パワパーク@Wiki 第116回西武

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西武ライオンズ


通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -

116期成績 60勝74敗6分  最高5連勝  勝率.447 (5位)

試 合 勝 率 勝 ち 負 け 分 け 連 勝
140 .447 60 74 6 5
打 率 防御率 得点率 本塁打 盗 塁 失 策
.268 3.86 3.6 133 107 38


参考   115期成績 55勝82敗3分  最高6連勝  勝率.401 (6位)

試 合 勝 率 勝 ち 負 け 分 け 連 勝
140 .401 55 82 3 6
打 率 防御率 得点率 本塁打 盗 塁 失 策
.263 4.33 3.5 136 95 40





打線評価

昨年と比べ,打率は小さな成長を遂げた。本塁打はほんの少しだけ下がったが,これは運の問題だろう。得点率は少しだけ上がった。試合を仕掛けて感じたことだが,バントなどの細かいプレーのミスがやや多い。正直言って現在はクリーンアップで決める野球だから,そのような細かいプレーの正確さを上げたいところだ。

投手評価

こちらは大きな成長を遂げた,というよりは昨年が悪すぎたと思ったほうが適切だろう。投手陣が本来の力を出せば,この位はいけると思う。先発・中継ぎの自覚がそれぞれに芽生えてきたようで,適材適所な役割分担ができてきたように感じられる。まだまだ成長が期待できる投手ばかりなので,来年はさらなる飛躍に期待したい。

守備・走塁評価

失策も減った上,盗塁は中々の上昇を遂げた。しかし試盗塁数が増えただけで,盗塁失敗がやや多い気がする。そこの改善が目標か。しかし,来年は俊足選手二人が名無し化してしまったので,盗塁減少は避けられない。
守備は小さな進歩を遂げた。名無し化したセンターに守備が上手い選手が入れば,さらに安定するに違いない。

総合評価

投手陣の躍進のおかげで,再開脱出に成功。ソフトバンクの背中も見えてきた。Aクラスへの壁は厚いが,何度も言うようにそれぞれが成長の意識をもって行こう。


116期シーズン終了時のチーム状況

野手人数 投手人数 合計 平均現役年数 平均年齢 平均年棒
7 9 16 6.5 26.1 7100
攻撃力 走力 守備力 先発力 中抑力 総合力

現役年数,年齢,年棒は一番低い。まだまだ若いチームだ。


116期の西武の目標

① 「成長の兆しすらないチームなんで来季もどんどん勝っていきたい。」なんて言わせないチームへ!

こんなことまで言われてしまっている現状を打開して,成長していこう!
勝手に引用してすいません,ロッテの方々。

②能力+α

野球で勝つにはそれぞれの能力が一番大事だのは当然だが,データも大事だ。対戦相手の打線,先発,中継ぎをちゃんと確認して,万全の形で勝負を挑みましょう。

野手目標

打撃力の強化が優先。パワー,ミート,走力を上げて行こう。

投手目標

基礎能力の強化が最優先。自分の役割をこなせる選手になろう。












コンテンツ

西武の選手能力ベスト・ワースト?


アンケート(西武)?


西武選手紹介

~野手紹介~

ポジ 打席 選手名(作成者) PW MT 走力 肩力 守力 特殊能力 コメント 今期の活躍について
もう嫌だ(ZETT) 186(C) 7( 12( 7(D) 8(D) 期待の一番打者。10年目に入り,ミート,走力と一番打者にふさわしい上,そこそこのパンチ力もある。左投手に弱いのを改善すればさらなる飛躍に期待できる。 打率が上がり,盗塁も増え,一番打者として十分合格点といえる成績を残してくれた。来年はさらなる活躍が予想できる。不動の一番打者。
今年度・昨年度の成績
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .290 181 15 48 89 0 31 4
昨年度

俊足(たかし) 170(D) 4(D) 12( 5(E) 7(D) 名前どおりの俊足だが,中々の打撃能力を持っている将来の一番候補。外野にしては肩が弱いが,チーム事情で外野の中心を守る。 残念ながら名無し化してしまった。将来が期待できただけあって残念だった。成績的には二番としては良い成績だった。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .261 153 12 42 112 20 19 12
昨年度

クラフトマン(ウインドバレー) 229( 7( 7(D) 10(C) 11(C) 鉄壁の二遊間の要にて,主軸を打つベテラン。チームリーダーといって過言では無い実力の持ち主。今期もこのチームを引っ張って行って欲しい。 もう成長は期待できない年齢なのだが,それでも毎年素晴らしい成績を残してくれる打撃陣の柱の一人。3,4番コンビは間違いなく12球団屈指だろう。三割,三十本,百打点に期待がかかる。守備の功績も見逃せない。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .305 171 26 78 71 1 7 0
昨年度

吉川健二(ゾンビタナカ) 247( 7( 7(D) 9(C) 9(C) 安心して四番を任せられる選手。ミート,パワーともにチーム一位(タイ)。キャッチャーとしてもそこそこの実力を持っていて,今後の成長にも期待をかけることが出来る選手。 球界屈指の四番で,打撃陣の柱の一人。昨年と比べるとさすがに成績は下降したが,それでも素晴らしい働きを見せくれた。来年ももちろん四番だ。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .323 170 29 92 72 0 0 2
昨年度

DH 桜井(桜井) 224(B) 6( 7(D) 7(D) 8(D) 五年目とは思えないポテンシャルを持つ恐怖の二番打者。このままの成長に期待。タイムリーエラーがなければ守備も任せられるけど,打撃専門でも良いかも知れない。 今年は五番を打った。打率はやや下がったが,本塁打はそこそこの上昇。クリーンアップとしてふさわしい成績を残した。この調子で長打力を伸ばして行って欲しい。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .268 142 21 78 94 3 7 0
昨年度

花泥棒(山口) 127(F) 4(D) 7(D) 12( 15( 打撃はお世辞にも上手いといえないが,守備はチームの要。チームの大ベテランでもある。 守備の功績はさすがだが,打撃がひどい。来期はバントを上手くする予定。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .219 113 3 22 101 33 11 0
昨年度

ガンバ大阪(武田) 175(D) 6( 6(E) 5(E) 5(E) ルーキーだが,抜群のミート力の持ち主。それ以外の能力は寂しいが,居直って打撃だけを伸ばして欲しい。 少し打率があがり,本塁打の数は急上昇。下位打線の要となった。まだまだ打率は上がるだろう,注目の若手。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .255 131 17 61 80 0 4 3
昨年度

欧米か!(タカ&トシ) 147(E) 5(C) 7(D) 7(D) 7(D) バランスの良い選手だけど,一芸に欠けるかと思う。どの能力かに絞るとチームの中心となりえる。あの突っ込みばりに印象にのこる選手になって欲しい。 全体的なレベルアップに成功した。成績もほとんどが昨年を越えることに成功。来年はさらに良い成績が残せるに違いない。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .245 135 7 39 77 0 7 8
昨年度

AMUSE(華奢) 130(E) 5(C) 11( 6(E) 7(D) 影の一番打者。さらなる成長にも期待ができる。送球も上手く,なんでもソツなくこなせる選手だ。上位打線につなげる活躍に期待。 名無し化してしまった。バランスの良い俊足巧打選手だったのでとても残念だった。盗塁数はチーム屈指だった。
年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
今年度(116期) .237 128 3 31 80 12 21 3
昨年度



~投手紹介

利き腕 起用法 選手名(作成者) 球速 変化球 スタミナ コントロール 特殊能力 コメント 今期について
10 赤生玉(Dream) 141km カットボール1 ナックル 244( 226( 投手陣を支えるベテラン。老獪なピッチングでチームに勝ちを呼び込む,名実共に西武のNO.1エース。そろそろタイトルに期待がかけられる。 相変わらず信頼できるエースで,今年は2点台まであと少しだった。やや成績は落としたが,投球回はさすが。来期は200回に挑んで欲しい。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 3.03 12 10 0 199 1/3 101 83 12
昨年度

11 神高龍(アンドロメダ) 148Km カーブ5 スライダー5 188(C) 216( 時期エース候補。能力的に高レベルになってきている。粘り強いピッチングで今期も支えて行く,右のエース。 昨年に比べると成績は落ちたが,まだ若いので挽回のチャンスはある。今期は力を十分に出し切れなかっただけだろう。来期は復活してくれるはず。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 4.42 6 16 0 159 0/3 85 84 26
昨年度

12 JAST(JAST) 144Km カーブ4 ナックル3 209( 204(C) 基礎能力が高めで,先発陣を支える。勝ち運はあるものの,左投手ながら左打者には相性が悪いのが玉に傷。 基礎能力に磨きがかかり,今年は四年目にしては中々の成績を残してくれた。経験をつんで,エースにもなれる選手にまで成長してくれた。もっと上を狙える選手だろう。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 4.43 10 13 0 158 1/3 70 82 24
昨年度

13 もっさん♪(ミック♪) 150 Km Hスライダー1 シュート2 173(D) 188(C) スタミナがCへと若干アップ。しかし一発病などの不安要素を持つ。まだまだ若き投手。 一発が不安だったが,今期もそれが気にならない成績を残してくれた。スタミナも上がり,2年目ながら十分に計算できる選手に成長。素晴らしい成績だった。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 3.45 8 9 0 156 2/3 91 86 21
昨年度

14 キャスター(葛木宗一郎) 148Km カットボール5 158(D) 175(D) スタミナは低いが,チーム事情で先発を担う。こちらも威圧感を持っていて,数年後に期待できる楽しみな素材。 二年目のジンクスに押しつぶされてしまった。やはり基礎能力の低さが原因だろう。長い目でみて,数年後は素晴らしい成績を残してくれるだろう。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 5.29 6 12 0 129 1/3 68 71 23
昨年度

15 麗(haruki) 156 Km SFF 242( 155(D) 中継ぎエース。球速はチーム1で,球界屈指な上,魔球SFFの落差も凄い。まだまだ若く,将来はどうなるか楽しみだ。 シーズン序盤は不安定だったが,中盤から本来の実力を取り戻して,結局チームの柱としてフル回転。中継ぎながら,投球回も多い。来期も多くの期待がかけられる。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 2.55 9 4 2 183 2/3 126 65 15
昨年度

16 TATSU(TATSU) 152 Km フォーク5 183(C) 127(F) 球速はチーム2位な上,落差のあるフォークが武器だが,基礎能力に欠ける。安定感はあるので,チームの中継ぎの柱となりえる。 やや成長して,防御率ももうすぐで三点台だ。もう少し投球回が増えれば投手陣の負担を減らすことが出来るだろう。まだまだ若き選手。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 4.03 5 3 2 109 1/3 56 45 17
昨年度

17 細倉(はいこう) 147Km フォーク1 スクリュー3 219( 145(E) 事実上の新人王といっても過言ではない成績を収めた。左打者には弱いものの,十分な成績を残す。成長すれば抑えも任せられるだろう。 今期はそこそこの成績を残してくれたが,まだまだ上を目指せるポテンシャルを持っている。来期はさらに上の成績を目指して欲しい。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 4.55 4 3 2 120 2/3 53 60 15
昨年度

18 ダンテ(ブレイズ) 146Km スライダー5 スクリュー3 211( 158(D) 守護神を担う選手。しかし一発が多く,やや不安が当面残る。コントロールが良いので,粘り強いピッチングでチームを助ける。 前期と比べてやや成績は落ちた。やはり4敗という数字は大きい。さらなる安定感を身につけて,守護神復活に期待。
年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
今年度(116期) 4.06 0 4 29 37 2/3 21 19 3
昨年度










更新した人は下の投稿フォームを使ってどこをどう編集したかを言ってください。
   投稿フォーム?