aiwaneuro @Wiki 意識障害を引き起こす疾患

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

意識障害を惹き起こす疾患

意識障害を惹き起こす疾患はたくさんありまして、ざっとあげるとこんなにあります(参考)。

・テント上病変
脳外傷 脳腫瘍または膿瘍脳梗塞または出血(硬膜外または硬膜下血腫)
・テント下病変
脳幹梗塞,腫瘍,出血,または外傷 小脳出血
・広汎性および代謝性脳障害
無酸素症または虚血(失神,心不整脈,肺梗塞,肺不全,一酸化炭素中毒,膠原病性血管系疾患)
内因性毒素および欠乏症(尿毒症,肝性昏睡,糖尿病性アシドーシス,低血糖,低ナトリウム血症)
てんかん
外来性毒素(エチルアルコール,バルビツール酸塩,モルヒネ,ヘロイン,メチルアルコール,低体温,グルテチミド)
発作後状態(てんかん発作の後)
精神運動性てんかん重積持続状態
クモ膜下出血
外傷(振盪症,脳の裂傷,挫傷
・精神障害
カタトニー、ヒステリー、詐病

 多いですね。。。

 ただ、良くみるとどれも脳がやられてしまっていることには変わりはありません。どのように脳がやられているか、細かくはまたいつか述べるとして(要望があればお話するとして)、まず簡単なことは、CTを取れば「出血しているか否か」は分かるということです。ちなみに下線を引いたものは出血性疾患(つまりは外傷(脳挫傷)、急性/慢性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、脳内出血、くも膜下血腫)です。ね、意識障害を引き起こす脳外科疾患の大部分は出血なんです。あとは脳梗塞。髄膜炎とか、他の意識障害なんてめったに来ません(聞いたこともあまりないでしょ?)。
梗 塞も時間がたっていればわかりますが、発症後すぐではCTでは分かりません。MRIなら発症後3時間程度たっていれば分かるといわれています。よって、外 来で意識障害患者を見た時にCTをとることはとても重要だといえます(ちなみに代謝性疾患、例えば低血糖などは採血で分かります)。