777 @Wiki トップページ > 2006年04月03日 > 桜の滝流れ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


take です。

寒風吹きすさぶ中、お堀沿いの桜を見てきました。


4月といえどまだまだ風に寒さが宿っていて、
キリリンと昇った三日月が肌寒さを倍加させやがる凛とした夜で、
ポケットに手を入れて温めてあげないと、寒さにミギー化しそうだったんだ。
タニシのように堀沿いにびっしり集まった花見観賞の人々も、
口々に「さみぃー」を連呼。
こういう日こそ、ふくのヒレ酒自動ホット缶の本領発揮ですよね。

寒さに打ちひしがれる御仁達を横目に、
四ツ谷から市ヶ谷まで歩いたところで、凍てつく身体を溶かすべく滝にダイブ。
養老という滝へ。


寒い日は熱燗もいいけど、
たまには焼酎お湯割(梅干入り)も美味しいのう。
モロキュウ&ウメキュウも、ウマー。


カテゴリ: [Alcohol] - TrackBack(0) - 2006年04月03日 23:50:12
  • おお,お堀沿いはまだ桜がモッサリですか.桜 vs 梅割は,梅割に軍配が上がってしまうんだ. -- maf (2006-04-04 12:32:04)
  • 17ゲーム差くらいの梅割圧勝なんだ。ぬる燗vs梅割は、0.5ゲーム差で接戦しているんだ。 -- take (2006-04-04 16:05:17)
名前: コメント: