パワパーク@Wiki 第114回ロッテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千葉 ロッテ マリーンズ

         

  • 累積訪問者  : -
  • 今日の訪問者 : -
  • 昨日の訪問者 : -

<マリーンズ速報>第114回あけペナリーグ優勝も日本一になれず!

  • 実に8期ぶりのリーグ制覇を成し遂げ、快挙であったが残念ながら日本一にはなれなかった。相手は読売巨人軍。短期戦なのである程度は運も必要となってくるが、結果は1勝4敗でこのシリーズ決戦では完敗だった。相手のチーム力は凄まじいものであり、投打がうまく噛み合っていた。一方我がロッテはそれほど悪くはなかったものの、勢いが相手のほうが上回っていたかもしれない。しかし、皆さんよく頑張ってくれた。最後まで諦めず、突き進んだ姿は未だ忘れられない。夢と感動をありがとう!!そして来季こそは日本一を!!!

  • 俊足巧打のスペシャリストとしてロッテの優勝に貢献した宮脇響介(黒)外野手と水易遊撃手(errant)が今季限りで引退することになりました。宮脇響介選手は巨人から移籍してから盗塁王を5連覇獲得し、不動の1番バッターとして活躍されました。水易選手はあらゆる特殊能力を活かしチームに貢献しました。守備が良く、又アベレージヒッターとして素晴らしい選手でした。両選手共、今までありがとうございました。
☆宮脇響介外野手の通算成績
実働16年( 内ロッテ9年 ) 率.281 ( 2827 安打 ) 163 本 683 打点 1231 三振 19 犠打 715 盗塁 78 失策
獲得したタイトル
盗塁王6回、オ出場4回、ベストナイン3回
☆水易遊撃手の通算成績
実働21年( ロッテ一筋 ) 率.289 ( 3558 安打 ) 238 本 1157 打点 1512 三振 23 犠打 546 盗塁 20 失策

※これ以前のニュースは記録集にあるロッテ・過去の出来事?をご覧下さい。

今季結果

今季(114期)のチーム成績

優勝  84勝53敗3分 .613


パ・リーグ順位 1 2 3 4-6
wikiランク S A B CDN
総合順位 連勝 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 wiki
前々季(112) 3 5 .281 3.46 3.6 123 274 28 A
前季(113) 3 8 .278 3.32 3.4 105 239 26 A
今季(114) 1 11 .297 3.03 4.4 161 243 25 A
今季は全体的に見て今までより遥かに良くなった。投打が噛み合い、自分達の持ち味も上手く発揮させることができた。
昨シーズンまで不安要素であった打力も今季は打撃3部門すべて1位。盗塁数も断トツの1位で群を抜いていて、他の追随を許さない。 これはもう申し分のない成績だ。
この調子でいつまでいけるだろうか。
wikiはAランクと順当なところである。これからもきちんと更新していきたい。

平均年齢 平均現役年数 平均年俸
前季(113) 29.4 8.1 11700
今季(114) 30.3 9.0 12700
これを見る限り、若手とベテランがうまく噛み合っていることがいえるだろう。
しかし、他の上位球団と比べるとまだ若い選手が多い為、成長するまでにまだ少し時間がかかるといった状態である。

今季(114期)のタイトル実績

選手名 製作者 獲得タイトル 記録
宮脇響介 盗塁王 64
大津康平 社長 最多勝 17
エルピープル ジオンダイクン 最多奪三振 155
宮脇響介右翼手は現役最終年を迎えた今季も盗塁王を獲得し、これで5連覇達成。本当に最後まで素晴らしい成績を残してくれた。これほどの俊足ぶりはもう見事としか言いようがない。
大津康平投手はエースとして本格的なピッチングを披露してくれた。自慢のスタミナを活かし、何度も完投勝利を挙げ結果的に最多勝投手になることができた。来季も自慢のスタミナと安定した制球力を見せつけて欲しい。
エルピープル投手は今季もキレのある変化球と安定した制球力で相手をねじ伏せ、見事最多奪三振2連覇を達成することができた。この投手はスタミナを除いてほぼ完璧であり、それが結果としてきちんと証明されているのでそれも見事である。

他球団との対戦成績

球団(順位) 対戦成績 評価 コメント
オリックス(2位) 14勝13敗1分 昨シーズンでは13勝14敗と負け越してしまったが、今季は何とか勝ち越せた。前半戦では相手の不調に助けられ勝ち星を積んでいたが、後半になるにつれ本来のオリックスになり、調子を取り戻してきて、結果的にはまた互角の成績となった。相変わらず打線が強力で得点率はロッテと0.1差で2位とほぼ同じでかなり手ごわい。しかし、今季の優勝の分かれ目は細かいところに手がいったかどうかだろう。オリックスの場合、脚はあまり使ってこないし、守備もどちらかというとあまり良くない。やはり勝つためにはすべてにおいて良くないとなかなか難しいことがよく分かった。ちなみに要注意選手は主砲の彪流姜維II選手だろう。まだまだ伸びる選手なので気をつけていきたい。
日本ハム(3位) 17勝10敗1分 昨シーズン王者も今季は特に目立ったところがなかった。常に上位はキープしていたが・・・。総合力は以前とそれほど変わらず安定していて、凄まじい力を持つチームであるので今季も僅差を予想していたが・・・。17勝とこれほど勝てるとは予想外であった。今季の勝因はこれにあるのかもしれない。
楽天(4位) 18勝9敗1分 楽天戦は全体的に見てとても良かった。前半戦の楽天はなかなか強く、多少てこずってた感もあったが、次第に勝てるようになりいい成績を残せた。この調子で来季もいきたいところ。
ソフトバンク(5位) 16勝12敗0分 ソフトB伝統の投走守力の高さはまだ健在だ。今季は優勝決定後の消化試合を含め、8連戦もあり多少疲れたのだろうか、思い通りな結果とならなかった。若い選手が多く、優勝するにはまだ厳しい段階にあるチームにも関わらず、このような結果では少し寂しい。今後は仕掛けのタイミングも考慮して臨みたい。
西武(6位) 19勝9敗0分 これは申し分のない成績だろう。成長の兆しすらないチームなんで来季もどんどん勝っていきたい。目標は20勝以上を目指そう。
  • ランク早見表(あくまでも参考程度ということで)
評価 内容 評価基準 評価 内容 評価基準
最良 28試合中23勝以上。 やや悪 28試合中13~14勝。
優良 28試合中20~22勝。 28試合中10~12勝。
28試合中17~19勝。 激悪 28試合中5~10勝。
普通 28試合中15~16勝。 最悪 28試合中5勝以下。

※明細については記録集にある〔ロッテ〕シーズン記録?〔ロッテ〕過去の記録(第110回~第119回)?をご覧下さい。

<チーム史・昨季の戦績>

第73回からリーグ16連覇・日本シリーズ7連覇を成し遂げた最強チーム。その間には他を寄せ付けない強さを誇る時期もあった。その後も常に上位争いに加わるチーム力を維持し続けている。脚力 最重要視・小技も絡めた繋ぐ野球・中継ぎフル稼働がチームの特徴。
第113回は、打線が低調で防御率もそれほど芳しくなかったが、持ち前の機動力を活かしてAクラスを守った。

< ロッテ野球 >

◇ チーム方針 ◇

☆ オレ流 ☆ フォア・ザ・チーム ☆ ~ 無形の力を培おう ~

◎ ロッテ野球の真髄 ◎

  • すばらしきプロ野球監督に倣って、それを あけペナ用にアレンジした野球です。
  • 勝てる監督には、勝利の裏付けが あるものです。あけペナでは、選手の作成者がチームの監督。理論・論理に基づいた野球を徹底することが、常勝への近道です。

<オレ流落合野球>

  • オレ流とは、各選手が自分流の方法で、チームに貢献するということ。能力以上のことを求めるのではなく、自分のできることを確実に行うことが最も大切なことである、という考え方に基づく緻密な野球。
  • 各選手が、自分の置かれた立場を認識し、任せられた仕事を的確に こなせるように努めることが重要。

<統計バレンタイン野球>

  • 相性を重視した選手起用が その象徴。選手が持つ力、チームが出し得る力を存分に引き出す。自分たちの力を出しきることができれば絶対に勝てる、という考えに基づく野球。
  • そのためには、チーム・選手の状態を把握し、それに合わせて調整することが必要。

<野村ID野球>

  • データを最重視。データから導き出される結果を基に、表に現れた力だけではなく、相手が何を考えているかを読むことで、いかに自軍に力を発揮させ、相手の力を封じるか、を考える野球。
  • 「弱者が強者に勝つ野球」を実践することが肝要。

<募集選手>

  • ロッテが必要としている選手

<新人>

第一条件は 大卒 or 社会人即戦力 であること。
高卒は、選手・チーム 共にメリットなし。主な理由は以下の4つ。
①主力になるまでに時間がかかる。
②年俸が低いので悪い特殊能力削除に時間がかかる。最高年俸に辿り着くまでにも相当の時間を要する。
③初期能力が低さ故に能力が上がり切らず、成熟する前に能力が衰え始める。また、衰え始めが30歳前後と早いため、年を食う毎に落ちる能力の影響が多大であり、ベテラン期には活躍できなくなる。
④現役年数に関しても、高卒と大卒を比較した場合、年齢制限を迎える前に年数制限に引っ掛かるので長くはならない。(社会人経由の場合は、初期能力・初期年俸が高い代わりに若干 現役年数が短くなるので要注意。)

有望選手の条件?(下記のいずれかを満たすことが最低限の条件。 推奨守備力 重視脚力 重視
<野手>
  • 俊足 巧打
  • 俊足 堅守
  • 巧打 好守
  • 巧打 で強打)
<投手>
  • 決め球となる大きな変化球を最低1つ持っていて、制球力が良い。

<FA移籍>

  • 投手・野手ともに、即 中心になれる選手。
全体的に能力が高い必要はなく、一芸に秀でていれば問題なし。特に足攻が得意な選手、守備力に長けた選手は大歓迎。

記録集






選手紹介

選手評価/昨季の成績/今季の成績/名選手への近道?

  • 「有効鍛錬」「有効未取得特殊能力」には、目標達成に必要なものを優先順に表記しています。
  • 「―」は、「特に指定なし」を意味します。

野手紹介欄の見方・凡例
打順 〔守備位置〕 選手名{製作者名} 打席・打法 年齢(年数) [能力:強巧脚肩守] 一言コメント
寸評
昨季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
今季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬   〔2〕 必要除去特殊能力 or 有効未取得特殊能力
年俸/持金
能力別の色の見方
最良 優良 普通 やや悪 激悪 最悪

1 〔 〕 宮脇響介 {黒} 左打ち・普通 40歳(16年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   典型的な斬り込み隊長
巨人から移籍して来て9年目を迎える俊足巧打の選手。チーム一の俊足ぶりで斬り込み隊長に定着し続けて現役最終年を迎えた。昨季も打率3割を超え、盗塁王に輝く活躍ぶりで、1番打者としての役割を果たした。神足を取得してからは、かなりの盗塁数を記録している。今季も走りまくって有終の美を飾ろう。
率.304 ( 193 安打 )  10 本  46 打点  63 三振  0 犠打  70 盗塁  1 失策
率.307 ( 196 安打 )  18 本  62 打点  60 三振  0 犠打  64 盗塁  1 失策
対左投手○盗塁○安定感神足
〔1〕 脚力維持  〔2〕 アベレージヒッター
2億3700万/5500万

2 〔 〕 水易 {errant} 左打ち・普通 42歳(21年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   俊足巧打活かし上位死守
第94回新人王。打力と脚力を活かし、昨季も主に2番を務めた。打率は3割を優に超えたが、盗塁数は前季より半分近く減った。今季も2番が有力視される。守備でも遊撃手として無失策。さすがに衰えの影響が大きくなって来たか。今季は現役最終年。豊富な有効特殊能力を活かして有終の美を。
率.318 ( 188 安打 )  7 本  52 打点  69 三振  1 犠打  22 盗塁  0 失策
率.324 ( 177 安打 )  13 本  62 打点  62 三振  4 犠打  30 盗塁  0 失策
チャンス◎盗塁○守備職人アベレージヒッター満塁男チャンスメーカー送球○威圧感闘気
〔1〕 脚力維持  〔2〕 ―
3億/1400万

3 〔 〕 紅敷脩 {獅子} 左打ち・普通 32歳(11年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   俊足巧打好守の看板選手
2季連続で打率3割台で40盗塁以上を記録。上位定着を確実なものにした感じである。守備も上手く、外野の要で2期連続失策ゼロ。攻守ともにチームが欲しているものを満たしているので必然的に期待が膨らむ。長打力も増してきていてファイブ・ツール・プレーヤーが見えて来た。
率.318 ( 188 安打 )  19 本  68 打点  76 三振  1 犠打  45 盗塁  0 失策
率.324 ( 188 安打 )  28 本  95 打点  63 三振  3 犠打  40 盗塁  0 失策
対左投手○盗塁○満塁男威圧感
〔1〕 脚力 巧打  〔2〕 アベレージヒッター守備職人
1億7100万/3200万

4 〔 〕 関枝抑ス {がしえもん} 右打ち・普通 28歳(7年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   目指せ万能選手
打力・脚力がともにBランクに成長し、今季は4番を担うか。能力のバランスの良さが魅力で、打って走って守れる選手としての期待が高まる。俊足とCランクの守備を活かした左翼の守備も問題なし。既に基礎能力は高いが、まだまだ成長途中なので、特殊能力が充実してくる頃には相当 優秀な選手になっていそうだ。
率.274 ( 153 安打 )  21 本  60 打点  90 三振  5 犠打  17 盗塁  8 失策
率.293 ( 163 安打 )  25 本  86 打点  78 三振  3 犠打  19 盗塁  1 失策
安定感
〔1〕 守備 脚力 巧打  〔2〕 盗塁○アベレージヒッター
7500万/2億6200万

5 〔 〕 春麗 {かをる} 右打ち・普通 31歳(10年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   目指せスラッガー
第105回 新人王。昨季は主に4番打者として出場した選手だが、昨季は打率が3割に届かず、本塁打も減少。若手に押され、足の遅さが災いして打順降格。守備力も成長が止まっている。送球○を活かして今季も正妻を務める。当てる技術が十分に身に付いているので、スラッガーへの道が開けているはずだが・・・。あとは育成過程での次なる鍵はパワー型の選手に見られがちなパワーヒッター取得への誘惑に負けないことか。
率.296 ( 159 安打 )  15 本  75 打点  77 三振  6 犠打  15 盗塁  3 失策
率.300 ( 163 安打 )  27 本  82 打点  80 三振  1 犠打  8 盗塁  2 失策
チャンス◎送球○
〔1〕 守備  〔2〕 アベレージヒッター
1億5400万/2億5100万

6 〔 〕 ハクオロ{御神} 右打ち・普通 36歳(15年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   俊足巧打を活かし切れ
ヤクルトからトレードで移籍して来て11年目を迎える俊足巧打好守の選手。昨季は打撃不振に陥り、盗塁も20を割った。衰え期に突入しているとは言え、まだまだ老け込む能力ではない。威圧感を取得した今季は、何としても巻き返しを。
率.244 ( 137 安打 )  11 本  47 打点  86 三振  1 犠打  19 盗塁  5 失策
率.283 ( 166 安打 )  15 本  63 打点  65 三振  1 犠打  29 盗塁  8 失策
盗塁○アベレージヒッター逆境○威圧感
〔1〕 脚力  〔2〕 守備職人
1億9100万/3900万

7 〔 〕 TSUYOSHI {西岡剛} 右打ち・普通 24歳(3年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   俊足巧打の即戦力選手
昨季は盗塁数が20を割った。なかなか打率が伸びてこないのが惜しい。出塁に関する基礎能力は十分なので、焦る必要はない。それよりも守備力に目を向けてバランスを整えよう。
率.236 ( 124 安打 )  9 本  37 打点  79 三振  0 犠打  19 盗塁  2 失策
率.286 ( 160 安打 )  13 本  49 打点  65 三振  1 犠打  25 盗塁  3 失策
バント×威圧感
〔1〕 守備  〔2〕 バント×削除盗塁○アベレージヒッター
3300万/9700万

8 〔 〕 Ai-zen {ミズナ} 左打ち・普通 24歳(3年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]   特殊能力を活かし切れ
打撃重視の選手。ルーキーイヤー、2年目の昨季は当てる技術の低さ故に三振を100前後喫したが、ミートがCランクに上がった今季は幾分か改善されるはず。左投手を苦手としている点が痛い。もともと特殊能力の多さには光るものがあるので、育成方法さえ間違わなければ かなり大物になる可能性を秘めている!?
率.258 ( 130 安打 )  7 本  39 打点  98 三振  16 犠打  14 盗塁  0 失策
率.268 ( 144 安打 )  17 本  62 打点  88 三振  8 犠打  12 盗塁  0 失策
対左投手×固め打ちチャンスメーカー安定感
〔1〕 巧打 守備  〔2〕 対左投手×削除
3100万/9300万

9 〔 〕 祐太 {師匠} 右打ち・普通 22歳(1年目)
[PW MT 走力 肩力 守備]  俊足巧打の即戦力ルーキー
俊足巧打の大卒ルーキー。ミート・脚力・守備力は新人としての及第点に達していて、初期能力としては申し分のないモノだ。ただ、守備に関しては、高い基礎能力を殺すタイムリーエラーが玉に瑕。早めに克服して俊足巧打好守の選手になろう。ロッテが求める形の選手なので、自然と期待が高まる。まずは下位から上位への繋ぎ役から始めるが、他の選手の調子如何によっては打順が上がる可能性は十分にある。
率.--- ( 0 安打 )  0 本  0 打点  0 三振  0 犠打  0 盗塁  0 失策
率.286 ( 160 安打 )  5 本  55 打点  85 三振  0 犠打  16 盗塁  8 失策
タイムリーエラー内野安打
〔1〕 脚力 巧打  〔2〕 タイムリーエラー克服
2400万/3500万

<野手総評>    快速 連射 ミサイル打線

今季は、入れ替わりなし。退団選手ゼロで若手の底上げも順調。今季はプラス要素が多く、期待しても良さそうだ。6季連続で200盗塁を超えているので、今季も継続したいところ。余りある機動力を活かすも殺すも打率が鍵を握っている。繋ぎの野球を意識して、臨機応変に打順を組み替えよう。

投手紹介欄の見方・凡例
〔投順・役割〕 選手名 {製作者名} 利き腕・投法 年齢(年数)  一言コメント
球速:   変化球:   制球:   スタミナ:
寸評
昨季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
今季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬   〔2〕 有効除去未取得特殊能力
年棒/持金
能力別の色の見方
最良 優良 普通 やや悪 激悪 最悪

先発① 〕 大津康平 {社長} 左斜め 34歳(13年目)
スタミナ自慢の速球派エース
球速: 150 km/h 変化球: Sスライダー(6) スライダー(7)  制球:スタミナ:
中日からFA移籍して来て7年目を迎える速球派左腕。移籍以来6季連続で2桁勝利を挙げる安定感で、先発の一番手を務める。150キロを超える快速球と最大変化のスライダー、Sスライダーが武器。両方 左曲がりである点は勿体無いが・・・。豊富なスタミナを活かして今季も活躍だ。
防 3.88   14 勝  8 敗  0 S  197.1 回  110 奪三振  85 与四死  21 被弾
防 2.70   17 勝  3 敗  0 S  206.2 回  108 奪三振  107 与四死  16 被弾
クイック×重い球打球反応○安定感
〔1〕 最大変化維持  〔2〕 ―
1億6300万/2億3700万

先発② 〕 エルピープル {ジオンダイクン} 左上 35歳(14年目)
左の速球派エース
球速: 151 km/h  変化球: カーブ(7) SFF(7) 制球:スタミナ:
第101回 新人王。最高球速は150キロを超え、制球力も抜群。最大変化のSFFとカーブを活かした投球は安定感抜群。先発陣の中で群を抜いて被弾が少ない。これは、抜群の制球力と逃げ球の賜物だ。投手陣の鑑と言っても過言ではない。
防 2.33   14 勝  7 敗  0 S  197.2 回  155 奪三振  53 与四死  15 被弾
防 2.07   15 勝  7 敗  0 S  196.0 回  146 奪三振  54 与四死  8 被弾
ノビ○逃げ球威圧感安定感
〔1〕 制球力強化以外 (スタミナ強化)  〔2〕 ―
2億3300万/3億7500万

先発③ 〕 恋愛写真 {鳳仙花} 左下 29歳(7年目)
幻惑魔球で勝負だ期待の変則左腕
球速: 143 km/h  変化球: スローカーブ(7) パーム(7) 制球:スタミナ:
スローカーブとパームを投げる軟投派の若手。防御率はさほど悪くないものの、なかなか勝ち星を挙げられない。最大変化の魔球で今季こそ2桁勝利を狙う。
防 3.69   7 勝  13 敗  0 S  187.2 回  116 奪三振  62 与四死  31 被弾
防 3.81   10 勝  12 敗  0 S  189.0 回  93 奪三振  69 与四死  21 被弾
打球反応○
〔1〕 スタミナ増強以外 (制球力強化)  〔2〕 ―
8200万/3億2200万

先発④ 〕 絶対言った! {トモダチ} 右上 28歳(7年目)
剛速球ナックラー
球速: 155 km/h  変化球: ナックル(7)  制球:スタミナ:
チーム最速の155キロの剛速球とナックルを投じる右腕。2季連続で2桁勝利を挙げていたが、昨季は9勝止まりだった。防御率は良くなってきているので、磨き上げたナックルで2桁勝利を目指す。
防 3.03   9 勝  11 敗  0 S  181.1 回  105 奪三振  76 与四死  19 被弾
防 3.95  8 勝  11 敗  0 S  166.1 回  119 奪三振  75 与四死  22 被弾
安定感
〔1〕 制球力強化 (スタミナ強化)  〔2〕 ―
8300万/4億600万

先発⑤ 〕 ヘブン!! {オレ!} 右上 28歳(6年目)
真価を問われる期待の右腕
球速: 147 km/h  変化球: カーブ(7) スライダー(7) フォーク(3)  制球:スタミナ:
140キロ台後半の直球と3種の変化球を投げる。スタミナはあるが、制球力にまだ難あり。さらに左変化の球種を2つ持つ一方で右変化の球種を持っていない点も残念。威圧感は好材料。昨季は防御率が3点台前半にまで良くなった。そして2度目の2桁勝利を挙げるなど、これからが楽しみな投手である。最大変化のカーブ、スライダーに加え、1ランクアップしたフォークを交えて更に上昇気流に乗れるか。
防 3.03   11 勝  11 敗  0 S  190.1 回  111 奪三振  83 与四死  17 被弾
防 3.57   15 勝  9 敗  0 S  186.2 回  110 奪三振  68 与四死  23 被弾
威圧感
〔1〕 制球力強化  〔2〕 ―
7600万/2億3200万

中継ぎ① 〕 starryskyⅢ {オレ} 左横 35歳(14年目)
復活に賭ける変則中継ぎ左腕
球速: 145 km/h  変化球: スライダー(4)フォーク(7) Hシンカー(7)  制球:スタミナ:
140キロ台中盤の直球と、3つの変化球を投じる制球力の良い変則中継ぎ左腕。昨季は大乱調で防御率が5点台とかなり乱調だった。中継ぎ陣の筆頭として期待は高いので、何としても今季は汚名返上だ。
防 5.08   6 勝  6 敗  1 S  83.1 回  56 奪三振  35 与四死  12 被弾
防 1.72   6 勝  1 敗  3 S  99.1 回  70 奪三振  27 与四死  4 被弾
クイック○勝ち運威圧感
〔1〕 ―  〔2〕 ―
2億2100万/9億9300万

中継ぎ② 〕 †漆† {黒龍} 右横 26歳(5年目)
期待の中継ぎ型変則右腕
球速: 150 km/h  変化球: スライダー(7) ナックル(7) Hシンカー(3)   制球:スタミナ:
150キロの速球に、3種3方向の変化球を投げる制球力の良い若手の横手投げ右腕。一昨季は防御率が4点台に悪化したが、昨季は3点台に回復。カーブに加えてナックルも最大変化するように鍛えた今季は更に上を目指す。
防 3.55   4 勝  5 敗  2 S  78.2 回  44 奪三振  34 与四死  6 被弾
防 3.02   5 勝  4 敗  4 S  80.1 回  38 奪三振  35 与四死  9 被弾
逃げ球
〔1〕 シンカー強化  〔2〕 ―
6100万/1億2000万

中継ぎ③ 〕 伊達政宗 {前田} 右横 26歳(4年目)
速球派の変則右腕
球速: 148 km/h  変化球: スライダー(2) ナックル(3)   制球:スタミナ:
140キロ台後半の球を投げる速球派の中継ぎ投手。昨季も変化球の曲がりの小ささ故に予想通り苦しんだ。しかし、制球力の改善とともに防御率が良くなる傾向が見られるので、今季はどうか。持ち球であるスライダーかナックルか、最低いずれか1つは最大変化まで磨き上げて、信頼感を勝ち取るべき。
防 4.19   4 勝  4 敗  3 S  105.1 回  56 奪三振  45 与四死  19 被弾
防 3.31   7 勝  4 敗  0 S  81.2 回  36 奪三振  41 与四死  9 被弾
打球反応○ムラッ気
〔1〕 変化球強化  〔2〕 ―
6600万/6400万

抑え 〕 エル[朝丘夏美] {☆いてまえ☆} 左横 27歳(6年目)
目指せ抑えの切り札
球速: 143 km/h  変化球: カットボール(5) ナックル(7) Hシンカー(7)  制球:スタミナ:
第109回新人王。軟投派の変則左腕。2季連続 防御率1点台で30セーブを稼ぐなど、安定感が出てきて、ブラウンセーブは殆どなくなった。最大変化のナックルとHシンカーに加えて持ち球だったスライダーをカットボールに変えた今季も抑えを全うする。
防 1.11   1 勝  0 敗  30 S  32.1 回  20 奪三振  6 与四死  1 被弾
防 2.32   1 勝  0 敗  31 S  42.2 回  16 奪三振  10 与四死  3 被弾
クイック×打球反応○
〔1〕 変化球強化 制球力改善  〔2〕 ―
1億200万/3億7500万

<投手総評>

今季も入れ替わりなし。昨季は、チーム防御率は3点台中頃だったものの、好不調の波が激しく安定性がイマイチだった。マイナス点が殆どない今季は、全体的にレベルアップを目指したいところ・・・。

<チーム総評>

評価:[攻撃力  走力  守備力  先発力  中抑力  総合力

漸く戦力ダウンに歯止めが掛かる見込みが出てきた。衰え期を迎えているベテラン選手もいるので、安心してばかりは いられないが、若手選手の底上げを成功させれば、常勝ロッテ復活も近い・・・か?復活の兆しが見えつつあるのは確かなはず。チームを牽引して来た俊足の大ベテラン2人が引退する前に優勝を飾りたい。戦力的に充実している今季は絶好のチャンス到来か。

禁止事項

  • 常勝軍団を目指すロッテでは、チーム方針に反する以下のような行為を お控えくださいますよう お願いいたします。

贔屓(ひいき)選手起用 無策野球

贔屓で起用する選手を決め、力量不足の選手を交代させず、痛恨の失敗を犯した選手に対して怒り心頭に発して首をかしげる行為がお似合いの あのプロ野球監督のような野球。
  • 能力に見合わない打順に変更する。
  • 調子を無視した打順を組む。
  • 打順を自己本位で動かす。
  • オフ時に守れない選手を守備に就かせる。
  • 投順を意味もなく いじる。
  • etc.

感情任せデタラメ野球

立腹したときに、怒りに任せて選手を交代させたり、周囲に当り散らしたり、時には暴力行為に出たりする あの人や、適当采配の あの人(共に元プロ野球の監督)に似た野球。
  • データを無視して、対戦相手をデタラメに選ぶ。
  • 打順を感情任せでいじる、投順を怒りでいじる、など・・・etc.



編集者:
  • ミズナ (最終更新:第114回分/更新箇所:能力色の変更、今季の成績のまとめ、マリーンズ速報、過去のニュースを追加)
  • いてまえ軍団団長 (最終更新:第114回分/更新箇所:チーム史・昨季の戦績、一言コメント、寸評、昨季の成績・今季の成績の一部、不備・誤記訂正など)
  • その他数人  (最終更新:114回分/更新箇所:一部分)