メニュー
Wiki内のメニュー

共同企画

ファントム無頼サイト(一部女性向)


   …ジャンル替:Idd.(三国志大戦)

公式



上に行く程最近追加したリンク先様になります(現在増やし中)。
「様」を勝手に追加。不備があれば「編集」タブから入って作業をしていただけると助かります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冬物語


 「なんか気分乗らねぇなぁ・・・。」
 「そうですね。この面子ですからね。」
 「しょうがないだろう。こうやってのんびり羽を伸ばせるだけでもありがたいと思えよ。」
 神田のボヤキに西川が迎合して、それに栗原が異論を唱える。そんな様子をキョロキョロしながら水沢が見ていて、けれど意外に利口な彼は生半可には口を挟まずに成り行きを見守っている。
 「何に不満があるってんだ。スキーだってしたし、温泉だって入っただろ?それで酒と上手い料理があって、その上何が不満なんだ。」
 そう言って栗原は、めずらしくも飲みモードで、手にしていたグラスから冷酒を口に運ぶ。いつものメンバーという気安さと、例え神田が酔いつぶれても運ぶ必要がない状況が彼をそうさせていた。
 4人が居るのは山間の温泉旅館で、温泉そのものはそれほどウリにはしていないのか簡素なものだったが、料理が上手く、日本酒も地酒のいいのが揃っているのが自慢で、泊りがけの宴会などにはもってこいの宿だった。
 そこを訪れたのは冬季野外行動訓練という名目の、飛行隊がヒマな時に行われるスキー旅行の為で、アラート待機も考慮して前段と後段とにわけて行われる。年度末近い2月の中旬になって、もう年度内に使える訓練弾も撃ちつくし、航空機燃料も底を尽きかけた今の時期、できる事と言えば体力向上のための訓練しかない。
 前段のグループは基地司令や飛行隊司令も参加しての大掛かりなものになったが、その期間のアラート勤務者救済措置としての後段は規模も貧相で、旅館や料理の質こそ落とされてはいないものの、全体の人数も少なくて大掛かりな宴会なんかはできない状況だった。
 それも間の悪いことに、この4人と一緒になった別のアラート班は、非常に馬の合わない連中だったし、一緒に来る筈だった担当の整備小隊も、突発のアンスケジュール整備が入ったおかげで結局不参加になってしまった。結局そんな状態で一緒に宴会なんかしても・・・という事になって、夕食は個別に部屋で、ということになったのだ。
 「栗原さんは欲がなさすぎるんですよ。」
 めずらしく西川がそう言い返す。こちらもだいぶ酒が進んでいた。
 それをちらっと見て栗原は、
 「自分で動かなくても、風呂は湧いている、料理は出来ている、布団も敷かれている、この状況が贅沢でなくて、なんだっていうんだ。」
 とそう言ってグラスの中身を飲み干して、空になったそれをお膳の上に置く。
 「いや、だってそれは神田さんが悪いんでしょうよ。」
そこにすかさず同じ日本酒を注ぎながら、西川がすべての矛先を神田に向けようと画策する。ソツのない行動だ。
 「俺かよ。」
 「神田さんでしょ。」
 「そうだ、神田が悪い。」
 「そうですよ、栗原さんもそう言ってるじゃないですか。」
 「だってよ。俺が風呂沸かしたら、湯加減がイマイチって言われるし、布団を敷かせちゃあ、枕のふくらみ具合が良くないって言われるし、料理なんてましてもっての他なんだぜ?あれこれ文句ばっかり言われる俺の身にも・・・。」
 と神田は反論するが、
 「・・・それはきっとできない神田さんが悪いんです。」
 と水沢から妙にキッパリと言われて黙らされた。
 西川といい、水沢といい、完全に嫁の尻に敷かれている男の思考回路になっている。
 「なにおぅ。俺だって風呂掃除してるし、朝のゴミ出しだってやってるし、週末になれば買い物袋だって栗の倍以上持ってるんだ。何に文句がある!」
 とそう反論する神田だったが、西川と水沢の声の揃った、
 『んなの、当たり前です。』
 の言葉に完全に黙らされた。
 それでも、いつものメンバーの気安さからか気まずい雰囲気にはならないままで、話題が隊での些細な笑い話や他の基地の噂話になってくると、だんだん盛り上がってきて、酒の量もそこそこに笑いが耐えない宴になっていた。
 最初に潰れたのは水沢で、それに続いて、神田と飲み比べるように注しつ注されつをしていた西川が倒れる。意外に飲んでいても平気なのが栗原で、
 「しょうがないなぁ。」
 とそんな言葉を呟きながらその二人を布団の敷かれた部屋に引きずっていって、きっちりと布団に押し込んだ。
 そして飲んでいた部屋に戻ると、神田が隅のほうで、お湯の入ったポットを前にごそごそしている。何だろう?と思いながら栗原がもとの席に座りなおすと、お盆を手にした神田がやってきた。
 そこには湯呑みが二つと急須が置かれている。
 「・・・茶、飲む?」
 とそれをお膳の空いたスペースに置きながら神田がそう尋ねると、
 「うん、貰う。」
 と栗原も素直にそう言って、そのお茶が注がれた湯呑みを手にした。
 向かい合った位置で、しばらくそうやっていて、そして神田のほうから口を開いた。
 「あのさ・・・、俺ってそんなに役立たず?」
 そう尋ねてくる神田に、栗原は、
 「そんな事ないさ。ちゃんとゴミだって分別できるようになったし、捨てる日だって覚えただろ?今だってちゃんとお茶も入れられるし、随分成長したと思うよ。」
 と笑ってそう言う。
  別にバカにしているわけではなくて、自分が引っ越してきたばかりのゴミ溜めのような部屋とそれに見合った神田の生活態度から比べれば格段の進歩なのだ。
 「じゃあ、もうちょっと頑張って布団くらいちゃんと敷けるようになろうかな。」
 何か含むような神田のその言葉に栗原は、
 「寝心地が良さそうだったら一緒に寝てやるよ。」
 と揶揄するようにそう請合った。
 「帰ったらな。」
 とそう付け加える栗原に、神田も苦笑する。
 「心配すんな、ここで襲うほど見境いないわけじゃねぇから。」
 と。
 そして、
 「呑みなおすか?」
 と傍らの一升瓶の蓋を開けようとする神田に、
 「いや、明日があるからな。神さんが飲むんなら、俺はお茶にするよ。」
 とそう言う栗原に、神田は、
 「じゃあ、俺が入れてやるよ。」
 と、急須をとって立ち上がった。そして神田が戻ってきて栗原の湯のみにそれを注ぐと、今度は栗原が手にした一升瓶を神田の前のグラスに傾けてくる。
 「神さんは気にせず飲みなよ?つぶれたらちゃんと布団には連れてってやるから。」
 とそう言いながら。
 「お前、ホント苦労が耐えないよな。」
 「お蔭様でね。」




