※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3月下旬、事件は起きてしまった。

 

4月から外回りになると、帰りも遅くなり、今までのように週に2回も3回も遊ぶことができなくなってしまう。やがて2人の関係も疎遠になってしまうだろう。そう考えた僕は、無謀にも2つ目の方法、つまり彼氏からあの子を奪おうと考えたのだ。

 

しかし、やはり作戦は失敗に終わった。性急で稚拙な手では、彼女の心をこちらに向けることはできず、恐れていた事態が起きてしまった。2人の関係に亀裂が入ってしまったのだ。

 

社内ですれ違っても挨拶はぎこちなく、以前のように突っ込みを入れてくれることもない。仕事も手につかず、苦悩の日々が続いた。しばらくは悪夢の連続だった。そんな状況であったが、6月頃には週に1度は遊びに行くくらいには回復していた。失ったささやかな幸せが戻ってきたようで、ただ嬉しかった。

 

そんな中、7月上旬に第2の事件が起きた。

 

夏という季節の気まぐれなのか、彼女の方から温もりを求めてきたのだ。僕は激しく動揺した。ひょっとして、彼氏とうまくいってないのか。3月に拒絶したことを申し訳ないと思っているのか。ともかく、この事件を経て、2人の関係は以前のそれとだいぶ近づいた。2人でお祭りに行ったり、休みの日に飲みに行ったり。だが、友達以上恋人未満という枠を超えることはなかった。

 

時は流れ、12月となった。

 

ご飯を食べたり、飲みに行ったり、ボウリングしたり、ドライブしたり。ツッコミが心地よい。というか横にいるのがあまりにも自然で、いないのが考えられない。だが、3月末で僕は恐らく転勤だろう。そう考えた瞬間、怖くなった。

 

ああ僕は君を本当に卒業できるのか

 

このまま何もしない方が、友達としてたまに遊んだりできる可能性は高いかもしれない。でも、今の自分のありのままの気持ち、ずっと一緒にいたい気持ちを伝えなくていいのか。そして、夏の事件の真相を確かめなくていいのか。それをしなくては、きっと後悔するであろう。

僕がとるべき道は…

 

また多分君を思い出す事があるだろう

過去の話になるには時間がかかるだろう

あなたの事で涙を流せなかった日々が

僕はふと後悔してしまう事があるだろう

あぁ僕は君をほんとうに卒業できるのか

寂しさと切なさと懐かしさがかけ巡る

言葉と心が反比例してしまう 本当に僕は

あなたを忘れて生きる自信がないのさ だけど

 

さよなら さよなら さよなら

君にもう会いたくはないよ

君と会えば僕は多分

一生忘れられないから

さよなら さよなら さよなら

素直に喜べる事は無いよ

僕は君を卒業するよ 

切ない気持ちとともに

さよなら さよなら さよなら

 

(Written and Sounded by Kozak Maeda)