三階建の詩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


曲名 作詞 作曲 編曲
1(A1) 人生は流行(はやり)ステップ? 山田つぐと 南こうせつ 石川鷹彦
2(A2) 22才の別れ? 伊勢正三 伊勢正三 瀬尾一三
3(A3) あの日のこと? 山田つぐと 山田つぐと 石川鷹彦、木田高介
4(A4) 南風知らん顔? 伊勢正三 南こうせつ 石川鷹彦
5(A5) 君がよければ? 山田つぐと 山田つぐと 瀬尾一三
6(A6) 赤ちょうちん? 喜多条忠 南こうせつ 石川鷹彦
7(B1) 雨に消えたほゝえみ? 喜多条忠 南こうせつ 木田高介
8(B2) うちのお父さん? 南こうせつ 南こうせつ 南こうせつ
9(B3) なごり雪? 伊勢正三 伊勢正三 瀬尾一三
10(B4) おまえのサンダル? 喜多条忠 南こうせつ 木田高介
11(B5) この季節が変われば? 伊勢正三 山田つぐと 木田高介
12(B6) こもれ陽? 山田つぐと 山田つぐと 瀬尾一三

南こうせつ「われわれ一人ずつが一階で、三人のうち一人がかけても三階建ての建物ができないという意味です」


レビュー


「神田川」で大ブレイクを果たし、同路線のシングル「赤ちょうちん」でもヒットを放った彼らが、「南こうせつとかぐや姫」から「かぐや姫」とグループ名を改め、満を持してリリースした4枚目のアルバム。

アルバムが売れることはわかっていた。そこで、リーダーの南こうせつが「メンバー全員に平等に印税が入るよう」平等な曲作りを提案し、伊勢正三、山田パンダの二人にも曲作りのノルマを課した。その結果、「22才の別れ」「なごり雪」という名曲を世に生み出した。