 そして次の日になって。
 「栗ー、露天風呂行こうぜ、露天風呂。」
 「はいはい、元気だねぇ、神さんも。」
 スキーとは言え、訓練は訓練なのでそれなりに体力にも負荷がかかる。呑み会明けのスキーにぐったりしている栗原の所へそう言いながらやって来た神田はとい言えば、そんな疲れをまったく見せていない。
 「温泉はいいねぇ。」
 と二人が向かったその露天風呂は展望風呂になっていて、夕映えの景色が一望できる。左手にはさっきまで滑っていたスキー場の白いなだらかな斜面が夕日にオレンジに染まっていて、そこから左手は山の斜面が切れて、少し遠くの街の灯が暗くなりはじめた空間にちらちらと点り出していて、なかなか幻想的な風景だった。
 そして、その露天風呂には二人っきりだ。
 丁度お誂え向きに岩風呂のようにもなっていて、入り口からは身を隠せるようにもなっていた。
 「そうだねぇ。これで誰かさんの下心が見え隠れしてなきゃね。」
 とすぐにその思惑に気づいた栗原が最初にそう釘をさした。
 「あ、やっぱダメ?」
 「人が入ってきたらどうすんだ、お前。」
 とそうたしなめてみるものの、これから真っ暗になろうとしている夜の露天風呂に入って来ようとする酔狂な人間もそうそういるものでもなくて。
 「だってよ、昨夜のあの布団の配置はないだろ、お前。」
 「とりあえず安全策をとらせてもらったまでだよ。」
 部屋に布団を敷いたのは、この旅館の仲居さんだ。栗原に罪があるではなく、4人部屋の4組の布団は4つきれいに並べられて敷かれていた。
 栗原は、西川と水沢を引きずっていったときにその4組の布団の真ん中二つに二人を寝かせたのだった。丁度神田と自分の距離が一番離れるように、と。
 「俺がそんな見境のない男だと思うか?」
 「誰かさんは、俺の布団に必ず入ってくるクセがあるみたいだからね。それに・・・。」
 とそこでいったん言葉を区切って、栗原は水面に隠れた神田の身体の変化を指摘して続けた。
 「今も既に見境なくなってるだろ?」
 と。
 「あー・・・、いや、なんとか静めるから。」
 そう言って苦笑する神田に、栗原は、
 「俺、居ないほうがいいだろ?中で待ってるから、おさまったら戻って来いよ。」
 とそう言って立ち去ろうとする。
 だが、神田は腕を掴んで強引にそれを止めた。
 「うー、居てくれ。居てくれたほうがいい。」
 とそんな神田に栗原が、何で?という顔をして見せると。
 「だって居なくなると色んな事想像しちゃって、余計ダメそうだから・・・。」
 「しょうがない人だな。」
 「だから、何か小難しい話でもしてくんない?」
 「じゃあ、物理法則と飛行理論の関係について講義してあげるよ。」
 「・・・物理・・・。それいい。最高に萎える、オレ。」
 と、そんな会話があって、ようやく神田のほうも火照りが冷めたようで、
 「じゃあ、上がるか?」
 とそう栗原に訊かれて、
 「出る前にキスだけさせてくれ、明日までもたん・・・。」
 とそんな余裕を見せる。
 栗原はそんな神田に困った表情を見せて、
 「いいけど・・・、神さん気づいてない?後ろ。」
 とそう言って、神田の背後を指差した。
 「へ?誰かいるのか?」
 「誰も居ないけど・・・見ればわかるよ。」
 とそう言われて、神田は後ろを振り返った。
 「あっ、ファントム。」
 神田の背後の遥か向こう、2機編隊の飛行機が飛んでいた。夜空で機影は見えないが、ライトの点き方と位置でそれがF-4シリーズの機体だとわかる。
 「ナイトフライ中の三沢の機体だろうけど、もしかして訓練帰りのRFだったりしたらかなりヤだろ?」
 「・・・偵空か。露天風呂のある温泉近辺でしょっちゅう訓練してるからな、あいつら。活火山の動向観測だか何だか知らないけど、そこいらの温泉で写真とりまくってっからなぁ・・・。」
 と神田は上空で旋回でもしているかのように、中々視界から消えないその機体を恨めしそうに見上げた。RFに搭載されている赤外線カメラは優秀だ。その気になればこの辺り一帯の露天風呂の様子を鮮明に撮ることだって出来るに違いない。
 「早くどっか行ってくれねぇかな・・・。」
 「さっきからずっと飛んでるんだよね。もしかすると司令だったりしてな。」
 「・・・そんな視察の仕方ってアリかよ。」
 「神さんがよほど信用できないんじゃないの?どっかで女湯覗いてるかも、とかってさ。」
 くくくっと笑いながら栗原がそう言う。
 「バカいうなよ。オレにだって良識くらいあらぁな。でも・・・栗が一緒でなきゃそうしてたかも。」
 「しょうがない人だねぇ。ま、これじゃ落ち着かないし、あがろうよ神さん。そろそろメシの時間だろうし。」
 「そうすっか。」
 と、そう答えて立ち上がろうとした神田だったが、
 「あ、神さん、ちょっと待って。」
 と栗原にそう言われて立ち止まる。そしてそう言った栗原は神田の腕を掴んで、そこから少し先の岩場へと移動させた。そして、
 「続きは明日な。」
 とそう言って、神田の肩に手を置くと、そのまま抱きつくように身体を寄せて、そして顔を近づけて軽く唇を重ねた。
 そこは丁度、岩場の陰になっていて、きっと上空を旋回しているファントムからも、たとえ高性能カメラを使ったところで、陰になって見えない位置を上手く選んでいるのだろう。
 「栗っ・・・、お前またそういう事を・・・。」
 「ちゃんと明日家に帰るまで我慢できたら、思う存分いい思いさせてやるから。」
 煽られて神田は抗議するが、栗原の方が一枚上手だ。
 「思う存分って・・・本当に?」
 「そ。俺も我慢してるからね。神さんに中てられちゃって、ホントはかなり・・・しちゃいたい気分だから・・・。」
 くすっと笑って、神田の鼻先に軽く口づけて、そして栗原は先に湯から出る。
 そして神田の方はと言えば、そんな栗原に翻弄されて、またその場から動けない状況に陥っていた。
 「栗・・・、ひどい・・・。」
 そんな呟きもむなしく夜は更けていき、いつの間にか上空にいたファントムも影を消し・・・、神田は一人岩場で妄想と戦い続けていた・・・。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー