メニュー
Wiki内のメニュー

共同企画

ファントム無頼サイト(一部女性向)


   …ジャンル替:Idd.(三国志大戦)

公式



上に行く程最近追加したリンク先様になります(現在増やし中)。
「様」を勝手に追加。不備があれば「編集」タブから入って作業をしていただけると助かります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Winter Comes Around...?


 「うー、冬服になってよかった~。」
 これから出勤しようと着替えを始めた時、神田がそんな風に能天気な声をかけてきた。そんな神田はいつもどおりにギリギリになるまで身支度をせず、まだ机の上で朝刊を広げている。
 「そうかねぇ。重いし暑いし、ネクタイ締めるのも一苦労ですぜ?」
 俺はワイシャツに腕を通し終えてそう答える。そんな俺の仕草を神田はじっと見つめている。
 「いやー、だってさ・・・。」
 「だって、何よ?」
 「ほら、夏服だと栗の首すじとか鎖骨とか二の腕とか見えるだろ?すげぇ、ドキドキしちゃって・・・。」
 「神さん、あのねぇ・・・。」
 「んで、危うくムラムラしそうになるんときたもんだ。」
 「ヘンタイ・・・。」
 「・・・だって・・・。でもついでに言うと、着替え中っていうのもドキドキする・・・。」
 「あっち向いてろっ。」
 そんなやりとりの後、しばらく沈黙が流れた。
 だけど、神田は着替え中の俺から目をを逸らそうとしない。わかったよ、そんなに見たいなら見せてあげるってのに。それに見慣れなきゃ、これからどうやって二人で生活していくのよ?
 「わかった、これで免疫をつけんさい。」
 そう言って、俺は神田の方に向かって、ワイシャツをはだけて思いっきり肩を露出するポーズをとってみた。こうなりゃヤケだ。




 「どう?」
 「・・・・・・。」
 沈黙するなよー。
 「く・・・栗ぃ~、さ・・・触っていい?」
 「だーめ。」
 こんな朝っぱらから、ダメに決まってる。
 ・・・いや、朝じゃなくったってダメだ、今のところは。
 なんでそこで涙目になるかな、この人は。いじけてないで出る支度をしてよ。俺まで遅刻のとばっちりなんてごめんよ。
 しょーがないな。
 「そのうちにね。」
 ウィンクをしながらそう言ってみる。
 「やったぁ~。」
 神田の顔がぱっと輝いた。
 うれしそうな顔を見るのも悪くないもんだ。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー