777 @Wiki トップページ > 2006年06月08日 > 石焼きビビンバ太郎

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

plugin_blognavi is not found. please feed back @wiki.
take です。

蒲焼さん太郎と、酢だこさん太郎。


駄菓子界のアダムとイブともいえるこの商品。

禁断の果実をカジりやがったビックリマンチョコが、
30円から80円に値上がるというサプライズにも動じず、
【 わしらは10円でいいべー 】
袋からそんな声が聞こえてきそうな謙虚な姿勢が、
世代を超えて愛され続けている所以なのでしょうか。
さて、
この太郎シリーズには、
maf さんが愛してやまない「わさびのり太郎」や
「のし梅さん太郎」といった同胞もいるわけですが、
先日、
こんな太郎さんを見かけました。


石焼きビビンバ太郎。
今まで見たことなかったので、感激しちゃった。

知ってた?
珍しくない?


カテゴリ: [Food] - &trackback- 2006年06月08日 23:50:42
  • 初めて見たー !! 味はどうなの ? どうだったの ? 他にどんなのが出てるのか気になってキター. -- maf (2006-06-09 10:07:35)
  • エグイデザインだね.俺は「焼肉さん太郎」が大好きだったよ -- y-ta (2006-06-09 12:37:33)
  • 勿体無くてまだ食べてないんです。袋には「辛くてウマいよ!」と。今夜食べてみる!「焼肉さん太郎」あったねぇ。袋が金色のやつだったよね。 -- take (2006-06-09 13:08:12)
  • ビールに合う辛さでした。近所のコンビニにモッサリ置いてあるので、今度大量購入してみんなに振舞います.笑 -- take (2006-06-13 12:50:23)
  • 先生 !! 気持ちだけありがたく...笑 -- maf (2006-06-13 13:59:06)
  • 全然珍しくなぃんぢゃネ?? -- 匿名 (2008-06-15 18:55:34)
名前: コメント:
plugin_blognavi is not found. please feed back @wiki.