777 @Wiki トップページ > 2005年10月09日 > ファンタスティック・フォー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
take です。

銀座にて映画「ファンタスティック・フォー」を観ました。


4人の普通の人間が宇宙線を浴びてDNAに変化が起こり、
並みならぬ能力を授かり、悪に立ち向かう勧善懲悪のヒーローもの。

① 身体がゴムのようになり、伸縮自在に。
② 周囲の光を自在に操れ、透明化も。
③ 身体から炎を発火でき、空をも飛ぶ。
④ 全身岩石人間となって、怪力の持ち主に。

こんな4人。
アメコミものにありがちな設定で、ご都合主義な展開でもあったけど、
鑑賞後はスカッと爽快! かなり楽しめました。

透明人間はお決まりの女性役だけど、


Mnnn.
じっくりパンフの写真を見ると、呪怨クラスの不気味さではないですか!
貴女、本当に正義の味方…?

さらにこんなイケイケなTシャツも販売しているようです。


こ、これは中学生の体育着??
2800円は、ボタクリすぎな気がするのはボクだけでしょうか。
それにしても、胸の「V」マークがまぶしすぎます。



カテゴリ: [Movie] - &trackback- 2005年10月09日 22:15:00
  • サンダーブイだ !! サンダーブイに間違いないんだフォーゥ !! しかしその写真は完全にホラー映画のソレですな.-- maf (2005-10-10 00:00:08)
名前: コメント:
#blognavi