パワパーク@Wiki 第112回中日

#ref error : ファイルが見つかりません (D1.jpg) #ref error : ファイルが見つかりません (chunichi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (hlogo06t.gif)
訪問数
通算 -
今日 -
昨日 -


チーム状況


何回 wiki
109回 B C C B C C B
110回 B C C C D C B
111回 B D E D C D A
112回 B D C B D C A
113回
114回

平均現役年数 平年齢 平均年俸
6.3
25
6500

歴代記録


第112回中日選手紹介

☆~野手編~☆


能力
打順 ポジ 選手名 作成者 年数
年齢
PW MT 走力 肩力 守備 -特能 +特能
1 ビクトル マンサノ 7年目
24歳
D
160
A
7
B
12
C
9
D
8
2 イバニェス soft 5年目
26歳
B
229
B
6
E
6
C
9
D
8
3 真田一輝 ホタル 9年目
30歳
C
201
A
7
C
9
C
10
C
10
4 ガル ガル 7年目
28歳
A
234
C
5
D
8
C
9
C
10
5 DH 薬師寺 レッド 2年目
23歳
B
211
C
5
E
6
E
6
D
7
6 孝直 ドラえもん 2年目
19歳
C
204
D
4
D
7
D
7
E
6
7 すーぱーのぶ のぶし 4年目
21歳
D
163
D
4
C
9
C
9
C
10
8 コンクリート ブー 2年目
19歳
D
168
D
4
E
6
D
7
D
7
9 ジョンソン 名無し 1年目
22歳
E
135
D
4
E
5
D
7
D
7
評価
選手名 作成者 コメント
ビクトル マンサノ 俊足巧打の器用さに堂々たる威圧感を併せ持つ中日の斬り込み隊長。積極的に盗塁を試みるタイプではないが、その足は、内野ゴロをヒットに、ヒットを2ベースへと変える。昨シーズンは打率3割3分を超え、トップバッターながら、チーム一の打点を稼いだ。まさに中日攻撃陣の牽引役。今シーズンはタイトル獲得が望まれる。
イバニェス soft 長打力、ミート力ともにその潜在能力は高く、早期の開花が望まれる。入団四年目の今シーズンはホットコーナーを任され、これを機に一機にその素質を爆発させたい。徐々に長打力に磨きがかかってきているのは誰もが認めるところであり、中日攻撃陣が上昇すべくカギを握るのはこの男に違いない。
真田一輝 ホタル 20代ながら野手としてはチーム最長老であり、経験、実績ともに中日野手陣を支える支柱的存在。卓越したバットコントロールで安打を量産する。若いチームの中で与えられた役割は大きいが、波のない安定した精神力で、十分に期待に応えている。
ガル ガル 中日が誇る若き主砲!未だ成長の過程ながら、勝負強さにも定評のある長打力には他球団も注目。左投手対策という課題を克服し、昨シーズンはついにチームのホームラン王となった。成績は上昇する一方で、セリーグのホームラン王を期待するにはまだ早いが、紛れもなくチームの四番を任せられる打者となりつつある。
薬師寺 レッド 長打力が魅力の大卒ルーキー。満塁男の異名を取るこのバッターの前にいかに塁を埋めるかが、クリーンナップ陣の課題となるであろう。能力的に他のチームに劣っている中日が番狂わせをおこすべくカギを握る脅威の六番打者として、活躍が期待される。
孝直 ドラえもん 超高校球のパワーが魅力の高卒ルーキー。プロの世界でもその能力を遺憾なく発揮してほしい。若い選手の多い中日においては遠慮の必要がないので、のびのびと育つには良い環境とも言える。
すーぱーのぶ のぶし 入団3年目にして潜在的運動神経の良さが徐々に実戦能力として高められてきた。パワーヒッターの多い野手陣の中で負担を強いている部分も多いが、献身的とも言える高い総合力を持った貴重な選手である。接戦をものにするには欠かせない存在である。
コンクリート ブー 能力的にも穴がなく、バランスの取れたオールラウンドプレイヤー。高卒ルーキーとして、今後どのような選手に育っていくのかが未知なだけに、成長が楽しみである。若さに任せた逆境の強さを実戦で存分に発揮してほしい。
ジョンソン 名無し (名無しのため割愛させていただきます。助っ人求む!)

チーム平均
年目 パワー ミート 走力 肩力 守力
23.6
+0.9
4.3
+0.9
C
189.4
-2.8
C
5.1
0
D
7.6
+0.5
D
8.1
+0.8
D
8.1
+0.5


