パワパーク@Wiki 第115回巨人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読売巨人軍




第113期 祝 セ・リーグ2位!!

第114期 祝 セ・リーグ1位、日本一決定!!

第115期 祝 セ・リーグ1位 セリーグ連覇達成!! 2期連続日本一決定!!




チームの歴史・最近の戦跡

今期(115期)の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 連勝
1位 82勝 54敗 4分 .289 3.11 4.5 155 110 16 12



目立った成績(ランキング10位以内の選手)

~野手陣~
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
鳥谷敬 まっく .330(3位) 30(2位)
6IP トレビノ 84(8位)
DAI POP .323(4位) 37(3位) 124(1位)

  • 暫定成績

~投手陣~
選手名 作成者 防御率 勝利 セーブ 勝率 奪三振
ビジャ メッセンジャー 2.98(8位) .600(10位) 114(10位)
イーグル ハンマー 2.46(3位) 12(5位) .750(2位) 117(8位)
エターニア よしろう 147(2位)
OK ok 2.97(6位) .625(8位)
のびねこZZ たこす軍曹 12(9位) 125(5位)
マウス? マウス 34(1位)
エルメス キノ 12(6位)


前回各賞

選手名 作成者 成績
首位打者 鳥谷敬 まっく .352
盗塁王 鳥谷敬 まっく 35個
本塁打王 DAHLTA 御堂筋 31本
打点王 DAI POP 93打点
最多セーブ マウス? マウス 35セーブ

今回各賞

選手名 作成者 成績
打点王 DAI POP 124打点


これ以前は『巨人の歴史』で紹介。
  内容は、戦跡・過去の名選手たち等

○ 以前のコピー(クリックすると展開)

○ 過去の最終成績(クリックすると展開)

第115回所属選手紹介

野手-Fielder-

選手名 ポジション 作成者 コメント
鳥谷敬 まっく 114期首位打者、盗塁王。今期で40歳となり、引退を迎えることになった。移籍入団後は卓越したバットコントロールと高い打率、俊足を活かした盗塁でリードオフマンとして十二分の活躍をしてくれた。最後は有終の美を飾って欲しい。
C.Y.LIU2 rock1986 阪神からトレードで移籍してきた選手。26歳で通算打率2割9分は本物。高い走力と技術を持つ。俊足巧打のバッターで来季以降の1番打者候補。
DAI POP 昨季は若干25歳にして打点王に輝いた。今季はバットコントロールにさらに磨きをかけた。2年連続でタイトル獲得を目指す期待の若手である。今シーズンは昨期の打点数を更新。30本近いHRに加え、打率も3割を大きく超える高打率でチーム不動の3番打者となった。
6ⅠP トレビノ 昨季は打点・打率とも好結果を残した。タイトルこそないものの毎期安定した成績と守備を見せている。巨人の守備の要にして頼れる4番。今期も20本を越えるHRに70打点以上とコンスタントに成績を残している。来期も4番に座る可能性は高い。
ペレストロイカ ポトフ パワー・ミート共にすぐれているが結果が伴わない。固め打ちを持っているので、本来は上位におきたいバッターなのだが・・。守備にも定評がある。強肩強打の選手として巨人には重要な選手である。
ミート ミート 優れた技術を持ちながらなかなか打率があがらない。もう少し走力があれば内野安打を量産できるのだが・・。満塁に強い満塁男。以前は3割を大きく超える打率を残していた。力はある。来期以降の復活に期待。
遮那王4 遮那王 チーム一のパワーを誇るホームランバッター。DAI選手と並んで将来の4番候補。打率があがればもっとホームランを量産できるはずだ。今後HR数が伸びる可能性は大いにある。能力は下位に置くのはもったいない程である。
セイシェル SAS 数期連続でエラーをしない守備力はもはや圧巻の域に達した。しかし、バットコントロールの若干の成長が見られたがパワー不足が否めなく打率がいまいち伸びず相変わらず打撃がネックと言える。走力も少しの成長は見せたものの今のところ変化は見られない成長も止まる時期も近づいているので、練習を厳密に考えて行う必要がある。
ファイラ DH ファイガ 112期新人王。若干25歳で高い打撃力をもつ。野手での若手の期待の星で、今季は昨季までのDHから、一塁手をまかされた。高いミート力と走力の高さは将来的にも上位に座れる魅力的なポイントだ。守備力も伸びてきて今後の成長が楽しみでもある。

投手-Pitcher-

選手名 作成者 コメント
イーグル ハンマー 先発 毎シーズン安定した防御率を残す、巨人のエース。曲がりの大きい3種類の変化球を投げる。低い防御率ながらも、なかなかタイトルに恵まれない。そろそろベテランとして、若手に力を見せつけたいところだ。
ビジャ メッセンジャー 先発 中継ぎ、抑えを経験し、チーム事情から先発に変更。落差の大きいカーブに他3種類の変化球を使い分ける。昨季は先発の柱としてチームの優勝に大きく貢献した。安定した低い防御率が魅力。
OK ok 先発 111期移籍入団の変化球右腕。4種類の変化球を使いこなし、自慢のコントロールで強打者を打ち取る。伸びの悪い速球とキレの良い変化球が生み出す結果は・・?毎シーズン2桁勝利に加え、防御率も安定している。チームへの貢献度は非常に高い。来期以降も先発陣の一角としてチームを引っ張るか。
のびねこZZ たこす軍曹 先発 104期入団のナックル使いのサウスポー。速球・変化球・制球ともに文句なしなのだが、先発ではなかなか結果が残せず、昨季は中継ぎにまわって好結果を残した。114期は17勝を挙げ、チーム日本一の原動力となった。今期もその勢いで勝ち星を積み重ねるか。
エターニア よしろう 先発 107期入団の速球派左腕。150キロを超えるストレートが武器。課題であったコントロールも修復完了。若手といわれてきたが、今年はもう30歳。そろそろタイトルが欲しいところである。特殊能力の少なさが好不調を作り出す原因になっているかもしれない。多くの特殊を取るか、高級な特殊能力を取るかで今後の成績にも関わってきそうだ。
エルメス キノ 中継ぎ 104期入団の中継ぎ左腕。3種の変化球が武器。中継ぎと先発の両方をこなせる有能投手。コントロールに少し不安があるが、今季も安定したピッチングに期待したい。今シーズンは中継ぎ陣の中でも一番の成績を残している。
和拓 ワタク 中継ぎ 剛速球と切れの良い変化球を武器にした三振を量産できる選手。課題だったコントロールは及第点。速球もMAX160㌔となり、球界でもトップクラスの豪腕となった。
たんすの精霊 炭水化物 中継ぎ 3種類の変化球とMAX148㌔の速球が武器。25歳にして高いコントロールをもつ。あとは変化球の曲がりが課題か。投手陣の若手の星。
マウス? マウス 抑え 巨人が誇る守護神。150キロを超える速球に2種類のレベルの高い変化球が武器,昨季は35セーブと最多セーブタイの記録だった。守護神としてこれからも期待される。


総評

【野手総評】
攻撃力:A 走力:C 守備力:B
打者9人全員がミート力B以上。パワーが高い4人の選手は全員4番を張れる能力を持つ。将来の4番候補はDAI選手と遮那王4選手。年齢、能力共に現4番5番のペレストロイカ選手、6IP選手を後を継ぐ重要な存在だ。今期で引退となる鳥谷敬選手の後釜として期待できるのは今期トレードで新加入したC.Y.LIU2選手。ミート、走力の高さは1番に適する。
守備面でも鉄壁の守備を誇るセイシェル選手を中心に安定した守備力の選手が揃う。


【投手総評】
先発力:S 中抑力:A
先発陣はセリーグ屈指と言ってもいい。イーグル選手、ビジャ選手の両ベテラン右腕を筆頭に毎年安定した力を発揮するOK選手、ここ数期好成績を残すのびねこZZ選手、好不調の波はありながらも能力的には将来のエース候補であるフリーム選手と穴は少ない。
中継ぎ面でも和拓選手を中心に安定した成績を残している。
守護神はマウス?選手。ここ数年チームの上位クラス進出に伴い、成績も急上昇。いまやリーグを代表する抑え投手といっても過言ではない。

【チーム総評】
総合力:S
投打を総合してみると、優勝を狙える力は十分にある。
先発陣が引っ張り、打線が機能すればおのずと勝利は見えてくる感じだ。
毎シーズン阪神、広島とは相性が悪い。
この2チームに勝ち越すことが優勝への最課題か。


昨シーズン(114期)の感想

114期は100期以降初めての優勝、日本一を飾ることができた。要因としては今までかみ合わなかった投打が今シーズン噛みに噛みあったことが大きいだろう。
野手陣では1番に座る鳥谷敬選手が首位打者、盗塁王、セリーグMVPを獲得する大車輪の活躍。本塁打王を獲得したDAHLIA選手、打点王を獲得したDAI選手、シーズンを通して4番に座りチームに貢献した6IP選手とクリンナップが機能したのも重要ポイントだ。
投手陣では先発陣全員が勝ち越し、二桁勝利を記録する高記録をマーク。特にビジャ選手、イーグル選手の両ベテラン投手は防御率も安定、左右両エースの活躍は素晴らしかった。中継ぎでは和拓投手がフル回転。抑えへの繋ぎを確実にこなすと最後はマウス?投手がきっちりと占めて勝利。
114期シーズンは理想の試合運びをできた試合が多数あったと思われる。


来季に向けて・・・・

野手陣投手陣それぞれにおいて高年齢化が問題になってきた。特に投手陣では、先発メンバーにベテランが多く、引退の時期がせまるにつれてチームの戦力ダウンも否めなくなる。
まずはチーム力が高いうちに好成績を残し、若返りのための足掛けを作っていきたいところだ。


ドラフト希望選手

~野手~
現在募集しておりません。 

~投手~
現在募集しておりません。



FA移籍・トレードの選手


  • 野手
①守備型プレーヤー。守備力Bクラスなら大歓迎です。

②走塁型プレーヤー。トップバッター、もしくは下位で上位につなげる役目を担う選手。

③パワー型プレーヤー。中軸に座り、本塁打量産で勝利に貢献!!の選手。


現在は③のタイプの選手は大歓迎です。クリンナップを期待しています^^



  • 投手
先発、中継ぎ、抑え関係なく即戦力の選手。巨人で長い間戦力になっていただける方大いに期待します。


上記に当てはまる選手で移籍を考えている方、またはこのタイプの選手を育成したいと考えている方。是非巨人への移籍・入団をお願いします。


今シーズン両リーグの動向


セリーグ -Central League-

114期優勝、日本一に輝いた我らが巨人軍の連覇に期待がかかる。他の5球団も総合力ではあまり差が無い。予想では打撃力が高い広島、中日、総合的な強さを誇る阪神の4球団でのAクラス争いか。巨人としては114期のように先発陣が引っ張れる展開になれば勝機は見える。


パリーグ -Pacific League-

ロッテのパリーグ連覇にオリックス、日本ハムが歯止めをかける模様。3球団とも打撃、投手、守備、総合、全てにおいてひけを取らない。残りの3球団との試合が順位を左右すると見られる。勝てる球団には確実に勝ち越して貯金を増やしたい。


今シーズンの他球団注目、要注意選手

他球団から注目・要注意選手を1人、もしくは2人紹介したいと思います。
球団 選手 ポジション 巨人軍観点的コメント
阪神 典弘 投手 ナックルを武器とする下手投げベテラン左腕。阪神と4年契約を結び、チームのAクラス浮上のため、虎投を引っ張る。
広島 松坂小輔I 投手 114期最多勝、ベストナイン投手。能力、実績は申し分ない。今期もタイトル獲得有力候補。広島の首位復活のキーポイントか。
ヤクルト 森下② 投手 若い年齢ながら高い能力を持つ左腕投手。SFFが武器。ヤクルトのエースとして好成績を残せるか。
横浜 アンソニー 投手 148キロの速球にスクリューを織り交ぜる速球派左腕。スタミナ、コントロールの能力は高い。打線の援護があれば二桁勝利は確実か?
中日 斎藤佑樹 投手 114期最多セーブ王、ベストナイン投手。落差の大きいフォークが決め球。中日の守護神は今期もセーブ量産の予感。
オリックス 投手 横手投げからの高速スライダーと落差の大きいフォークが武器。今期はオリックス先発陣の中で大きく成長した。
ロッテ 黒糖 外野手 今期楽天から移籍した俊足巧打の有能外野手。新一番としてチームの連覇達成に貢献できるか。
ホークス JIN 遊撃手 ソフトバンクのチーム最年長であるベテラン内野手。特殊の多さも光り、今だ衰えない守備力が魅力。
日ハム ほわいとらぶ 外野手 鉄壁の守備力に加え、俊足、強肩、巧打を兼ね備えた好選手。守備職人も光るが、打撃力も魅力。日ハムを変えた選手の一人だろう。
日ハム 延江大輔 投手 現在パリーグno.1と言ってもいい。日ハム抑えの守護神。抑え投手として能力、実績共に申し分ない。日ハムAクラスはこの選手の活躍なくしてはありえない。
西部 赤生玉 投手 西武のエース左腕。能力は申し分ない。ナックルを駆使して相手を討ち取るスタイル。チームの浮上にこの選手の活躍が鍵を握る。
楽天 燒仔 捕手 楽天打線の4番に座るベテランキャッチャー。闘気の特殊能力が大きい。今シーズンも4番に座る。



備考:名無し野手0名、投手0名

最終投稿者:よしろう
注意: コメント用の新規ページをつくりました。これからはこちらを利用してください。
BBS(巨人)

これまで - 人の方がここを訪れました
今日は -
昨日は - 人  
Since 2006/5/14