パワパーク@Wiki 第116回オリックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリックス・バファローズ
リーグ優勝35回 日本一18回

101期以降の通算成績:1335勝850敗55分 勝率.611
リーグ優勝8回(102、104、105、107~111期) 日本一(110、111期)

80期代は打線が瀕死状態で相変わらず下位から脱出できず。
しかしこの80期代後期から徐々に力を付け、90期代からはようやくAクラスに食い込めるようになった。
そして110期代では6度の優勝を飾り久々の黄金時代を築いた。10数年来の悲願である日本一に輝き、「パ専門王者」の称号を返上。
しかし全盛期の選手が抜けはじめた最近は以前のような爆発的な強さは鳴りを潜めてしまった。

過去オリックスの名選手というと、あけペナ球界唯一の通算防御率1点台・山吾、ミスター最多勝・唯讀、ドクターK・浪速四天王辻内、打点の神様・GoGoSnow、不惑の盗塁王・城戸、タイトル14度獲得のタイトルハンター・彪流姜維等々数多くのスーパープレイヤーがいた。


オリックス板-orix ita-          オリックス殿堂館
オリックスの掲示板です/ *゚_>゚)   引退選手名鑑ですm9(゚∀゚)9m
オリックス記録板             相手チーム総評
通算記録関連ですゝc!l゚ ヮ゚ノレ     要注意選手他だンボー!(【゚∀゚)


116期成績 78勝61敗1分 勝率.561 (3位)

通算成績 3008勝2717敗155分 勝率.525

※74~77、79期~の通算

監督・コーチ陣営紹介  歴代スター集結

()内は得意指導名 (SS版やきゅつく参考^^)

【1軍】監督:周杰倫.(至高の打撃講座) ヘッドコーチ:唯讀橘子(勝利の神様指導) 打撃コーチ:彪流姜維(三冠王の打撃指導)  守備走塁コーチ:城戸円(超盗塁術)
      投手コーチ:山吾久男(超投球論) バッテリーコーチ:@@||(セーブ王の秘密) コンディショニングコーチ:行け池

【2軍】監督:アルク(三拍子選手講座) ヘッドコーチ:浪速四天王辻内(三振奪取講座) 打撃コーチ:下松久則(ブンブン振れ講座) 守備走塁コーチ:雅狼(牛若丸講座) コンディショニングコーチ:野茂(無尽蔵スタミナ講座)
      投手コーチ:細田羅夢(安定投球講座) 


野手紹介  バランス機動力無視型

飛び出た選手こそいないものの、波状も少なく非常にバランスのとれた打線。走守の面ではやや不安
千葉進歩(サラン) (116~) 守備期待打撃健闘型
116期入団の守備型ルーキー。ただタイムリエラー所持ということで1年目はややテスト運転といった形でサードを守らされた。結果的に2失策と健闘し持ち味通りの活躍だった。打撃のほうでも一時3割近くをマークして二番を打ったりと攻守に渡り将来の期待は高い。

メジャー(米) (113~) 打撃先行無走型
松江、焔聖、千葉らオリックスの威圧感ルーキーカルテットの一人。打撃能力の高い選手で一年目から17本塁打とパンチ力をアピールした。三振も少なく打撃面では非常に完成度が高い印象。116期には21本塁打と20本台を突破。打率も上昇中で.289をマーク。将来はまちがいなく中軸を担う選手だ。チーム一の鈍足で入団以来の盗塁数はわずかに1。

カモメ(T.B.Bird) (113~) 俊足巧打一番候補型
オリックスでは久方ぶりに登場した俊足巧打型選手。一年目から子安に次ぐチーム2位の盗塁数をマーク。足を活かした打撃が特徴で、将来はトップバッターとしての働きに期待。その期待の現われもあってかルーキーイヤーから後半は二番定着。翌114期には早くも一番に定着し3割近い打率を維持。100個と三振は多かったもの打率.287のまずは及第点といえる活躍で順調な成長を見せていた。しかしここ最近は不振続き。115期はまったく打率が上がらず2割そこそこの低空飛行を続け打順も九番にまで落ち、翌116期も終盤失速で2割6分台と物足りない感じに。みゅーみゅーの台頭でちょっと影が薄くなった感。ちょっと足踏みとなってしまったが来期は巻き返しとなるか。左にやや分が悪いところが台頭の弊害にならないか不安なところ。

彪流姜維Ⅱ(JASON) (106~) 超サラブレッド不動の四番型
あの彪流姜維の転生選手(Jr.)。3年目の108期に3割100打点を突破し一気に主力選手に伸し上がってきた怪物クラスの強打者。入団以来凄まじいペースで打点をマークし、将来の通算打点記録更新が十分狙える位置に。1年目から期待されたが12本塁打とやはり即戦力とはいかなかった。だが2年目107期では26本塁打91打点をマークし、只者ではないことをアピール。3年目にして100打点突破。4年目にチャンス×除去以後は打率も上昇気配。ただ111期は80打点すらとどかず打率・本塁打もそこそことちょっと一休み。しかしまた翌112期には3割30本復活。完全に四番に定着したシーズンになった。打撃技術はミート・パワーともに最高レベルに達しまともには抑えれない打者。要注意選手として他球団に恐れられる存在だが今の打線ではこの選手一人に便りがちといった状況がなんとも歯がゆい。116期は3期連続の100打点はならなかったが初の40本塁打オ-バーで本塁打王獲得。

オチローⅢ(オチロー) (101~) クリーンバッター本塁打量産型
入団9年目の109期にようやく台頭してきた遅咲き選手。1年目打率1割台、2年目は130近くの三振を喫しその後のシーズンも結果を残せず伸び悩んでいた。早6年が経過し7年目となる107期に打率こそ例期通りだったが21本塁打と長打が徐々に出始めた。確実性の低さは相変わらずだったが109期に五番定着。初のベストナインにも選ばれた。上昇気流はまだ止まらず111期は3割95打点と打撃は非常に安定している。翌112期から五番に定着し113期に初の30本塁打突破。116期には自己最高の成績をおさめついに100打点超。また.329と低打率という印象を見事にひっくり返す快進撃だった。本塁打の量産率が安定しており典型的な還す五番向きのスラッガー。この打率を維持できればかなり恐ろしい中軸打者。

松江通(ナンバ6) (109~) 中軸候補三振量産型
強打がウリの大型選手。高齢化が進む将来のクリーンナップ候補。初期能力に威圧感持ちと時間のかかる高卒選手としては早くから台頭。1年目はかなりの低飛行な成績だったがチーム優勝の恩恵を駆って新人王に。本塁打は110期20本到達すると、111期は22本と長距離打者としての素質も見え始めてきた。翌112期は最終戦で爆発しギリギリ20本塁打。114期には開幕から打棒爆発で40本塁打111打点と大ブレイク。本塁打・打点の打撃二冠王に輝いた。この時点で23歳と若きスラッガー誕生かと思わせたが翌115期は大スランプに。本塁打数が全然伸びず最終的に10本と信じられないような数字に。打率も2割5分、打点は50にも及ばず2年目109期以来続けていた20本塁打も5期でストップ。急転落のシーズンとなってしまい地獄と天国をわずか2シーズンで味わってしまった。翌116期は2割8分台に20本塁打と持ち直したが123三振を喫したように三振が非常に多くチームの歴代2~4位を占めている。走塁・守備は低レベルで入団以来ずっと指名打者専門だったが大分マシになってきた印象。

焔聖(聡2) (110~) バランス短期決戦?型
110期入団の若手で入団当初から威圧感を漂わせる高卒らしからぬ所があるが、反面足の遅さが伸び悩みに拍車をかけている印象。ただ若いだけにこれからの可能性は幅広い。ここまで常に平均水準以下の成績でさすがにまだ力不足といった印象がつきまとっている。2年目のシリーズで爆発も一時的なものに終わり後が続かない。115期プロ入り6年目ようやく成長の証が見え始めるように。あくまで主軸の不振による穴埋め的起用だったが三番に定着し打率2割7分と自己最高の成績を記録したが翌116期は一転打率2割3分台に落ち着きまた以前の状態に。鈍足ぶりも多少はマシになり守備にはいいものを持っており今はショートを守っている。打撃が開眼すればかなりおもしろくなりそうな選手。

アルマシロ(ある) (114~) 鈍足守備型
守備に定評のあるルーキー。守りでは不安だらけのオリックスとあって1年目から早速セカンドを任された。初年こそ16失策とお粗末な結果に終わってしまったが翌116期はわずか1失策とかなり落ち着いた。足が遅くそれほど守備範囲は広くない為、堅実さをアピールしていきたい。打力に関してはさっぱりで九番が定位置となるか。

みゅーみゅー(sea) (111~) 俊足巧打やらかし型
うみうみの転生選手。俊足巧打の一番打者タイプで116期はほぼフルシーズントップバッターに定着しジャスト3割をマーク。守備範囲が広く送球の良さも光る反面まれに怠慢な動きをしてしまうことから指名打者起用から脱せなかったが来期あたりから卒業できそうな感じ。

投手紹介  投手王国老朽化型

質の高い先発陣も高齢化の為に今後崩壊しないか不安。中継ぎ・抑えはまだまだ磐石
[先]じゅんきダー(じゅんきダー) (95~116) 豪速球エースベテラン健在型
150㌔を誇る速球に最高レベルのスライダーとフォークで打者を圧倒するリーグきってのエース。105期にはチーム歴代最多の22勝をマークした殿堂級ピッチャー。この手の投手に有りがちな制球難の心配もなく、安定した防御率を残せるチームには欠かせない右の柱。入団当初は中継ぎ。99期に先発に転向してからは実に安定した成績を残し、。102期では防御率2.50に14勝とタイトルも狙える位置に。ここまで早い時期での台頭は珍しく、この時点で既にチームのエース格。被本塁打が少ないのも特徴で防御率も毎シーズン2点台をキープ。さらに105期は防御率1.09に22勝と最高の働き。翌106期も防御率1点台ともはや手が付けられない状態。110期に奪三振のタイトルにこそ輝いたがどうもここ数期は影が薄くなった印象だった。111期に持ち直したが113期は10勝に惜しくも届かず。さすがに完投能力は落ち投球回数は減少の一途。それでも114期には防御率1点台に13勝とし、エースの座を奪回。最終シーズンの116期は最優秀防御率と最多奪三振に輝くなど、黄金時代の象徴とも言える大エース。

[先]井出卓也(Bill) (101~) 高勝率安定戦力型
選手名とHN欄を逆にしてしまった入団時の「空白の一日」は既に語り草。と言えそう。中継ぎ時代はいまいちという印象がつきまとったが先発転向の104期に大躍進。防御率チームトップの2.32で15勝を挙げチーム優勝の原動力に。被本塁打が一気に少なくなり投球も安定感が出てきた。ただちょっと出来すぎの感でその後の4シーズンはちょっと落ち着いた成績に。しかし109期に復活すると翌110期に16勝と自己最多勝をマークしV4の立役者に。大勝ちこそちょっと計算しづらいが確実にそこそこは勝つ安定戦力。チーム全盛期の入団とあって通算勝率はかなり高い。114期は恐らく入団初の負け越しとなり不振のシーズンになってしまい、翌115期も防御率4点台とまたも負け越し。だが116期には、防御率3点台に12勝8敗と見事に持ち直した。じゅんきダーの引退により、一層の活躍を期待されるベテランだ。

[先]機(浩) (100~) 超高能力次期右のエース型
コントロール・スタミナともに非常に高い水準を保ち完投能力に長けている中堅サイドハンドピッチャー。中継ぎながら1年目から防御率2.47、11勝と好成績をマークし新人王獲得。先発二枚が抜けた101期に2年目にして先発挑戦となったが防御率5点台と散々な成績に。しかし数期後フォーク習得で投球に幅ができ成績も安定し出してきた。103期に防御率3点台前半と改善の兆しをみせると105期では16勝6敗をマーク。106期から数シーズン続けて防御率2点台をキープし大分安定感がでてきた。毎シーズン200イニング前後をこなすスタミナには絶対の自信を持っていたがそろそろ衰えも見え出してきた。じゅんきダーの抜けた投手陣を支えていかなくてはならない存在。防御率2点台15勝は軽く超えたいところだが、防御率は3.65に負け越しと崩れてしまった。復活が期待される。

[先]蛇魂王Ⅲ(ナーガ) (104~116) 横変化一刀両断完投型
104期ドラ1入団した高速スライダーが武器の左腕のエース。150㌔級の速球と精度の高い制球に毎回200イニングをこなす絶対的な自信のあるスタミナがあり完成度はかなり高く、チーム先発陣唯一のサウスポーで重宝された存在。入団2年はいずれも防御率3点台とまずまずのスタート。入団3年目より先発に転向したものの、散々な成績となってしまった。翌107期に防御率は3点台に改善し11勝を挙げそこそこの活躍。さらに109期、114期はチーム最多勝に防御率2点台、200イニング以上登板と好成績で文句なしの活躍を見せた。ただいま107期から10期連続の2桁勝利、そのうち109期~111期、113・114期は連続15勝以上をマーク。116期は防御率こそ振るわなかったが、14勝を挙げるなど先発の役割を十分果たした。目指すはタイトル奪取!

[中]龍翔果敢(KREVA) (115~) 再転生二線級型
116期入団の選手。前選手は1年目終了で転生し、この選手も防御率5点台とどっこいの成績。しかし、基本的にバランスが取れている能力で、得てして大化けするタイプだ。今後に期待。

[中]ユウタⅡ(ユウタ) (112~) スライダー左腕中継ぎエース候補型
中継ぎエースとして活躍したユウタの転生投手。1年目から8勝を挙げ防御率2.57の好成績をマークし見事新人王に。さすがに出来すぎか2年目は若干成績悪化。それでも翌114期にはしっかり防御率を2点台にとどめたのはさすがというしかない。115期も中継ぎ陣の中で唯一安定感があり一気に信頼度上昇。四球が少ないほうで大崩れしないところが利点。116期も6勝2敗とし、次期クローザー候補の最右翼だ。

[先]遠坂凛(偽琥珀) (107~) 速球派二桁大手型
ユウタの引退後中継ぎ陣の柱として期待される速球派右腕。球種はせいぜいシンカーぐらいで150㌔級の速球を武器にぐいぐい攻めるピッチングが身上。セイバー選手の生まれ変わりの生まれ変わり。前の選手は防御率6点台とあって1年で転生。しかしこの選手も1年目から5点台とあまり状態は変わらなかった。しかし4年目の110期に防御率2点台に8勝と好成績を残すと113期には防御率2点台前半に留めなんと規定投球回数突破。この功績を認められ翌114期にはスタミナに不安を抱えたKICKと入れ替わっての先発転向。9勝8敗と貯金はわずかに1だったが防御率3点台とそこそこの数字を出した。翌115期も12敗に終わり、116機も防御率4.34に13敗となると急遽引退。あまりにまだこれからという年齢だけに早すぎる決断だった。

[中]野球浪人X(野球浪人) (110~) 安定感ナックルボーラー型
散々な成績に泣いた野球浪人Zの転生投手。今度は以前ほどの制球難も無くさらにナックルという大きな武器をひっさげての入団。1年目は中盤まで防御率2点台をキープし新人王獲得の勢いを見せたが終盤打ち込まれ結局5点台近い防御率に。しかし2年目はだんだん馴れてきたのか防御率2点台に中継ぎながら2桁10勝の大躍進。被本塁打がかなり少なくなかなか打ち崩しにくい持ち味が存分に発揮された。それ以降も毎シーズン高水準の成績。116期も防御率2.24に10勝を挙げた。空いた先発枠を埋めるのはほぼ間違いなくこの選手だろう。

[抑]くろいつかむ4(くろいつかむ4) (100~) 不動の守護神ラッキーマン型
速球で押していくタイプで、ナックル7も大きな武器。入団当初は中継ぎだったが一発病の癖があり勝ちが少なく防御率も伸びなかった。が、2年目に一発病を除去するとシーズン前半に好調を維持し最終的には3点台だったものの早くも潜在能力の高さをみせた。106期より野茂選手の後を継ぎ新守護神に。当初はユウタのストッパー案も懸案されていたが早速27セーブをあげこの配置転換は大成功。凄かったのが翌107期で絶不調状態が長く続き登板数・セーブ数ともに伸び悩んだがシーズン終盤まで自責点0。あと一歩でシーズン防御率0.00という快挙が目前に迫っていたが最終登板で初失点を喫し神話は最後の最後で崩壊。麻衣以来の記録に惜しくも届かなかった。なぜか不調が長引くタイプでシーズンの登板数がちょっと少ないところが気になる点。今や絶対的なオリックスのストッパーで114期には防御率1点台、115期には0点台としたが、116期は防御率2.88と、悪くはないが少々蔭り。堂々としたマウンドさばきはまさにクローザー向きといった感じで安定した成績は磐石の火消し役。尚、驚異的にキャンプ運が良い事で知られ、そういう意味でも皆の羨望を一身に受ける。

チームシーズン最高記録

記録は96期から

各種記録 記録(シーズン) 高い数字を残したおもな選手
最多勝利 97勝(105期) じゅんきダー22勝、機16勝、セイバー14勝
最多敗戦 81敗(96期) くろいつかむ15敗、野球浪人@・ネオ一郎14敗
最高打率 .296(104期) 彪流姜維.361、うみうみ.329、アホウドリ.318
最高防御率 2.60(111期) 井出卓也2.15、じゅんきダー2.18、くろいつかむ42.34
最高得点率 5.4点(108期) うみうみ119打点、彪流姜維II112打点、アホウドリ103打点
最多本塁打 199本(108期) アホウドリ35本、うみうみ33本、彪流姜維II28本
最多盗塁 154個(104期) アホウドリ30個、うみうみ26個、リリィ25個

個人シーズン最高記録トップ3

記録は91期から(投球回のみ96期から)

打率 本塁打 打点
彪流姜維 .399 105期 彪流姜維 61本 105期 彪流姜維 163点 105期
彪流姜維 .374 97期 彪流姜維 52本 103期 彪流姜維 144点 102期
彪流姜維 .365 103期 彪流姜維 48本 97期 彪流姜維 137点 97期
盗塁 三振 安打
アルク 45個 93期 オチローⅢ 127個 102期 彪流姜維 213本 97期
リリィ 36個 36期 松江通 123個 116期 アホウドリ 202本 97期
リリィ 35個 95期 松江通 110個 110期 アホウドリ 200本 99期

防御率 勝利 セーブ
じゅんきダー 1.09 105期 じゅんきダー 22勝 105期 野茂 37S 99期
じゅんきダー 1.31 116期 細田羅夢 21勝 99期 野茂 35S 104期
細田羅夢 1.50 100期 野球浪人@ 18勝 101期 くろいつかむ4 35S 109期
奪三振 敗戦 投球回
セイバー 164個 102期 野球浪人@ 16敗 97期 じゅんきダー 222.1回 105期
じゅんき 163個 91期 ネオ一郎 15敗 94期 蛇魂王Ⅲ 216.1回 114期
野球浪人@ 160個 103期 くろいつかむ3 15敗 96期 215.1回 111期
※防御率は先発投手のみ

過去のページ
第73回オリックス
第75回オリックス
第76回オリックス
第77回オリックス
第78回オリックス
第80回オリックス
第81回オリックス
第82回オリックス
第83回オリックス
第84回オリックス
第85回オリックス
第86回オリックス
第87回オリックスチーム防御率2位で4位に食い込みました
第88回オリックス打線が沈みっぱなしでダントツの最下位;;
第89回オリックスさらに打線が壊滅。投手陣の踏ん張り虚しく
第90回オリックス彪流の四番定着だけが救いのシーズン。50勝にすら届かず
第91回オリックス借金42から4へ。打線にようやく復調の気配
第92回オリックス7期ぶりのAクラス。攻撃力upでチーム打率1位に
第93回オリックスアルク引退。細田が18勝挙げエースに。2期連続Aクラス
第94回オリックスアルクの引退で得点力激減。3期ぶりのBクラスに。貯金4から借金28
第95回オリックス投打の歯車がっちり。11期ぶりの2位
第96回オリックス投壊に次ぐ投壊で6期ぶりの最下位に沈む
第97回オリックス(未編集)彪流姜維が三冠王。が、他の打者がさっぱりだった
第98回オリックス全打者打率2割7分以上と野手が奮闘。貯金21で2位に
第99回オリックス数十期ぶりのリーグ優勝。エース細田21勝
第100回オリックス終盤ロッテの猛反撃で2位に転落。90期代のエース・細田が引退
第101回オリックス孤立の4位で4期ぶりのBクラスに。先発二枚が抜けた穴を埋めきれず
第102回オリックス3期ぶりの優勝。クリーンナップで325打点。犬の生活がノーノー達成
第103回オリックスここ最近では最多の貯金40も2位。彪流姜維が52本塁打
第104回オリックス中盤の14連勝が決め手となり独走優勝。うみうみ・アルザード・井出達也らが台頭
第105回オリックスチームとしては最高期。貯金61。じゅんきダー22勝。主力4選手が引退
第106回オリックス主力がゾロゾロ抜けチーム力はガタ落ち。貯金は15まで減り3位に
第107回オリックス最後に7連勝を記録し奇跡の逆転V。打撃三部門では3位までオリックス勢がしめた
第108回オリックスソフトバンクを振り切り連覇達成。クリーンナップ3人が3割25本100打点以上
第109回オリックスV3。10勝投手6人。この期をもってロッテ・ソフトバンクが低迷期突入で長期間続いたパ3強崩壊
第110回オリックス楽・日しのぎV4、久々日本一。うみうみ引退(野手陣引退期/前期雅狼引退、前々期下松引退)
第111回オリックス投手陣の活躍でV5。2期連続日本一。6人中5人が防御率2点台or15勝以上
第112回オリックス力をつけてきた日本ハムに最後まで追いつけず連覇ストップ。アホウドリが引退
第113回オリックス衰えが見え始めた先発陣の影響で2位ながらも勝率ダウン。アルザードが最後に一花
第114回オリックス(未保存)前半苦しんだが、後半11連勝で首位ロッテと3.5差まで追い詰めた
第115回オリックス投打に渡っての主力の不振が響いた。子安武人引退
第116回オリックス開幕12連勝もその後はほぼ5割の成績に。90期代最後の生き残りじゅんきダー引退



シーズン別チーム記録

年度 勝敗表 勝率 打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策 野MVP 投MVP
116期 78勝61敗 .561③ .281② 3.28③ 4.0② 157① 61⑤ 29④ 彪流姜維II じゅんきダー
115期 70勝65敗 .518③ .262⑤ 3.48③ 4.0③ 141④ 74⑤ 23① 彪流姜維II くろいつかむ4
114期 80勝56敗 .588② .279② 2.91② 4.3② 159② 52⑤ 36⑤ 松江通 じゅんきダー
113期 76勝57敗 .571② .276③ 3.27③ 4.4② 167① 74⑤ 23② 子安武人 蛇魂王Ⅲ
112期 84勝51敗 .622② .272③ 2.67① 4.4② 163② 80⑥ 26② 彪流姜維II じゅんきダー
111期 96勝42敗 .695① .279② 2.60① 4.4① 165② 99⑤ 29③ アホウドリ 井出卓也
110期 86勝52敗 .623① .282① 3.06① 4.7① 187① 104⑤ 28② アホウドリ 井出卓也
109期 86勝50敗 .632① .286① 3.60④ 5.0① 174① 102⑥ 21③ アホウドリ 蛇魂王Ⅲ
108期 85勝52敗 .625① .291① 3.40② 5.4① 199① 103⑥ 17② アホウドリ じゅんきダー
107期 86勝51敗 .627① .283① 3.24③ 4.7① 192① 86④ 16② 下松久則
106期 75勝60敗 .555③ .274③ 3.48④ 4.2② 170① 104③ 19① アホウドリ じゅんきダー
105期 97勝36敗 .729① .294① 2.67① 5.3① 192① 138③ 20③ 彪流姜維 じゅんきダー
104期 93勝47敗 .664① .296① 3.17② 4.8① 160① 154③ 21② 彪流姜維 井出卓也
103期 89勝49敗 .644② .279③ 3.12③ 4.7① 176① 118④ 11① 彪流姜維 じゅんきダー
102期 82勝55敗 .598① .290② 3.42② 4.8① 174② 117③ 23③ 彪流姜維 ユウタ
101期 72勝66敗 .521④ .269③ 3.52④ 4.0③ 160③ 134③ 26④ 彪流姜維 野球浪人@
100期 82勝51敗 .616② .272③ 2.81① 4.2① 150② 110⑤ 23③ 彪流姜維 細田羅夢
99回 88勝50敗 .637① .290① 3.10② 4.6① 168② 122④ 22② 彪流姜維 細田羅夢
98回 78勝57敗 .577② .295② 3.64③ 4.2④ 146④ 117② 38④ 彪流姜維 セイバー
97回 65勝71敗 .477④ .275⑤ 3.64③ 3.9⑤ 148⑤ 116③ 33③ 彪流姜維 ネオ一郎
96回 57勝81敗 .413⑥ .269③ 4.27⑥ 3.4⑥ 128⑥ 118② 33④ 彪流姜維 細田羅夢
95回 73勝63敗 .536② .275③ 3.45② 3.7④ 127⑥ 118③ 36④
94回 55勝83敗 .398④ .267④ 3.80④ 3.2④ 108⑥ 124③ 32④
93回 70勝66敗 .514③ .271④ 3.26② 3.5④ 137④ 153① 40⑤
92回 71勝65敗 .522③ .278① 3.42④ 4.0② 147① 123① 53①
91回 65勝69敗 .485④ .268⑤ 3.01② 3.5④ 123⑤ 129① 41④
90回 48勝90敗 .347⑥ .252⑥ 4.19⑥ 2.7⑥ 109⑥ 95④ 48⑥
89回 52勝86敗 .376⑥ .248⑥ 3.35② 2.5⑥ 91⑥ 85⑤ 44⑥
88回 50勝89敗 .359⑥ .259⑥ 4.04⑥ 2.9⑥ 117⑥ 99④ 31④
87回 62勝74敗 .455④ .266④ 3.19② 3.2⑤ 120⑤ 105③ 43⑤
86回 51勝86敗 .372⑥ .246⑥ 3.72④ 2.6⑥ 102⑥ 87⑥ 35②
85回 67勝66敗 .503③ .274③ 3.46③ 3.6③ 127⑥ 185① 50①
84回 72勝67敗 .517② .272(②) 3.44③ 4.1② 158③ 179① 47①
83回 73勝66敗 .525④ .289③ 3.62③ 4.3③ 133⑤ 199① 45②
82回 72勝63敗 .533③ .276④ 3.61② 4.1③ 137④ 181① 36③
81回 65勝72敗 .474④ .282① 3.87④ 4.2② 152③ 162① 33②
80回 66勝69敗 .488④ .271③ 3.68⑤ 3.7④ 131④ 153① 39⑤
79回 60勝77敗 .437⑤ .267④ 4.07⑤ 3.4⑤ 116⑤ 155① 44⑤
77回 58勝75敗 .436④ .272① 3.64⑤ 3.6③ 132② 168① 51⑥
76回 62勝70敗 .469④ .270 3.75 3.9 168 65 72
75回 54勝84敗 .391⑥ .261 4.18 3.0 124 68 77
74回 57勝78敗 .422⑥ .260 4.03 3.6 158 59 96

これまでの観客数 -

カウンター設置2006/8/20

本日の観客数 -

前日の観客数 -

ooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo
    lヽ+
    l::」 /⌒ヽ
    ∥,/ *゚_>゚)  低迷期とはおさらばだぜスキィ…
    ⊂ノ   /つ
     ( ヽノ
      ノ>ノ  ソローリ
     しU