パワパーク@Wiki 第113回ソフトバンク

福岡ソフトバンクホークス

      

通算: - 今日: - 昨日: -
   4000到達 ‐ 2006/07/01
   5000到達 ‐ 2006/07/30
   6000到達 ‐ 2006/08/31
   7000到達 ‐ 2006/10/28
   8000到達 ‐ 2006/11/21
   9000到達 ‐ 2007/01/02 

  みんなで協力してすばらしいページにしていきましょう!

チーム内外からの皆さんの意見・感想などお待ちしています

  祝!wiki復活!!

第94期~98期までの間、本ページが表示できない状態だったので、その間の編集はすべて省略されています

 ソフトバンク(あけペナ)BBS

・このページについて一言お願いします




チーム状況


◎ソフトバンクの歴史

 第64回まで12球団の中、唯一シリーズ制覇を成し遂げたことがなかったが、第64回でついにシリーズ制覇を果たす。その後は、主力選手が抜け再び低迷・・・
 以前は主力選手がごっそり首位チームに移籍するなどして、なかなか軸となる選手が育たない状況が続いていた。
 打線のほうは好打者が多く一発が少ないのが特徴的だったが、近年はパワー・ミートのバランスが取れてきており、強力な打線が自慢である。守備走塁は際立った点はないが、平均的である。
 第77回ロッテ黄金時代を繋ぎの打線と成長してきた投手陣で、ついに追い詰めるが、残り数試合のところでまさかの連敗。リーグ制覇を逃してしまい、それ以降、いいところまではいくが、あと一歩の詰めが足りず2位というパターンが長く続いていた。
 そして、第90回、日本ハムに僅差で競り勝ち、26シーズン振りの優勝を手にした。
 その後も好調を維持し、日本一こそ連覇は出来なかったが、6期連続でリーグ優勝し、ついに黄金期を迎えた。
 wikiの復活とともに、黄金時代の復活にも期待したい。

◎昨期(第112回)総評

 ここ数シーズン好調を維持していた野手陣だが、昨季は打撃、機動力、守備ともに不甲斐ない結果に終わってしまった。特に打撃はベストテン入りが2人と非常に寂しい結果に。
 投手陣は先発のDarkSnow選手を筆頭にまとまりのある活躍を見せてくれた。防御率も向上し、すばらしい安定感をアピールした。
 今期は野手の成績が復活し、投打のかみ合いを取り戻せるか。

◎チームランク

wiki 順位 攻撃 走力 守備 先発 中抑 総合
113
112
111
110
109
108
107
106
105
104
103
102
101
100
99
93
92
91
90
89
88
87
86
85
84
83
82
81
80
79
78
77
76
75
74
73
72
71
70


◎第113回 タイトル獲得&ベスト10入り選手

☆野手

選手 作成者 成績
ナベッチⅢ ナベッチ 安打8位(182),盗塁4位(38)
JIN YH 安打10位(172),盗塁6位(36)
KERORO(DX) 軍曹 本塁打9位(23),打点10位(75)
陳金鋒 勇哥 本塁打10位(22)

☆投手

選手 作成者 成績
DarkSnow Snow 最優秀防御率(1.36),勝利5位(14),奪三振2位(143)
めんたま 新めんたま 防御率6位(2.49),勝利8位(13)
井川慶 修二と彰 セーブ6位(21)
あり~♪6 まくび~る 奪三振9位(122)
高橋聡 奪三振10位(120)

◎第113回オフ 選手入退団状況

☆退団
今期退団者はいませんでした
☆入団
        今期入団者はいませんでした


◎過去のページ






選手紹介


ソフトバンク引退選手


◎選手説明


☆野手


ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
ナベッチⅢ ナベッチ 32歳 15年目 横浜からやってきた助っ人リードオフマン。ミートBと走力、肩力、守備力はCとリードオフマンとしての面と守備の点では貴重な逸材である。昨期は首位打者を獲得しチームに欠かせない存在。
JIN YH 39歳 18年目 ソフトバンクの守備の要の選手。肩力、守備ともにまだAを保持している。走力もBであり、特殊能力にも華が出てきた。打撃面はもうひとつ期待したいが、年齢は年齢。しかしながら、昨期は36個の盗塁を決め3,4番へのつなぎとして大規模な貢献をしている。
DH 陳金鋒 勇哥 26歳 5年目 入団当初からパワーは抜群であったが昨期からついにパワーミートともにBと爆発力に欠ける打撃陣に鼓舞するがごとく働いた。タイムリーエラーのマイナス特殊能力を持っているがDHなのでお構いなし。打撃に奮起してもらいたい期待の新人である。
KERORO(DX) 軍曹 29歳 8年目 ソフトバンクの中で最強を誇る打撃能力パワーミートともにAまだ目だった特殊能力はないが打率3割を超えたり少しずつ伸びている。本塁打がもう少し増えれば立派な4番であろう。
M・ミーレル 蓮琥 24歳 3年目 チャンス×をもっているのが痛手。しかし、走力も高く肩力、守備力はともにBと守備の匠である。入団当初から、守備力には大きな力を発揮していたが打撃は低迷まずはチャンス×を消去して今後に期待したい。
霊魔 皐月翡翠 24歳 3年目 ドラフトで昨期入団した選手。ミートBと期待できるが、盗塁×を持っているのは痛い。昨期は得意のミートバッティングはあまりできなかったが、入団1年目としては十分だろう。今後の成長に大きな期待を持って良さそうだ。
ポップスター マリンガンSH 25歳 4年目 パワーはCと高いしかし、ミートがEと少々不安。走力はある。守備力もある。しかし、肩力がない。バランスが少しとれていないような過不足選手である。ミート、肩も成長してほしい。
健太郎 なかやま 21歳 4年目 高校卒なので、まだまだバリバリの成長株。しかし、守備面に不安がある。これからの成長を見届けていきたい。
wiki wiki 25歳 4年目 肩力、守備力がCとなり守備面に問題は特にないが、打撃は少々不安である。6番バッターにしては小ぶりである。もうすこし、走力をつけて未来の職人となってほしい。


☆投手

ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
DarkSnow Snow 41歳 20年目 第93回オフに入団した。ルーキーイヤーはすさまじい活躍で新人王を獲得。ソフトバンクの大黒柱である。毎年のごとく神業とも思える力を発揮してきたが打撃陣の低迷の影響か防御率は十分なのに敗戦が増えている。
めんたま 新めんたま 35歳 14年目 148kmの速球と打たせて取るSFFの使い手。そして、シュートも備えておりエースDarksnow選手の後釜にふさわしいであろう。制球、スタミナともによく成長した。
あり~♪6 まくび~る 29歳 8年目 まだ若いが制球、スタミナともにAという先発にふさわしい能力。カーブ、スライダーそして、魔球ナックルを持っている。これからは能力もさながら、結果も残してソフトバンクの支えとなってソフトバンクの救世主となってほしい。
高橋聡 26歳 9年目 鋭く落ちるVスライダーが武器。そして、持ち前のスタミナで長期戦をこなす。しかし速球はあまり早いとは言えない。制球ももう少し成長させて時期エースを目指してほしい。
エスケーロ なかむら 23歳 2年目 制球、スタミナともに、まずまずの成長を見せるなかなかの若手。今後にかなりの期待を寄せる。来期以降にはより良い活躍をしてほしい。
陽炎 28歳 7年目 中継野郎選手の後釜。若いながらも芯を確実にはずす投球で確実に成績は上がってきている。MAX150kmの速球との相性は抜群である。
コネクション 名無し 22歳 1年目 名無しなので割愛。
踊る大観覧車 あらめいん 26歳 5年目 スライダーとシュートの左右対称の球種があり、制球、スタミナともにあるが、成績としては不甲斐ないものとなっている。この最下位を脱出するキーマンか!?
井川慶 修二と彰 27歳 6年目 変化球が武器の若手投手。多彩な変化球はどれも研ぎ澄まされている制球はAスタミナはDと中継ぎにふさわしい選手である。しかし、これだけの能力を持ちながら切れの悪さが仇となり良い結果はのこせていない。


◎能力詳細&昨期成績


☆野手

野手 打席 PW MT 走力 肩力 守備 特能 打率 本塁 打点 盗塁
ナベッチⅢ F
124
B
6
C
10
D
8
C
10
.295 14 63 36
JIN F
124
D
4
B
12
A
13
A
13
.281 8 46 38
陳金鋒 B
214
B
6
D
7
D
8
D
7
.267 .22 70 10
KERORO(DX) A
244
A
7
D
7
D
8
C
9
.293 23 75 6
M・ミーレル E
135
D
4
C
10
B
11
B
12
.288 5 56 21
霊魔 E
132
B
6
D
8
D
7
E
6
.286 7 53 10
ポップスター C
186
D
4
C
10
E
6
C
10
.256 16 45 12
健太郎 E
135
C
5
B
11
E
6
D
7
.248 3 43 14
wiki C
183
C
5
C
9
C
9
C
10
.228 9 42 11

☆投手

投手 速球 制球 スタミナ 変化球 球種 特能 防率 勝ち 負け セーブ 奪三
DarkSnow 140km B
216
B
214

SFF7 1.36 14 6 0 143
めんたま 147km B
219
B
201

SFF7
シュート7
2.49 13 8 0 118
あり~♪6 144km A
237
A
237

カーブ3
スライダー2
ナックル6
3.58 10 14 0 122
高橋聡 144km C
198
S
255

Vスライダー7 4.00 11 12 0 120
エスケーロ 142km C
186
C
198

Hスライダー3
フォーク2
シュート2
3.43 4 9 0 93
陽炎 150 km A
239
D
160

カーブ2
カットボール6
フォーク2

2.73 6 4 1 45
コネクション 141km D
168
B
206

カーブ2
スライダー2
ナックル4
4.57 3 5 1 44
踊る大観覧車 148km B
224
B
209

スライダー3
シュート3
5.60 1 10 0 45
井川慶 145km A
234
D
168

カーブ5
スライダー5
フォーク5
4.26 1 3 21 12



全体評価

☆野手

 KERORO(DX)や陳金鋒を中心に打点不足回復を図ることがかなりできてきた。全体的に少しずつではあるが、本塁打等、盗塁、守備が伸びてきている。来期にはさらなる躍進は必須だろう。しかし、まだまだ、守備は一部の選手が補っているにすぎず、外野はがら空き状態なのでカバーが大いに必要である。
編集 蓮琥

☆投手

 めんたま、あり~♪6のような中堅投手の活躍が目立った。しかし、若手投手はまだまだ育成不足が見られるため、チーム全体の勝ち星としては負け星に劣る。抑えに井川慶を投入したのは大正解であった。いきなり、21セーブを記録するなど今後にも大きな期待が持てる。
編集 蓮琥

☆チーム

 全体的に世代交代がうまくできてきていると感じている。しかし、まだまだ、ベテラン勢に頼っているのが現状である。最有力ベテランのDarkSnowもあと2年しか時はない。刻々とせまる、投手陣の完全中堅体制。そして、やはり鍵なのは、野手の得点力と、中堅投手の勝ち数である。世代交代が終わったあとにも、上位を確実に狙って行きたい。

編集 蓮琥

最終更新日: 2007年01月20日 22時56分35秒