パワパーク@Wiki 第106回巨人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読売巨人軍



新規入団される方はキャンプ実行を忘れないで下さい!!


チームの歴史・最近の戦跡

今期(106期)の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策
6位 50勝 86敗 4分 .246 3.92 2.8 85 82 40


目立った成績(ランキング10位以内に乗った成績)

~野手陣~
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
遮那王3 遮那王 80(10位)
ファイガ ファイガ 29(2位)
I.T. LAYAK 21(5位)

~投手陣~
選手名 作成者 防御率 勝利 セーブ 勝率 奪三振
マウス? マウス 21(5位)
#1S.Koga 名無し 2.90(9位)


前回各賞

選手名 作成者 備考
盗塁王 宮脇響介 54個

今回各賞

選手名 作成者 備考
なし なし なし なし

これ以前は『巨人の歴史』で紹介。
  内容は、戦跡・過去の名選手たち等

○ 以前のコピー(クリックすると展開)

○ 過去の最終成績(クリックすると展開)

第105回所属選手紹介

野手-Fielder-

選手名 ポジション 作成者 コメント
ファイガ ファイガ 今期移籍してきた選手。高いミート力に全体的に安定した能力が魅力。移籍1年目から1番打者を任され、盗塁数29個の高記録を作る。
I.T. LAYAK 14年目を迎えた巨人の中心選手。今期からレフトにコンバート。慣れない守備位置にも関わらず、失策数0はさすがである。だが打撃面は不調。守備に気をとられすぎたか。
レイメー 乱舞 引退によりコメントなし。
遮那王3 遮那王 未だパワーの衰えぬ長距離砲。貧打の巨人の中にあって、一人HRを量産し続ける選手。四番の後継者は未だ現れず、現在不動の四番打者。105期もチームトップのHRと打点を量産。貧打の巨人になくてはならない存在だ。
チョコパイ ロッテ 引退によりコメントなし。
ミート ミート 打撃面ではかなりの物を見せている選手。今期から6番に座り、チーム内ではなかなかの打率を残す。DHからライトに移った守備も失策1と安定。
ペレストロイカ DH ポトフ 106期ドラフト入団選手。今期は期待された打撃力を見せることはできなかった。来期以降活躍を期待。まずは二桁本塁打を。
セイシェル SAS 2年目の選手。昨期はチーム1の失策数をたたき出してしまい守備の面でかなり足を引っ張ってしまった。今期も再び同じポジション、リベンジなるかといったところだろうか。
洽衆T terra 打撃では九番を打っているが、守備ではきわどい当たりを何度も好捕する、要の選手となっている。今期も守備で大きく貢献してくれた。あとは打撃の成績が上がってきてくれればベストか。

投手-Pitcher-

選手名 作成者 コメント
フリーム よしろう 先発 20年目を迎えた大ベテラン。しかし、移籍後から体力面の衰えを隠せず、悔しい成績が続いている。今期は防御率、勝ち数がかなり悪い数字になってしまった。通算2000奪三振を達成したのが唯一の救い。来期は中継ぎ降格も視野に入れたほうがいいか。
砂糖 炭水化物 先発 3年目の今期は昨年チームトップだった8勝から大きく下がり逆に負け数が増え7勝14敗という成績だった。ノビのない珠を痛打され試合序盤でマウンドから降りるケースが多かった。今期こそ2ケタ勝利と防御率の向上を。
さわやか吐息 ハー 先発 104期入団の下手投げ右腕。3種の変化球で相手を翻弄する。今期はルーキーイヤーと比べて勝ち数も上がり、負け数も減らせた。来期も飛躍してほしい。
#1S.Koga 名無し 先発 名無し化によりコメントなし。
のびねこZZ たこす軍曹 先発 104期入団のナックル使いのサウスポー。2年目の今期は5勝。打たれ弱さが治ればもっと活躍できる。
イーグル ハンマー 中継ぎ 中継ぎの柱としての力量と風格を兼ね備えてきた、技巧派の変化球投手。昨季は不調かと思われたが、オールスター後から調子を尻上がりに上げていき、結果的に3点台前半という成績に落ち着いた。今季も活躍を期待したい。
エルメス キノ 中継ぎ 104期入団の中継ぎ左腕。コントロールが課題か。今期は防御率こそ悪いもののシーズンを通してそれなりの結果を残した。
ビジャ メッセンジャー 中継ぎ 二年目から抑えを任された、将来有望の選手。大きく曲がるカーブを武器に、守護神を目指す。今期防御率も8点台となかなか復活のチャンスを作れなかった。来期こそ復活を。
マウス? マウス 抑え 1年目にしてコントロールのよさ、変化球の量を考えて抑えに抜擢された。成績はいまいちだが、若いだけに大化けの可能性は十分ある。


総評

【野手総評】
攻撃力:D 走力:D 守備力:C
やはり、長打力の不足は改善されないままシーズンを通して戦うと厳しいものがある。得点率、打率がリーグ最低なのが現在の成績を物語っている。

【投手総評】
先発力:B 中抑力:B
前期に比べると多少は改善された。特に中継ぎ陣は安定している。先発陣も成長し、駒は揃ってきた。

【チーム総評】
総合力:C
チーム全体が若いためか、全体的な総合力も低いが、各選手の成長を見ると来期が楽しみになってくる。
Bになる日も近いと思われる。


昨シーズンの感想

3期連続の最下位に加え、セリーグ唯一の得点率2点台、防御率4点台、本塁打数2桁と5位から大きく差を開けられた最下位となった。毎シーズン投手陣の改善が問題となっていたが、打線にも大砲不足による得点不足が深刻化している。4番に座る選手も年齢的に考えて衰えがあるので早く期待の若手が現れてほしい。

来期に向けて・・・・

名無しの選手を補充し、チーム一丸として戦うことが必要。野手陣ではパワー型の選手、投手では完投できるくらいの先発ピッチャーが現れて欲しいところ。



ドラフト希望選手

~野手~
現在募集しておりません。 

~投手~
現在募集しておりません。


FA移籍・トレードの選手

  • 野手
①とにかく HR を多く打てる選手。守備に不安があってもかまいません。
②走力、守備が高いいぶし銀タイプの選手。

  • 投手
先発、中継ぎ、抑え関係なく即戦力の選手。巨人で長い間戦力になっていただける方大いに期待します。


上記に当てはまる選手で移籍を考えている方、またはこのタイプの選手を育成したいと考えている方。巨人への移籍・入団をお願いします。


今シーズン両リーグの動向


セリーグ -Central League-

昨期の成績から見るにやはり今期も広島と阪神の優位は揺るがない。総合力では阪神が勝るだけに広島の連覇を止める可能性は十分にある。残りの4球団もなんとか2強に食らいつきたいところ。

パリーグ -Pacific League-

前期はオリックスバッファローズが脅威の14連勝を記録し、他の5球団を振り払い、首位に。連覇を目指すオリックスに対抗するのはソフトバンクホークスに千葉ロッテか。3球団とも打線、投手陣が充実していてどこが優勝してもおかしくない。下位球団との試合がどう影響するか。

今シーズンの他球団注目、要注意選手

他球団から注目・要注意選手を1人、もしくは2人紹介したいと思います。
球団 選手 ポジション 巨人軍観点的コメント
阪神 コウ 投手 105期投手三冠。左投げからのカットボールとフォークで凡打を量産。この投手が2年連続で活躍すれば連覇も夢ではない。
広島 松山佳可 野手 105期打点王。20年目のベテランながら年齢を感じさせない打撃HRを量産。このバッターの前にランナーをためたくない。
ヤクルト エース564 投手 105期最優秀救援投手。大きく曲がり落ちるスライダー、シュート、フォークは脅威。攻略は難しいか。
横浜 羊院長5世 野手 チームの首位打者と盗塁王でリードオフマンとして十分な活躍を見せた。この選手は塁に出したくない。
中日 麻呂山 野手 今期203本の安打を放ちチームの安打王となった。(リーグ2位)今期も安打を量産できるか。
オリックス じゅんきダー 投手 105期MVP投手。大きく曲がるスライダーと158キロの速球で22勝を挙げた。今期も連覇に貢献したい。
ロッテ 平野佳寿 投手 105期奪三振王投手。切れ味鋭いスライダーと大きく落ちるフォークで三振を取り捲った。今期も奪三振王を。
ホークス ♪萩 外野手 105期盗塁王。昨季は一番バッターとして60盗塁を記録しリードオフマンとしては最高の成績を残した。本塁打も20本放ち、パンチ力も十分。今期は外野を守る。
日ハム 中山雄登 捕手 日ハムの1番打者。昨期は1番バッターとしてただ1人3割を打った。若き安打製造機として今期も安打を量産する。
西部 dAmN!!! 投手 昨期まで283のセーブ数を記録し、西部の絶対的守護神として君臨する。この投手に回すことが出来れば勝利は硬いか。
楽天 vino_black 遊撃手 楽天の1番バッター。昨期まで2846の安打を放ち、5回の盗塁王と565の盗塁を記録している。今期も楽天のリードオフマンとしてチームを引っ張る。



備考:名無し野手0名、投手0名

最終投稿者:よしろう
注意: コメント用の新規ページをつくりました。これからはこちらを利用してください。
BBS(巨人)

これまで - 人の方がここを訪れました
今日は -
昨日は - 人  
Since 2006/5/14