777 @Wiki トップページ > 2006年08月17日 > ゲド戦記

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


take です。

映画「ゲド戦記」を観ました。


子ども時代に見た、ラピュタ、ナウシカ、魔女の宅急便には
ずいぶん影響を与えられました。
宮崎駿の息子・宮崎吾朗の第一回監督作品ということで、
とりあえずチェックだ。


この構図、ナウシカ?


この俯瞰、魔女の宅急便?

服装や、動物、空、街並みは、ジブリ色そのまま(当たり前か)。
やっぱりジブリだなー、とホッとする一方で、
斬新に変えても良かったのにとも思ったりもした。
主人公のキッとした強い表情に、宮崎吾郎の色が濃く出ているところに注目です。

内容に関しては、叩く意見が多くあるようですが、
処女作の内容を、あーだ、こーだ、批判するのは酷というものでしょう。
みんなもっと寛大にみようじゃないですか。
小説でも何でもそうですが、第二回作品が最も素質を問われるところ。
次回作、期待してます。
周囲の声に負けず、頑張れ吾朗!



ここ数年のジブリ映画に対して思うことを少し。

本作も含めた、最近のジブリ映画の声優陣。
岡田准一、木村拓也、石田ゆり子、、、などなど、
声優役にタレントを起用するのは、もういい加減やめた方がいい。
プロの声優に全てを任せたほうがいい。
良い作品を作りたいのなら、そうであるべき。

抜擢したタレントの声質がいくら良いからといっても、所詮は畑違い。
プロの声優の力量には足許にも及んでませんから。


カテゴリ: [Movie] - TrackBack(7) - 2006年08月17日 23:50:58
名前: コメント: