが神田の精神世界で、その中で自分が 拒絶されてしまうような、そんな朧げな不安があったのかもしれなかった。
 「わかんねぇけど、栗なら大歓迎だぜ?」
 と、その小さな不安はとりあえず神田の能天気な返事に払拭されたのだったが。




 それから数日後の事。
 「ホントにここに居るとは思わんかったぜ。」
 飛行服にジャンパー姿の栗原がそこに顔を出した。手には神田の分のジャンパーを持っている。
 「何も言わずにそのまま出て行きやがって。そこじゃ寒いだろうよ。とりあえずそれ羽織んなよ。」
 そしてそれを神田に向けて放り投げた。
 その日の飛行訓練は神田にしてはミスの連続だった。めずらしいくらいにターゲッティングと旋回のタイミングが合わずに、一番機でターゲットを追っていた筈が、栗原に何度も誘導のやり直しをして貰ってもたついているうちに、後から来た機にターゲットをもっていかれるという、彼にしては屈辱に近い失敗だったのだろう。
 本来ならこういう時にこそデブリをきっちりとやって次に備えるべきなのだろうが、神田はそのデブリの時もうわの空で、仕方が無く栗原が早目にそれを切り上げられるように持って行ったのだが、そのデブリが終了した後、神田の姿は飛行隊のどこにも見えなくなっていた。
 ロッカーの中は制服が残されたままで帰った形跡はなくて、栗原は見当をつけて防寒具を片手に神田を向かえに来たのだった。
 栗原が放ったジャンパーは、神田がそれを受け止めるでもなくパサリとその座り込んだ膝の上に落ちた。
 その衝撃に、はじめて栗原の存在に気づいたように神田は顔を上げた。
 「神さん、いつまででもそこに引き篭もってくれてていいけどさ。風邪引かれると困るから、ちゃんと上着は着なさいよ。」
 向かえに来たのはいいが、神田が動くつもりがないと悟ったのか、それだけ言って栗原はそこを立ち去ろうとした。
 神田が独りになりたい、というのならそうさせてやった方がいいのだろう、と。別にいつでも二人一緒に居る必要もないし、その方がむしろ不自然なのだ。共有できない部分があっても、それはそれで仕方のない事だ、と。
 「あー、待ってよ栗ぃ。」
 立ち去る栗原を神田が呼び止める。
 「何さ?」
 振り返ると、神田が寂しそうに栗原を見ていた。栗原がサングラスを外すと、神田と目が会う。
 「なんだよ、そんな顔されたって、俺はそこには入らねぇよ、神さん。イジイジ引き篭もるのなんて、付き合いたくもねぇ。」
 神田の目を見て、栗原はそう言った。
 結局神田は栗原を必要としているのだろう。本気で独りになりたいと思ってみたところで、そこから出て行くきっかけを栗原に求めているのかもしれない。
 「ホレ、とっとと出てくるんなら愚痴でも酒でも付き合ってやるぜ?」
 言いながら神田の方へ手を伸ばすと、神田の手がそれを捉えた。
 栗原が引っ張り出そうとすると、神田が同じ力で栗原を引き込もうとしているのか、不思議な力の均衡があってそのまま時が止まる。
 「俺さ、いつもこうやって栗に迷惑ばっか掛けてるからさ。」
 神田がポツリとそうつぶやく。
 「あぁ、全くだ。もう慣れっこになっちまって一々気が付きもしねぇけどよ。」
 「だから、ちゃんと独りで解決しようと思ってさ。一人で居て色々考えたけどダメで。そしたらまた栗に世話かけちまったしな……。」
 神田がそんな事を言い出すのは初めての事で、彼が未熟な部分を脱ぎ捨ててオトナになろうとしているとでもいうのだろうか。
 それならば、神田は今でこそこうして栗原の手を掴んで離さないけれども、神田が自分を必要としなくなる日が来るのも近いのかもしれない、と。それを少し寂しく思うのだった。
 それでも、それはまだ先の事で、今はまだとにかく神田には自分が必要なのだ、という事もわかる。神田が独りになりたかった理由が、自分に迷惑をかけない為だと言うのだったら。
 「そう思ってんなら、グダグダ言ってねぇでさっさと出て来い。」
 ふと、力の均衡を破るように栗原が神田を引っ張る手に力を入れると、そのままその均衡は崩れて神田の体がその横穴から引っ張りだされた。
 「ほれ、暗くなる前に帰ろうぜ。」
 ようやく神田を引っ張りだして、そしてその手を振りほどいて栗原は先に歩き出そうとする。けれど、今度は神田がその手を離さなかった。
 そのまま手をつないだままで歩き出そうとする。
 「神さん、何やってんの。」
 「いーじゃん、ちょっとくらい。」
 「しょうがないボウヤだねぇ。ショップが見える頃にはちゃんとお手手離しなさいよ。あ、それと神さん。」
 「何?」
 そうやって栗原に甘える事で安心したのだろう。神田はようやくいつもの彼に戻ったようで、今度は先に立って栗原の手を引っ張るようにして歩き出していた。
 そんな現金な神田に、栗原はちょっと意地悪をしてみたくなる。
 「昼間言い忘れたんだけど、あそこの窪地、ヘビがイッパイいるらしいぜ?」
 「うげっ、ヘっ…ヘビ?」
 栗原の言葉に神田は思わずそう叫んで繋いでいた手を強く握り締めた。
 「いてっ、いてぇよ神さん。ったく、しょうがねぇな。」
 「栗、俺もうあそこ行かねぇ。」
 栗原の手を強く掴んだまま、そう高らかに宣言する神田に、栗原の口元からは、くくくっと押し込めたような笑い声が漏れる。
 「あー、笑うなよ、栗っ。」
 「いや、あんまり神さんの反応が素直だからさ、あー、おっかしい。」
 夕暮れ近い外周道は人通りもなくて、そこからショップにたどり着くには随分遠くて。二人繋がった長い影はそのまま道路脇の芝生へと溶け、そして二人の楽しげな談笑は、幾分穏やかになった春の風の中に溶けて、そして空へと舞い上がっていくのだった。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー