パワパーク@Wiki 第116回日本ハム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北海道日本ハムファイターズ


通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -






昨シーズン(第115回)日本ハム結果

1位
81勝56敗3分 勝率.591 首位チームとの差…0ゲーム差

昨シーズン前半戦の流れ

75試合消化時点で40勝33敗2分となっている。
投手陣は2点台の防御率と好調だが、打線がいま一つ繋がってこない。
ジャスタウェイ選手の引退で守備位置が大きく変わった影響か、失策が増えているところも気になる点である。
野手で好調なのは豪力を取得した水漾sky選手。打撃に今季から外野に回った影響は無いようで、3割を大きく超える打率に30本越えのペースのホームランをうっている。
投手では抑えの延江大輔選手。0点台の防御率を維持している。

後半戦に向けて

順位を上げるにはとにかく打線のつながりが必要。
打点を稼いでいる水漾sky選手とX5D選手の前にランナーを貯めたい。
下位打線のカギは2年目の悪夢選手か。打率は低いものの、10本の本塁打を打っている。

昨シーズンを終えて

後半戦の追い上げが実り、見事逆転優勝を果たした。
前期負け越したロッテに16勝12敗と勝ち越し。
オリックス、ソフトバンクにやや苦戦したが、全チームに勝ち越して完全優勝を果たした。
他球団がソフトバンクに勝ち越せていない中で、唯一日本ハムが勝ち越したのが今期の勝因だろう。


野手&投手ランキングTOP10入り選手(115回)
ほわいとらぶ選手 盗塁数30(6位)
松隈利通選手   安打数180(4位)、盗塁数35(4位)
水漾sky選手    打率.328(2位)安打数185(3位) 、本塁打数32本(4位)、 打点104(3位)
X5D選手     打率.306(8位)、打点82(10位)
キュベレイ選手   防御率2.17(1位) 、勝利数13(6位)、奪三振数109(9位)
GunHerd選手    防御率2.24(2位) 、勝利数13(7位)、奪三振数123(4位)
親指選手     防御率2.49(7位)、勝利数13(8位)、 奪三振数134(3位)
延江大輔選手    セーブ数28(3位)


オールスター出場選手(115回)
一塁手:飛日丸選手(4回目)
右翼手:水漾sky選手(3回目)
先発投手:キュベレイ選手(3回目)
先発投手:GunHerd選手(2回目)
中継ぎ投手:延江大輔選手(7回目)
中継ぎ投手:奪三振選手(2回目)

ベストナイン(115回)
中継ぎ投手:奪三振選手(1回目)
一塁手:飛日丸選手(4回目)
二塁手:松隈利通選手(2回目)
外野手:ほわいとらぶ選手(3回目)
外野手:水漾sky選手(6回目)


打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
115回 .281 2.83 4.1 144 133 24
前年比 -.009 +0.08 -0.1 -8 +8 -3
116回 .272 2.91 4.0 132 141 21



今シーズン(第116回)日本ハム結果

2位
77勝60敗3分 勝率.562 首位チームとの差…14.5ゲーム差

今シーズン前半戦の流れ

80試合を終えて42勝35敗3分となっている。
相手エースをぶつけられて、苦戦した試合もあった。
各選手の好不調の波もある影響か、波に乗り切れていない。

後半戦に向けて

攻撃は下位打線の打率、打点のアップが望まれる。
上位が出塁して、中軸、下位打線で点を取る野球ができるかどうか。
投手は、抑えの延江大輔選手に繋げるまで、先発、中継ぎがどこまで持ち堪えられるかだろう。

今シーズンを終えて

116回はロッテが独走しての優勝だった。
日本ハムは終盤まで3位4位を行ったり来たりしていたが、なんとか2位へ浮上。
最後にオリックスが怒涛の追い上げを見せるが、なんとか引き分け分の勝率1厘差での2位となった。


野手&投手ランキングTOP10入り選手(116回)
X5D選手     打率.320(8位)、本塁打数24(10位)、 打点100(3位)
松隈利通選手   打率.313(10位)、 安打数194(1位)盗塁数42(3位)
水漾sky選手    本塁打数26(7位)、打点80(8位)
ほわいとらぶ選手  盗塁数35(5位)
キュベレイ選手    防御率2.07(3位)、勝ち数15(3位) 、勝率.681(6位)、奪三振数114(8位)
親指選手      防御率2.32(4位)、勝ち数13(8位)、勝率.619(9位)、奪三振数125(6位)
猪狩守選手     防御率2.72(8位)
延江大輔選手     セーブ数29(1位)

オールスター出場選手(116回)
右翼手:水漾sky選手(4回目)
先発投手:キュべレイ選手(4回目)
中継ぎ投手:パスクチ選手(2回目)

ベストナイン(116回)
外野手:X5D選手(2回目)



── チームスローガン ~全力、一丸で栄光へ~ ──


第116回日本ハム選手紹介 ☆~野手編~☆


1番 松隈利通 TAC 14年目・35歳 E A B C A #ref error : ファイルが見つかりません (averageh.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)
俊足巧打の選手。守備力も高い。
今期から1番打者に座り、昨季の宣言通り3割40盗塁を達成した。
走力に衰えが見え始めたが、アベレージヒッターの習得で更なる成長を見せる。

2番 ほわいとらぶ Mid 16年目・37歳 F C B C A #ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (hidarito5.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (touki.gif)
遊撃手もこなせる俊足好守の選手。
今期はミートがCまで落ちてきたので打順を松隈利通選手と交換で2番に入った。
威圧感を習得しなんとか打率3割を維持したが、そろそろ下位で守備に専念したい。

3番 X5D コーゾー 7年目・28歳 B B D D D #ref error : ファイルが見つかりません (touruibatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (gyakkyo.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (katameuchi.gif)
打撃型の中堅選手。
今期ついにクリーナップに名前を並べ、打率.320とチームトップの成績を残した。
また打点は3桁に達し、リーグ3位の素晴らしい成績となった。

4番 水漾sky Au 14年目・31歳 B C D C C #ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (chance_maker.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (gouriki.gif)
豪力の特殊能力を持つ打撃型選手。長い間捕手で活躍してきたが、現在は外野を守る。
好不調の波の無い安定した打撃で日本ハムの4番を背負う。
高卒選手の宿命で衰えが早くに始まってしまっているが、その安定した打撃はまだまだ4番を明け渡すには早い。

5番 メガテン メガテン 4年目・25歳 C C E C C #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)
113回開始前に入団の若手選手。
足が遅い事を除けば特殊能力を含めて非常に高い能力を示す。
今期から5番に昇格。打率はやや物足りないが、X5D選手・水漾sky選手に続くチーム3位の打点をあげた。

6番 飛日丸 may 15年目・36歳 D B D D B #ref error : ファイルが見つかりません (hidaritobatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (powerh.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)
打撃技術に定評のある選手。
筋力は無いが、技術で本塁打を打てる。
今期序盤は3番を打っていたが、不振のため6番に下がった。
来期は再度のクリーンアップ入りを目指す。

7番 korea sin 2年目・23歳 E B E E D #ref error : ファイルが見つかりません (touruibatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)
114期終了後のオフに入団の若手選手。ミートはいいが、守備などは悪いのでそこを改善すれば良い選手になる。
2年目の今期は1年目とほぼ横ばいの成績となった。
打撃型の選手となるか、守備型の選手となるか、将来性に満ちた選手。

8番 洽衆T 名無し 15年目・32歳 E D C B A #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (soukyu.gif)
107回開始前にトラヴィス選手とのトレードによって巨人から移籍してきた選手。守備系能力全般が高い数値を示し、日ハム野手陣の守備の要となっている。
今期も守備の要だけでなく通算200盗塁を達成するなどの活躍を見せたが、残念ながら今期限りでの退団が決まってしまった。

9番 悪夢 lcen 3年目・24歳 B C D D D #ref error : ファイルが見つかりません (timelyerror.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (gyakkyo.gif)
113期入団の若手選手。守備に不安があるが、打撃面は優れており将来のクリーンアップ候補。
守備力は将来的に外野手としても活躍できる素質があるが、集中力を切らしてミスをする癖がある。そこが改善されれば即コンバートできるのだが。
今期は昨季から更に打率が下がってしまい、得意の長打力も13本塁打にとどまった。



第116回日本ハム選手紹介 ☆~投手編~☆


GunHerd ALKIN 15年目・36歳 C A 143㎞ Hスライダー7 チェンジアップ7 Hシンカー7 #ref error : ファイルが見つかりません (quickbatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)
高いスタミナを持つ先発型左腕。
今期は不調で15敗を数えるなど、満足な結果を残すことができなかった。
来期は白星と黒星の数が逆転するような活躍を見せたい。

親指 後藤さ~ん 16年目・37歳 C B 150㎞ SFF7 #ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)
日本ハム先発陣最速の150kmの速球と鋭いスプリットフィンガーを武器に奪三振を奪う選手。
今期も125の三振を奪うなど健在。防御率も2点台前半と好成績を残した。

猪狩守 頑張パワフルズ 10年目・27歳 A B 148㎞ Sスライダー7 カットボール4 フォーク3 #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)
制球・スタミナ共に高い次期エース候補の投手。
今期は2点台の防御率に11勝と、昨季の汚名返上の活躍をした。
基本能力は日本ハム先発陣でも上位。特殊能力が増えれば15勝が狙える。

キュべレイ サザビー 18年目・35歳 D B 145km スローカーブ6 カットボール5 ナックル5 #ref error : ファイルが見つかりません (pinchimaru.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)
スローカーブ、カットボール、ナックルを駆使する投手。
今期もリーグ3位の防御率や15勝をあげるなど、エース格として活躍した。
来期には通算200勝が期待される。

奪三振 とむ 11年目・32歳 A C 144㎞ カーブ7 スライダー3 パーム6 スクリュー7 #ref error : ファイルが見つかりません (quickbatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)
多彩な変化球を駆使する技巧派投手。
今期は久しぶりの先発陣入りとなったが、7勝8敗で惜しくも負け越しとなってしまった。

パスクチ パスクチ 6年目・27歳 C B 149㎞ カーブ7 フォーク7 #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)
先発も可能なスタミナを持つ111回の新人王。
今期は中継ぎでなんと130イニングを超える投球回数を投げた。
防御率も2点台前半と安定しており、もしかすると防御率TOP5に入っていたかもしれない。

ジオ のぐち 8年目・29歳 A E 153㎞ Hスライダー7 シュート7 #ref error : ファイルが見つかりません (quickmaru.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)
高い制球力と剛速球が武器のリリーフ型投手。クイックモーションも上手い。
116回は昨季の不調から一転、防御率2点台を維持し、中継ぎで二桁勝利を達成している。

たかこ なかむら 1年目・22歳 B F 151㎞ スライダー2、ナックル2、スクリュー2 #ref error : ファイルが見つかりません (hidaridabatsu.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif)
115回終了後のオフに入団のリリーフ型投手。
151kmの剛速球に三種類の変化球・高い制球など、非常に高い能力を持つ。
116回の成績も2点台の防御率など好成績で、投手新人王最有力候補である。

延江大輔 かつひこ 15年目・36歳 A D 150㎞ パーム7 Hシンカー7 #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (goukyu.gif)
抑えとしてチームを支えるベテラン左腕。
今期は上位得能の剛球を取得し望んだシーズンだったが、防御率3点台と安定しない投球が続いた。
しかし悪いながらも29セーブをあげ、西武のダンテ投手とともに最優秀救援投手を受賞している。



第116回日本ハム選手紹介 まとめ

攻撃力 走 力 守備力 先発力 中抑力 総合力
B C A S B A
平均現役年数 平均年齢 平均年俸
10.5 30.6 15100万


☆★☆野手評価☆★☆

確かに下位打線の打率の低さは気になる所ではあるが、上位打線には3割打者が続くなど、上位打線で点を取る方向で考えてもいい。
打順変更を含めて考えて行きたい所だ。
走力面に関して、今期は昨季に比べてチーム盗塁数が増えているとはいえ、確かに以前と比べると走れる選手が減ってきている。
ここで以前の日本ハムのように無走型に転換していっても良いが、守備力に問題が無い程度には足を鍛えていかないと厳しい。¥

☆★☆投手評価☆★☆

今期もチーム防御率2点台を維持できた。
先発陣には一芸に秀でた選手が多く、確かに先発S判定を受けるだけのメンバーがそろっている。
中継ぎ陣は若手が多く特殊能力が少ないが、取得に至ればすぐにでも抑え投手・先発投手に回れる選手がそろっている。
抑えの延江大輔選手は今期も最優秀救援投手を受賞。しかし今期限りでの移籍が予定されており、次の抑え投手を決めておきたい。

☆★☆総合評価☆★☆

今期はロッテに独走を許す形のシーズンとなってしまった。
日本ハムはベテラン選手の退団が続き、戦力的には下り坂の時期だが、なんとかひとつでも勝ち星を多く挙げて若手選手の年俸を上げ、次の日本ハム黄金時代に備えたい。
個人成績に目を移すと7年目のX5D選手が成ったシーズンだったといえるだろう。
3割を大きく超える打率を残し、100打点を達成するなど、次世代の主砲として期待がかかる。
投手では理想的なリリーフ型投手・たかこ選手の入団があった。
速球・高い制球・ナックルなどの三種類の変化球で、理想的な抑え候補選手と言えるだろう。



他5球団との対戦成績(第116回)

球団 昨期対戦成績 今期対戦成績
西武 17勝10敗1分 15勝12敗1分
ソフトバンク 15勝12敗1分 16勝11敗1分
楽天 18勝10敗0分 19勝9敗0分
ロッテ 16勝12敗0分 11勝16敗1分
オリックス 15勝12敗1分 16勝12敗0分



来期への課題

日本ハム守備陣の要、洽衆T選手の退団が決定している。
ショートのポジションにはほわいとらぶ選手が入ると予想されるが、外野の守備力に不安が出てくる。
肩と足に優れた選手が現れることを期待したい。
投手陣では先発陣の高齢化が進んでいる。
パスクチ選手はすぐにでも先発陣入りは可能だが、それに続く選手がいないのも事実。
次の新入団選手には先発型の選手を希望したい。




編集者:サザビー
最終更新日: 2007年02月11日 16時56分24秒