☆~投手編~☆


能力
ポジ 選手名 作成者 年数
年齢
制球 スタミナ 球速 変化球 -特能 +特能
さば さかな 17年目
34歳
C
183
C
196
149 スローカーブ6 SFF7
永恵 矢ノ宮亮樹 3年目
20歳
D
165
C
193
141
スローカーブ4 カットボール3
ナックル4
覇海 チョコちゃん 3年目
24歳
D
158
C
191
145 km スローカーブ6 Hスライダー3
チェンジアップ4
ひろゆき びーむら 3年目
25歳
D
155
C
191
145 スローカーブ6 Hスライダー1
Vスライダー6
屈辱ポンチ まっちー 5年目
22歳
C
204
C
204
148 SFF4
林蘭華 名無し 22年目
39歳
C
191
E
145
138 フォーク6 シンカー5
球世主 名無し 4年目
21歳
B
214
D
168
148 フォーク4
鉄腕ツトム グレ 2年目
19歳
C
188
C
188
151 ナックル2
斎藤佑樹 ボビー2 17年目
34歳
B
219
E
145
148 km カーブ1 スライダー1
フォーク7
評価
選手名 作成者 コメント
さば さかな チーム最速級投手。弱点のないピッチングにチームの信頼も篤い。徐々に熟成された能力が爆発するのも時間の問題とされ、タイトルを取れる投手として活躍が期待される。
永恵 矢ノ宮亮樹 今季二年目の若きエース。その能力はまだまだ伸び盛りであるが、タイトルを狙えるほどの能力の持ち主である。同じ先発のさばと共に中日を優勝へと導く。そして、ナックルの使い手は近い将来のエース候補。
覇海 チョコちゃん 三年目の今年は、中継ぎから先発へ念願の転向。防御率は高いが多彩な変化球で相手打者を惑わす。先発での活躍を期待する。
ひろゆき びーむら 緩急をつけたピッチングで、ブレイクを狙う先発。チームの守備力に恵まれず、数字は目立ちはしないが、その豪快なピッチングは目の肥えたファンを唸らせている。
屈辱ポンチ まっちー 発展途上の中継ぎであったが、今季は先発にまわった。同じスリークォーターの右投手である林欄華投手にコーチングを受けながら、大投手を目指す。今季は、二年目のジンクスを引っ張っていないかが、心配である。
林欄華 名無し (名無しのため割愛させていただきます。助っ人求む!)
球世主 名無し (名無しのため割愛させていただきます。助っ人求む!)
鉄腕ツトム グレ 一年目は、ルーキーながら5勝をあげた。一年目のオフに、チーム事情により先発から中継ぎに転向。MAX150kmの速球とキレのあるナックルで相手打者を討ち取っていき将来竜の中継ぎエースとなるだろう!
斉藤佑樹 ボビー2 竜の抑えの切り札!抑えとしては、申し分の無い能力を持つ。試合展開により出番が少ないのが残念。この男の登板回数を増やすことがチームの急務だ!



チーム平均
年目 制球 スタミナ 球速 変化量
27.3
-1.1
8.5
-1.2
C
186.3
-6.5
C
181.6
-3.1
C
149.3
+3.2
D
8.2
-0.7



チーム総評

野手編

ミート力、長打力とも大幅なレベルアップが必要とされる。とは言うものの、能力的には他のチームに比べ、明らかに劣っているというわけではない。依然、打率、本塁打数ともリーグ最下位ではあるが、徐々に前の背中が見えつつある。盗塁数は各チームの戦略にもよるため、一概に喜ぶことはできないが、平均水準に達している。昨シーズンが悪すぎたとは言え、得点率も上昇傾向にあり、3点台に到達した。現状で大幅アップは望めないが、ソツのない攻めを意識することにより、4点台を目指したい。失策数最下位は脱出したものの、数自体はさほど減っておらず、各野手のポジションがなかなか固定されないのも気にかかるところ。中堅選手の移籍流出を防ぐべく魅力あるチーム作りが課題か?

投手編

野手以上にさらなるレベルアップが必要とされる投手陣。チーム防御率4点台後半という状態が続いてはやはり厳しい。最下位に定着してしまっている現状は戦略云々以前に個々の能力を上げることでしか打開できないであろう。先発陣のスタミナ切れから、若く経験の少ない中継ぎを複数登板させては、抑えの出番がないまま瓦解してしまう試合展開が多すぎる。若手が育たないまま、ベテランが一人二人と引退を迎え、しばらくは我慢が続くものと予想される。叩き上げられた若手が定着し、黄金期を迎えることをしばし待ちたい。

全体

底の底まで落ちた前期から比べれば、戦績は上がってはいる。5位チームとのゲーム差を1ゲームまで縮めたことは、一番目先の目標を一つクリアしたことになるのであろう。今シーズンの目先の地道な目標は、最下位を脱出することということになるだろうが、現在のチーム能力を考えれば、これも決して低いハードルではない。能力以上の戦績を残せる若い力、奇跡を信じ、高校野球のようにひたむきに一戦一戦を戦うしかない。

他のチームと比べてみて

球団
(順位)
評価 対戦成績 コメント
広島
(2位)
13勝13敗2分 奪三振数の非常に多い安定した投手陣を打ち崩すのは容易ではない。特筆すべく攻撃力はないが、落ち着いたソツのない攻めを見せる。比較的若い中継ぎ陣をなんとか攻略したい。
巨人
(4位)
10勝15敗3分 総合的能力ではセリーグ随一。平均年齢も若く、本来Bクラスにいるチームではない。若さという諸刃の剣を巧く操らせないよう、若さには若さでかき乱す以外に勝機はない。
横浜
(6位)
18勝9敗1分 チーム得点率がチーム防御率を上回っていないのは、中日以外では横浜だけ。投手陣はまずまず安定しているが、打ち崩せないほどではない。しかし年齢構成のバランスが良く、侮っては最下位脱出は叶わない。
阪神
(3位)
6勝20敗2分 脅威のチーム打率3割を誇り、チーム防御率もリーグトップ。現時点では、平均年齢の高さも全く弱点にはなっておらず、勝てる要素が見つからないと言っていい。隙を突き、1勝でも多くもぎ取れれば・・・。
ヤクルト
(1位)
5勝23敗0分 小細工なしの長打狙いで高い得点率を誇る打撃陣を封じるのは難しい。中継ぎ陣のロングリリーフも戦略的に冴えている。隙をみせずに試合巧者ぶりを封じたいところ。
最終更新者:矢ノ宮亮樹