RM-A4000まとめwiki

瞬断対策(ダイアログ表示)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瞬断対策

このレシピは?

瞬断対策のみを目的とした簡易設定レシピです。
なれれば3分間でいけます。
早くなったところで意味は無いです。

何が必要?

次のものを用意してください。

ファイル配置

\Storage Card(SDカードのルートフォルダ)配下へ以下の構成にて配置します。

[\Storage Card配下]
\Storage Card
 Anygo_org.exe  ←オリジナルのAnygo.exeをAnygo_org.exeへリネームしたもの
 Anygo.exe    ←Mayonnaiser.exeをAnygo.exeへリネームしたもの
 Mayonnaiser.txt
 Copy.MNP
 Exec.MNP
 MsgBox.MNP
 Tap.MNP
 Wait.MNP
 ∟\Storage Card\Tool\KillJXACOUT
   KillJXACOUT.exe
   KillJXACOUT.txt
   MayopushList_KillJXACOUT.txt
 ∟\Storage Card\Tool\Mayopush
   Mayopush.exe

個別設定

Mayonnaiser.txt

Mayonnaiser.txtにて以下の設定をします。
  • KillJXACOUTの起動(勝手に常駐します)
  • 本来ナビゲーションボタン選択したときに起動されるAnygo.exeをリネームしたAnygo_org.exeの起動

[Mayonnaiser.txt]※左の番号は行番号を示します(記述内容ではない) サンプル
  1. ####
  2. #KillJXACOUTの起動、パラメータ指定なし
  3. \Storage Card\Tool\KillJXACOUT\KillJXACOUT.exe
  4.  
  5. #ナビゲーションの起動、パラメータ指定なし
  6. \Storage Card\Anygo_org.exe
  7.  
  8. #### End of File

KillJXACOUT.txt

必要に応じて、KillJXACOUT.txtの設定を変更します。
  • 検出時、再判定のディレイ間隔

[KillJXACOUT.txt]※左の番号は行番号を示します(記述内容ではない)
  1. ########################################
  2. # 基本動作指定
  3. ########################################
  4. #JXACOUTの監視間隔(ミリ秒)
  5. findinterval=100
  6. #検出時、再判定のディレイ間隔(ミリ秒,0は再判定指定無し)
  7. delayinterval=0
  8. #起動ファイルパス(フルパス)
  9. appinf.filepath=\Storage Card\Tool\Mayopush\Mayopush.exe
  10. #起動時引数
  11. appinf.argv=\Storage Card\Tool\KillJXACOUT\MayopushList_KillJXACOUT.txt

上記の「delayinterval=0」の記述が0の場合、JXACOUT(瞬断時表示ダイアログ)が表示された瞬間に
動作しようとするため、確認ボタン選択のタップがスカタップになる可能性があります。
これを以下のようにすることで防ぐことができます。

[KillJXACOUT.txtの修正部分のみ]
  1. #検出時、再判定のディレイ間隔(ミリ秒,0は再判定指定無し)
  2. delayinterval=1000

上記はJXACOUTが表示されてから「1秒間」を待ち時間として設け、
「1秒間」経過後もダイアログ表示されている場合のみタップ要求を行う設定です。

MayopushList_KillJXACOUT.txt

必要に応じて、MayopushList_KillJXACOUT.txtの設定を変更します。
  • OKボタン選択と、付加自動操作によるウィンドウアクティブ化(ナビゲーション画面のアイドル状態のみ有効)

[MayopushList_KillJXACOUT.txt]※左の番号は行番号を示します(記述内容ではない)
  1. #[KillJXACOUT OK]
  2. #OK選択
  3. 1
  4. 165,150
  5. #アクティブ化、現在地選択
  6. #1
  7. #35,225
  8. # End Of File

上記の「OK選択、1、165,150」は100ミリ秒(0.1秒)のWait処理後に165,150のOKボタン表示位置をタップする動作です。
※そのあとの「アクティブ化、現在地選択~」の表記は「#」でコメント化してますので無視してください。

JXACOUTによる瞬断対策としては上記内容で完了なのですが、この方式ではJXACOUTのOKボタン選択後に
元々表示中であったウィンドウのアクティブ状態が解除されてしまいます。

特にナビゲーション画面の場合、十字キー左右によるマップ拡大縮小が行えない状態となります。
(ナビゲーション画面はウィンドウがアクティブになっていないと十字キー左右を受け付けないため)

これを以下のようにすることで防ぐことができます。

[MayopushList_KillJXACOUT.txt]
  1. #[KillJXACOUT OK]
  2. #OK選択
  3. 1
  4. 165,150
  5. #画面中央選択
  6. 1
  7. 160,120
  8. # End Of File

上記はJXACOUTが表示されたタイミングでOKボタンを選択し、
続いて画面中央位置の自車位置を選択しウィンドウのアクティブ化を行う操作です。
ナビゲーションアイドル画面表示中は、画面中央位置を選択しても無視されるといった
動作を利用したものです。

なお、画面中央選択の「160,120」は案内設定の設定内容により異なります。

[設定と自車表示位置の関係]
地図方向=走行方向、フロントワイド=する :「160,180」
地図方向=走行方向、フロントワイド=しない:「160,120」
地図方向=北上固定、フロントワイド=する :「160,120」
地図方向=北上固定、フロントワイド=しない:「160,120」

となりますので、案内設定の内容によりベストな方法を判断してください。
(アクティブ化のための追加タップを指定しないというのも判断のうちです。)



ここまでの内容で、設定完了です。
あとはナビゲーションを選択すれば勝手に起動します。
確認は、ACアダプタなりUSBなりを抜き差しすればできます。

以上、瞬断対策レシピでした。


名前:
添付ファイル

更新履歴

取得中です。